新日吉神宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新日吉神宮
Imahie-jingu haiden.jpg
拝殿
所在地 京都府京都市東山区妙法院前側町451-1
主祭神 日吉山王七神
後白河天皇
社格 府社
創建 1160年永暦元年)
本殿の様式 流造
例祭 10月16日
テンプレートを表示

新日吉神宮(いまひえじんぐう)は、京都府京都市東山区にある神社。旧社格府社。現在は神社本庁に属さない単立神社となっている。旧称は新日吉社、明治以降は新日吉神社

祭神[編集]

歴史[編集]

社伝によれば、1160年永暦元年)後白河上皇の命により、院の御所(法住寺殿)の鎮守社として、現在より南に創建されたと伝えられる。その後、社地を転々とし、現在の社地となったのは、豊国廟が再興された1897年(明治30年)になってからである。1958年昭和33年)、後白河天皇を増祀し、翌1959年(昭和34年)に神社名を現在の新日吉神宮と改めた。

境内社[編集]

所在地[編集]

  • 京都府京都市東山区妙法院前側町451-1

関連項目[編集]

外部リンク[編集]