橋本優貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
日本の旗 日本
女子 柔道
世界柔道選手権大会
2013 リオデジャネイロ 52kg級
世界団体
2012 サルヴァドール 52kg級
2013 リオデジャネイロ 52kg級
2014 チェリャビンスク 52kg級
グランドスラム
2014 東京 52kg級
2013 東京 52kg級
2012 東京 52kg級
2013 パリ 52kg級
2011 東京 52kg級
ユニバーシアード
2011 深圳 52kg級

橋本 優貴(はしもと ゆき、1989年5月9日 - )は、兵庫県神戸市出身の、日本人女子柔道選手である。階級は52kg級。身長161cm。血液型はO型。組み手は右組み。段位は参段。得意技は大内刈寝技[1]。現在はコマツに所属[2]

経歴[編集]

6歳の時に兵庫少年こだま会で柔道を始めた[1]。小学校5年からは後に進学することになる兵庫商業高校(通称・ヒョーショー)で練習を積むことになった[3]星和台中学3年の時には全国中学校柔道大会52kg級で5位になった。

兵庫商業高校に進学すると、2年と3年の時にはインターハイ52kg級で5位となった。 金沢学院大学経営情報学部に進学後[4]、1年の時に全日本ジュニアで2位となった。2年の時には講道館杯で3位となると、3年の時には桐蔭学園高校1年の山本杏に敗れるも2位となった。その後に出場したワールドカップ・スウォンで国際大会初優勝を飾った。

2011年に入ると、1月のワールドカップ・ソフィアマイリンダ・ケルメンディ内股で一本勝ちして優勝を果たした。4月の選抜体重別では決勝で中村美里崩上四方固で一本負けを喫したが2位となった。8月のユニバーシアードでは個人戦は3位だったものの、団体戦では優勝した。10月のグランプリ・アムステルダムでは2位となった。11月の講道館杯では決勝で加賀谷千保内股すかしで一本負けして、2年連続2位に終わった。続くグランドスラム・東京グランプリ・青島でも3位にとどまった。

2012年2月にはワールドカップ・ブダペストで優勝を飾った [5]。 続いてグランプリ・デュッセルドルフに出場して、準決勝ではキューバのヤネト・ベルモイ横四方固、決勝ではロシアのナタリア・クジュティナ大外刈で破り、今大会オール一本勝ちで優勝を成し遂げた[6]。5月の体重別では準決勝で中村に有効で敗れた。9月のワールドカップ・ウランバートルでは優勝した[7]。10月の世界団体では日本チームを優勝に導く活躍を果たした[8]。11月の講道館杯では準決勝までオール一本勝ちするものの、決勝では環太平洋大学黒木美晴と対戦して、袖釣込腰で技ありを取られるとその後は指導2まで取り返したものの追いつけずに敗れ、今大会3年連続で2位に終わることとなった。12月のグランドスラム・東京では、準決勝で昨年優勝したコマツ宮川拓美を横四方固で破ると、決勝でも環太平洋大学谷本和小内刈の技ありで破って、今大会初優勝を飾った[9]

2013年2月のヨーロッパオープン・ソフィアでは、オール一本勝ちして今大会2年ぶり2度目の優勝を飾った[10]。続くグランドスラム・パリでは決勝でケルメンディに指導3で勝ち、今大会初優勝を飾った[11]。5月の体重別では今まで一度も勝てなかった了徳寺学園西田優香を横四方固で破ったのを始めオール一本勝ちで初優勝を飾って、世界選手権代表に選出された[12]。2013年5月まで団体戦も含めれば国際大会で9大会連続優勝を成し遂げた。

8月の世界選手権では準々決勝までの3試合を得意の寝技で一本勝ちするが、準決勝でケルメンディに指導2で敗れて3位にとどまった。一方、団体戦では優勝を飾った[13]。なお、現在「世界一の寝業師」とも言われている(しかし2011年の体重別決勝では中村美里に抑え込まれている)[14]。11月のグランドスラム・東京では決勝で世界2位であるブラジルのエリカ・ミランダを開始早々の大内刈りで破って優勝を飾った[15][16]

2014年1月にはECCO柔道チームチャレンジ2014 ヨーロッパ対アジアにアジアチームの一員として出場した。ルーマニアのアンドレア・キトゥとの対戦となったが、中盤に小外掛で有効を取られて敗れた[17]。2月のグランプリ・デュッセルドルフでは決勝でクジュティナに指導1で敗れて2位にとどまった。4月の選抜体重別では準決勝で西田に小内刈で敗れたものの、世界選手権代表に選ばれた[18]。8月の世界選手権では7位に終わった。世界団体では3位になった[19]。12月のグランドスラム・東京では、準決勝で中村を絞め落とすと、決勝でも西田を指導1で破って今大会3連覇を飾った[20]

IJF世界ランキングは1540ポイント獲得で、5位(14/12/3現在)。

戦績[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「柔道全日本強化選手名鑑 2013」近代柔道 ベースボールマガジン社、2013年4月号
  2. ^ KOMATSU : 部員紹介
  3. ^ 「解体新書 橋本優貴」近代柔道 ベースボールマガジン社、2013年3月号、28-31頁
  4. ^ 柔道部 橋本優貴
  5. ^ 橋本、山本が優勝=柔道女子W杯 時事通信 2012年2月12日
  6. ^ 女子52キロ橋本すべて一本勝ちV 日刊スポーツ 2012年2月19日
  7. ^ 52キロ橋本、63キロ安松が優勝/柔道 時事通信 2012年9月9日
  8. ^ 日本女子が優勝=世界団体柔道 時事通信 2012年10月28日
  9. ^ 浅見、森下らが優勝!GS東京大会、日本勢が全5階級制覇 スポーツニッポン 2012年11月30日
  10. ^ 【柔道】パワハラ騒動なんの!女子3階級V スポーツ報知 2013年2月4日
  11. ^ 橋本が女子52キロ級で優勝 柔道パリ大会 日本経済新聞 2013年2月10日
  12. ^ 52キロ級の橋本、寝技のオール一本勝ちで初優勝 MSN産経ニュース 2013年5月11日
  13. ^ 【世界柔道】日本、女子52キロ級4連覇ならず 初出場・橋本は涙の銅 MSN産経ニュース 2013年8月28日
  14. ^ 「リオデジャネイロ世界選手権 2013」近代柔道 ベースボールマガジン社、2013年10月号、10頁
  15. ^ 日本勢、全階級で優勝…柔道グランドスラム初日 読売新聞 2013年11月29日
  16. ^ 橋本、投げ技で新境地=柔道グランドスラム東京 時事通信 2013年11月29日
  17. ^ ECCO Team Challenge, Tyumen 2014
  18. ^ 高藤、海老沼、大野を選出=世界選手権代表-全柔連 時事通信 2014年4月6日
  19. ^ 男子が団体金、女子は銅 柔道世界選手権 日本経済新聞 2014年8月31日
  20. ^ 17歳阿部が初優勝=近藤は浅見破り連覇-柔道GS東京 時事通信 2014年12月5日

外部リンク[編集]