奈良武次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
奈良武次

奈良 武次(なら たけじ、1868年4月28日慶応4年4月6日) - 1962年昭和37年)12月21日)は、日本陸軍軍人陸軍大将正二位勲一等功三級男爵

経歴[編集]

栃木県の農民である奈良彦一郎の二男として下野国都賀郡上南摩村(現鹿沼市)に生れる。進文学舎、陸軍有斐学校を経て、1889年(明治22年)7月、陸軍士官学校(旧11期)を卒業、砲兵少尉任官、近衛野砲兵連隊付となる。1893年(明治26年)11月、陸軍砲工学校高等科を優等で卒業。日清戦争では、臨時徒歩砲兵第2大隊副官として出征した。要塞砲兵監副官を経て、1899年(明治32年)12月、陸軍大学校(13期)を卒業した。参謀本部出仕(第3部)、陸軍省軍務局課員、由良要塞砲兵連隊大隊長、ドイツ駐在などを歴任。

日露戦争では、第3軍攻城砲兵司令部員として出征し、独立重砲兵旅団司令部員となった。軍務局課員(軍事課)、ドイツ駐在、軍務局砲兵課長、陸軍省副官などを経て、1914年(大正3年)8月、陸軍少将に進級し、支那駐屯軍司令官、青島守備軍参謀長、軍務局長を歴任。1918年(大正7年)7月、陸軍中将となり、第一次世界大戦講和会議に陸軍委員として派遣された。さらに、東宮武官侍従武官、東宮武官長、侍従武官長を歴任。1924年(大正13年)8月、陸軍大将となり、1933年(昭和8年)4月、男爵の爵位を叙爵し華族となり後備役に編入、1939年(昭和14年)3月に退役した。

大日本武徳会会長、枢密顧問官、軍人援護会会長も歴任し、1946年(昭和21年)8月、公職追放となった。 1962年、94歳で死去。

親族[編集]

著作[編集]

  • 『侍従武官長奈良武次日記・回顧録』全4巻、柏書房、2000年。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。