山口香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
日本の旗 日本
女子 柔道
オリンピック
1988 ソウル 52kg級
世界柔道選手権
1980 ニューヨーク 52kg級
1982 パリ 52kg級
1984 ウィーン 52kg級
1986 マーストリヒト 52kg級
1987 エッセン 52kg級
アジア柔道選手権
1981 ジャカルタ 52kg級
1985 クウェート 52kg級

山口 香(やまぐち かおり、1964年12月28日 - )は、東京都豊島区生まれの元女子柔道選手、柔道指導者。現在は筑波大学大学院准教授、全日本柔道連盟女子強化委員。元筑波大学柔道部女子監督。段位は六段。得意技は小内刈

人物[編集]

欧州と米国の女子柔道の方がレベルが高く、日本人女性柔道家はメダルに届くことが少なかった1980年代、第3回世界選手権で日本人女性柔道家として史上初の金メダルを獲得。

ソウルオリンピックでも銅メダル獲得など、日本女子柔道が世界のトップに通用することを証明した伝説の女子柔道家として「姿三四郎」と称賛された。

2011年にはJOCの理事に選出された[1]

また、女子柔道強化選手による暴力告発問題では告発した選手のサポート役を引き受けていたが、2013年3月20日付けで新たに全柔連強化委員にも加わることになった[2]

さらに、4月1日には瀬古利彦の後任として東京都教育委員会の教育委員に就任した[3]

6月21日には日本バレーボール協会の理事にも登用されることになった[4]

8月21日には全柔連の監事に登用された[5]

略歴・戦歴[編集]

雑誌連載[編集]

『現代柔道に活!』(武道雑誌『月刊秘伝』) - 柔道の諸問題を鋭い論で斬る同誌の看板連載。

その他[編集]

  • 劇場版『YAWARA!』(1989年東宝)にカメオ出演
  • 1992年阪急ドラマシリーズ関西テレビ放送)として『めざせ!金メダル 山口香物語』という伝記ドラマが放送された(少女時代編=4-6月とオリンピックを目指した「新」編=7-9月がある)。
  • 山口は現役時代、52kg級の選手であったが、ある大会の時には体重調整に失敗して52kg級から外されそうになり、計量の際に少しでも体重を軽くしようと、 パンツまで脱いで全裸で体重計に乗ったというエピソードを、自らの講演でたびたび語っている[要出典]。ちなみにその時は、ぎりぎりで52kg級に合格できたという。
  • 2009年から2年間にわたりブログ「山口香の柔道を考える」を執筆。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]