太田敏夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
太田 敏夫
おおた としお
Toshio Ota.jpg
生誕

1919年3月20日
長崎県西彼杵郡瀬川村

(現在の長崎県西海市
死没 1942年10月21日(満23歳没)
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1935-1942
最終階級 海軍飛行兵曹長(飛曹長)
テンプレートを表示

太田 敏夫(おおた としお、1919年3月20日 - 1942年10月21日)は太平洋戦争期の日本海軍戦闘機搭乗員。総撃墜数は34機。

経歴[編集]

1919年大正8年)長崎県の農家に生まれる。1935年昭和10年)佐世保海兵団に入団。戦艦金剛勤務を経て、1939年(昭和14年)1月、操縦練習生課程修了(46期)。1941年(昭和16年)6月一二空付となり中国へ配属されるが、既に中国大陸での戦闘は終息しつつあり、実戦を経験することはなかった[1]

1941年(昭和16年)10月に台湾台南基地に新設された台南海軍航空隊(以下、台南空)に配属。12月8日開戦初日、台南空のベストメンバーを組んだフィリピンクラーク空軍基地攻撃では、第三中隊(浅井正雄大尉)の第二小隊(宮崎儀太郎飛曹長)二番機として出撃。1942年1月29日、進出していたタラカン島を出撃した太田は、ボルネオ島バリクパパン泊地停泊中の船団護上空護衛任務で、これを爆撃にきた、米陸軍第19爆撃飛行隊のボーイングB-17フライングフォートレスを攻撃した際、負傷。しばらく地上療養後、3月3日には、笹井中尉指揮6機による中部ジャワチラチャップ攻撃(バリ島デンパサール基地より発進)で、坂井小隊(坂井一飛曹、太田二飛曹、遠藤三飛曹)二番機として出撃し、実戦に復帰。[2]

1942年(昭和17年)4月16日、台南空は最前線となるニューブリテン島ラバウルに進出。太田は、翌日にはラバウルの前進基地、ニューギニア島東部のラエへ。4月18日、第二中隊第二小隊長としてポートモレスビー攻撃に出撃した太田は、ポートモレスビー飛行場上空で、小隊3機(太田二飛曹、和泉二飛曹、宮二飛曹)を率いて、豪空軍第75航空隊のカーチスP-40キティホーク9機編隊を奇襲。この戦闘で太田はP-40、1機(R.J.グランビル飛曹機)を撃墜。4月29日には、ラエ基地を爆撃してきた、米陸軍第19爆撃飛行隊のB-17フライングフォートレスを単機で1時間以上追撃し、これを撃墜。太田への信頼感が、ますます高まっていくなかで、海兵出身者最高のエースとなった笹井醇一中尉の二番機を任されることも多くなっていく。

同年8月7日、米軍ガダルカナル島上陸の報を受け、急遽、上陸支援の米機動部隊の攻撃に向かうこととなった四空一式陸上攻撃機27機援護の台南空零戦18機(うち1機は引き込み脚の故障で、離陸直後に引き返したので、戦闘参加は17機)の第三中隊長(笹井中尉)の二番機としてラバウルより出撃。空母エンタープライズより発艦した米海軍グラマンF4Fワイルドキャットを、サンタイサベル島南端上空で、笹井中尉と協同撃墜(ゴードン・ファイヤボー中尉機、ウィリアム・ウォーデン准尉機)。

8月7日以降、台南空は、ラバウル、ガダルカナル間の往復2千キロ以上、零戦の狭い操縦席で往復7-8時間の過酷な飛行を伴う戦闘を余儀なくされ、一方で米海兵隊戦闘機隊が8月20日にガダルカナル飛行場に進出。同島上空の制空権を確保され、戦況は大きく変化するが、その後も太田は奮闘を続ける。川口支隊のガダルカナル飛行場占領が成功していれば、そのまま着陸の任務も負っていた9月13日の強行偵察においては、飛行場上空を高度400メートルの低空で進入したところを、F4F、28機の奇襲を受けるという劣勢のなか猛反撃。太田は地上の海兵隊員の眼前で、米海軍V-5航空隊スモーキー・ストーバー中尉機を激しく追撃。奇襲から零戦2機(羽藤一志三飛曹機、高塚寅一飛曹長機)を撃墜後、高度2千メートル付近に広がっていた積雲に退避をはかろうとしていたストーバー中尉機を大破、撃墜寸前に追い込む。また10月15日のガダルカナル揚陸船団哨戒(三直、第二小隊長)においては、米海兵隊VMF-121航空隊のF4Fワイルドキャット2機(ポール・ラトレッジ中尉機、アレクサンダー・トムソン准尉機)を撃墜。

最後の出撃となった10月21日、ガダルカナル飛行場爆撃の三沢空の陸攻12機援護の零戦13機、指揮官の大野竹好中尉の2番機として、午前5時40分、ラバウル飛行場を離陸。先行した第一小隊3機(大野中尉、太田一飛曹、斎藤一飛兵)は、迎撃に上がっていた米海兵隊第212航空隊のF4F17機と、9時15分、ガダルカナル島6千メートル上空で反航戦へ。果敢に突入した太田機は、既に7機の日本海軍機を撃墜していた海兵隊エースのテックス・ハミルトン准尉を、急上昇しつつの激しい左急旋回から一撃で撃墜。しかしその間、二番機ハミルトン機の護衛に入っていた一番機フランク・デュルーリー中尉が、2機緊密連携による対零戦防御戦術サッチウィーブで、(太田の瞬時の一撃には間に合わぬも)太田機の後上方にまわりこみ、一連射。デュルーリー中尉(6機撃墜のエース)の回顧によると、機銃が命中した瞬間、太田機は大きな煙を発し、白煙の立ち込める風防内で太田の飛行帽が後方に吹き飛ぶのがはっきりと見えたという。一方、ハミルトン准尉は、太田機の射撃を受け、機から脱出したが、落下傘降下中に既にぐったりとしており、ガダルカナル島ジャングルに着地も、そのまま戦死。そしてこれを追うかのごとく、太田機は黒煙を引きながら、下方のガダルカナル島に墜ちていったという。太田の奮闘で、陸攻9機は、爆撃成功後、全機ラバウルに帰投。太田機のみが未帰還となった。

記録によると、ラバウル方面での主な出撃回数は61回、総撃墜機数34機。未帰還となった最後の出撃における撃墜、テックス・ハミルトン准尉機はこの数字に含まれていない。

人物・逸話[編集]

空戦技量が抜群だったことから、指揮官の2番機につくことが多かった。台南空では主に笹井醇一中尉率いる第2中隊に配属された。坂井三郎は、1942年(昭和17年)5月17日にポートモレスビーの敵基地上空で、坂井、太田、西澤で編隊宙返りをしたと言うが、そういった出撃はない。

太田について坂井は後年次のように述懐している。「(太田は)色白の好青年で、いつもにこにこしていて、どちらかというと、おとなしい男でしたが、実戦には強かった。(中略)暴れん坊の揃っていた戦闘機隊では、ちょっと珍しい貴公子的な存在でしたね。」[3]また、坂井は「皆さん、太田敏夫を高く評価してくださるみたいだけど、あれは、そうでもなかったよ」という[4]

厳しい海軍生活のなかで、弟の中学学費の仕送りを続ける、家族思い、親孝行の好青年であったと伝えられる。

脚注[編集]

  1. ^ ヘンリー・サカイダ、37頁
  2. ^ ヘンリー・サカイダ、37~38頁
  3. ^ 坂井三郎、144~146頁
  4. ^ 神立尚紀『祖父たちの零戦』p.333-p.334

参考文献[編集]

  • 『台南空飛行機隊編成調書』(防衛研究所図書館所蔵)
  • 坂井三郎『大空のサムライ・完結篇-撃墜王との対話』(光人社NF文庫、1975年)ISBN 4769823924
  • ヘンリー・サカイダ『日本海軍航空隊のエース1937‐1945』小林昇訳(大日本絵画、2000年)ISBN 4499227127
  • John B. Lundstrom 『The First Team and the Guadalcanal Campaign: Naval Fighter Combat from August to November 1942 』(Naval Institute Press、1993年) ISBN 1557505268