埋蔵金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

埋蔵金(まいぞうきん)とは、行方不明だとされる財宝のことである。なお、日本政府の財政に関する文脈において使われる埋蔵金に関しては、霞が関埋蔵金を参照のこと。

概要[編集]

銭貨や家財などの財宝は、所有者が回収を予定した秘匿目的で一時的な保管のため埋納されることがあるが、戦争などの混乱や盗難によって失われるなどして回収が不可能になり、いつの間にか行方不明となることがある。このように失われた財宝のうち、未だ破壊されずに存在しているもの、あるいはそのように考えられているものを埋蔵金という。

日本では、発掘調査や土木工事の現場において時折小判銅銭などがまとまって埋蔵金として発見されることがあり、戦後だけで約50件の発見報告例がある。貯蔵目的のほかに神への捧物や献物として銭貨の埋納が行われていたとも考えられている。また沈没した船舶の積荷にあったとされる財宝も、埋蔵金と同様の扱いをされることがある。

今も埋蔵金の行方を捜す者が絶えないほか、テレビ番組や映画・小説などの題材となっている。中には、科学的な根拠がなく伝説に過ぎないものも多い。

発見された主な埋蔵金[編集]

鹿島清兵衛の埋蔵金[編集]

1963年(昭和38年)に東京都中央区新川日清製油本社ビル改築工事現場で、地中から江戸時代天保小判1900枚と、天保二朱金約78000枚が発見された。当時の時価で6000万円といわれ、過去最大の埋蔵金発見例となった。江戸時代にこの地で酒問屋を営んでいた鹿島清兵衛が埋めたものであることが判明し、子孫に返還されている。

山梨県の埋蔵銭貨[編集]

甲斐国では戦国期に黒川金山湯之奥金山などの甲斐金山が稼業し、武田氏をはじめとする大名権力により掌握されていたと考えられている。武田領国内には領国通貨として甲州金が流通し、甲斐本国の勝沼氏館跡などからは金熔融物付着土器も出土しており、領国内で鋳造された金貨が流通していたと考えられている。山梨県内では金貨をはじめ土器に納められたさし銭など埋蔵銭貨の出土事例があり、これらは秘匿のため一時的に埋蔵されたもの、あるいは地鎮など儀礼的な意味で埋納されたものであると考えられている。

金貨の出土は武家居館に近接地点から出土する傾向にあり、笛吹市春日居町下岩下の下岩下出土甲州金や、甲州市勝沼町上岩崎出土の上岩崎出土大量一括埋蔵銭などの存在が知られる。下岩下出土甲州金は『甲斐国志』に拠る武田信虎誕生屋敷や武田家臣原田氏屋敷跡に近接する地点から大判3点が出土している[1]

上岩崎出土大量一括埋蔵銭は1971年(昭和46年)に山梨県勝沼町(現甲州市)上岩崎のぶどう園(勝沼氏館跡近く)で発見。一帯は鎌倉街道沿いに位置し戦国期の勝沼氏館跡をはじめとする戦国期の城館跡が数多く分布する地域で、出土地点付近は勝沼氏館跡を中心とする町割が形成されている。出土地点は中世の真言宗寺院金剛寺の旧地に比定されている福寺遺跡に含まれる。

出土した埋蔵銭貨は楕円形の蛭藻金2点と碁石金18点、さらに中国の渡来銅銭約5千点あまり。蛭藻金には表面に槌目が施され、碁石金は4匁前後の一両貨幣で、やや変形しているものの表面には光沢が残され、背面には灰吹法によるものと考えられている気泡状小孔が見られる。これらの金貨は戦国期の甲州金であるとされており、15世紀後半代の埋納であると考えられている。渡来銭は一部が散逸している。出土銭貨は個人所蔵であったが、2011年(平成23年)に甲州金・埋蔵銭貨2953点が山梨県立博物館に収蔵された。

また、金貨以外では北杜市長坂町の小和田館跡から出土した古瀬戸灰釉四耳壺に収められたさし銭の出土事例などが知られる。

発見されていない主な埋蔵金[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 下岩下出土甲州金をはじめとする山梨県出土の埋蔵銭貨に関しては『山梨県史』資料編中世4考古資料』、『埋められた財宝 大型装飾土器、銅鐸、そして埋蔵金』(山梨県立考古博物館、2008年)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]