安芸乃州賢二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

安芸乃州 賢二(あきのしゅう けんじ、1969年1月17日 - )は、広島県広島市出身の元大相撲力士井筒部屋所属。身長179cm、体重119kg。最高位は西前頭9枚目(1998年1月場所)。本名は今田 賢二(いまだ けんじ)。十両昇進まで10年近く同部屋の寺尾の付け人を務めた。

来歴[編集]

入門前[編集]

広島商業高校では野球部に所属していたが半年で退部し、兄の入門を勧誘しにきた井筒部屋へ、志願して入門した。

幕下時代[編集]

1984年9月場所に初土俵を踏んだ。出世に差がつき、幕内上位まで上がりながら安芸ノ州が下位で長く相撲を取っていた頃には廃業していたが同期生には後の、元幕内・南海龍がいる。三段目までは順調に番付を上けて行ったが、軽量のため幕下中位で長く相撲を取っていた。伸び悩んだため何度か引退も考えたが、付け人を務めていた兄弟子・寺尾の励ましにより現役を続行。そんな時期に、同期入門者の急死という訃報が機となり奮起。1996年3月場所から5場所連続して勝ち越し、1997年1月場所に十両に昇進した。

十両〜幕内時代、引退まで[編集]

十両の土俵でも勝ち越しを続け、同年9月場所には悲願の新入幕を果たした。最終的には勝ち越しを11場所まで伸ばし、回転の速い突っ張りで一気に押し出す相撲を見せた。しかし押し相撲のため、好調と不調がはっきりしており、1998年11月場所を最後に十両に陥落。幕内復帰を目指して健闘していたが、2000年4月の前橋巡業中に心筋梗塞に倒れ、それ以降休場し治療に務めた。日常生活に差し障わりがないほどに体調は回復したが、三段目下位まで番付を落としたこともあり、同年11月場所後に現役を引退した。2002年9月場所千秋楽には寺尾の最後の相撲の際に、志願して付け人を務めた(その様子がNHK大相撲中継で映し出された)。断髪式引退相撲(興行)ではなく、後援者や親族、親しい知人やファンを集めて国技館で行われた。直前に実父が逝去するという悲劇も重なった。

引退後[編集]

実家が焼肉店であったこともあり東京都墨田区錦糸で和食焼肉店「和牛専科 安芸の膳」を経営。店内で接客するなど、実際に切り盛りしている。店内に現役時代の化粧廻しを飾り、ちゃんこ鍋メニューを揃えるといった「元力士の店らしさ」と、ジャズが流れる落ち着いた雰囲気(高田川親方、元安芸乃島の提案を取り入れた)やカップル席の設置など「気配りの届いた飲食店」とを両立させ、好角家や元ファンだけでなく、安芸乃州を知らない一般客にも評判。2006年9月8日には日本テレビのリアルタイムの「リアル特集」で肥後克広がリポーターを務め紹介されるなど、テレビや雑誌などメディアでとりあげられることも多い。寺尾や藤島親方など安芸乃州と同時期に活躍した元力士・親方、井筒部屋関係者だけでなく、元朝青龍阿覧など、安芸乃州と直接のつながりはなかった外国人力士なども、常連客として訪れている。

生涯成績[編集]

  • 通算成績:409勝390敗58休(99場所) 勝率.512
  • 幕内成績:44勝61敗(7場所) 勝率.419
  • 十両優勝:1回(1998年7月場所)

場所別成績[編集]

安芸乃州 賢二
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1984年
(昭和59年)
x x x x (前相撲) 東 序ノ口 #47
3–4
 
1985年
(昭和60年)
西 序ノ口 #26
5–2
 
東 序二段 #121
1–6
 
東 序二段 #149
4–3
 
東 序二段 #120
3–4
 
東 序二段 #141
4–3
 
東 序二段 #112
4–3
 
1986年
(昭和61年)
東 序二段 #90
4–3
 
東 序二段 #58
3–4
 
東 序二段 #79
7–0
 
東 三段目 #71
0–7
 
東 序二段 #17
4–3
 
西 三段目 #88
3–4
 
1987年
(昭和62年)
西 序二段 #3
4–3
 
東 三段目 #77
3–4
 
西 三段目 #91
4–3
 
西 三段目 #72
2–5
 
東 序二段 #2
6–1
 
西 三段目 #49
4–3
 
1988年
(昭和63年)
西 三段目 #35
3–4
 
東 三段目 #51
1–6
 
西 三段目 #87
5–2
 
西 三段目 #54
4–3
 
西 三段目 #36
2–5
 
西 三段目 #59
3–4
 
1989年
(平成元年)
西 三段目 #78
4–3
 
西 三段目 #57
3–4
 
東 三段目 #77
4–3
 
西 三段目 #57
5–2
 
東 三段目 #25
2–5
 
西 三段目 #54
3–4
 
1990年
(平成2年)
東 三段目 #75
6–1
 
西 三段目 #24
6–1
 
西 幕下 #47
5–2
 
東 幕下 #33
1–6
 
東 三段目 #2
4–3
 
西 幕下 #47
3–4
 
1991年
(平成3年)
東 三段目 #1
5–2
 
東 幕下 #42
0–7
 
東 三段目 #18
4–3
 
西 三段目 #4
5–2
 
西 幕下 #43
3–4
 
西 幕下 #50
4–3
 
1992年
(平成4年)
西 幕下 #40
4–3
 
東 幕下 #30
4–3
 
東 幕下 #22
3–4
 
西 幕下 #28
1–6
 
西 幕下 #55
4–3
 
西 幕下 #42
3–4
 
1993年
(平成5年)
西 幕下 #53
5–2
 
東 幕下 #32
3–4
 
東 幕下 #43
3–4
 
東 幕下 #53
5–2
 
東 幕下 #38
4–3
 
西 幕下 #27
5–2
 
1994年
(平成6年)
東 幕下 #15
5–2
 
西 幕下 #8
2–5
 
西 幕下 #22
4–3
 
東 幕下 #17
4–3
 
西 幕下 #12
1–6
 
西 幕下 #37
5–2
 
1995年
(平成7年)
東 幕下 #24
4–3
 
西 幕下 #17
3–4
 
西 幕下 #25
4–3
 
東 幕下 #21
6–1
 
西 幕下 #7
3–4
 
西 幕下 #10
2–5
 
1996年
(平成8年)
西 幕下 #23
3–4
 
東 幕下 #36
5–2
 
東 幕下 #23
4–3
 
東 幕下 #16
5–2
 
西 幕下 #8
6–1
 
東 幕下 #2
4–3
 
1997年
(平成9年)
東 十両 #13
8–7
 
東 十両 #11
9–6
 
西 十両 #6
10–5
 
東 十両 #2
9–6
 
東 前頭 #15
8–7
 
東 前頭 #13
9–6
 
1998年
(平成10年)
西 前頭 #9
5–10
 
東 前頭 #15
8–7
 
東 前頭 #12
2–13
 
東 十両 #6
優勝
12–3
西 前頭 #15
8–7
 
東 前頭 #14
4–11
 
1999年
(平成11年)
東 十両 #5
7–8
 
東 十両 #7
休場
0–0–15
東 十両 #7
8–7
 
東 十両 #5
5–10
 
西 十両 #9
10–5
 
東 十両 #3
5–10
 
2000年
(平成12年)
西 十両 #6
10–5
 
東 十両 #2
5–10
 
西 十両 #6
休場
0–0–15
西 幕下 #8
休場
0–0–7
東 幕下 #48
休場
0–0–7
東 三段目 #28
休場
0–0–7
2001年
(平成13年)
西 三段目 #88
引退
0–0–7
x x x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 十両・幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 今田 賢二(いまだ けんじ)1984年9月場所~1991年9月場所
  • 安芸ノ竜 賢二(あきのりゅう けんじ)1991年11月場所~1993年9月場所
  • 安芸ノ州 法光(あきのしゅう のりみつ)1993年11月場所~1998年11月場所
  • 安芸乃州 賢二(あきのしゅう けんじ)1999年1月場所~2001年1月場所

関連項目[編集]

外部リンク[編集]