損益計算書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
会計
主要概念
会計士 · 簿記
現金主義 · 発生主義
安定購買力会計
売上原価 · 借方 / 貸方
複式簿記 · 時価会計
後入先出法 · 先入先出法
GAAP / US-GAAP
国際財務報告基準
総勘定元帳 · 取得原価主義
費用収益対応の原則
収益認識 · 試算表
会計の分野
原価 · 財務 · 法定
基金 · 管理 ·
財務諸表
貸借対照表
損益計算書
キャッシュ・フロー計算書
持分変動計算書
包括利益計算書
注記 · MD&A
監査
監査報告 · 会計監査
GAAS / ISA · 内部監査
SOX法 / 日本版SOX法
会計資格
ACCA · CA · CGA
CIMA · CMA · CPA · Bcom
テンプレートを表示

損益計算書(そんえきけいさんしょ)は、財務諸表の1つである。企業のある一定期間における収益と費用の状態を表すために、複式簿記と呼ばれる手法により貸借対照表などと同時に作成され、その企業の株主債権者などに経営成績に関する情報を提供する。

名称[編集]

日本語では「損益計算書」で一貫しており、P/L と略称されることがある。

英語では一般的に "Income Statement" や "Statement of Income"、"Profit and Loss Statement" と呼ばれるが、書類の名称としてはそのほかにもいくつかある。 以下に示す単語の前、又は後に "Statement" や "Statement of" が付く。括弧内の数字は米国での2005年の会社数の例[1]

  • Income (255社)
  • Operations (254社)
  • Earnings (86社)
  • その他 (5社)[2]

英国や英連邦の企業では "Profit and Loss Statement" とする場合があるが、米国ではあまり無い。ただ、米国でも通称では日本同様に "P/L" と呼ぶことがある。

日本の損益計算書の構成[編集]

区分は、b:会社計算規則第119条に定められている。

損益計算書
項目 計算式 備考
売上高 A
売上原価 B
売上総利益
(または売上総損失)
C C=A-B
販売費及び一般管理費 D
営業利益
(または営業損失)
E E=C-D
営業外収益 F 受取利息配当金、その他の営業外収益
営業外費用 G 支払利息、その他の営業外費用
経常利益
(または経常損失)
H H=E+F-G
特別利益 I 固定資産売却益、等
特別損失 J 災害損失、等
税引前当期純利益
(または税引前当期純損失)
K K=H+I-J
法人税等 L
法人税等調整額 M
当期純利益
(または当期純損失)
N N=K-L+M

米国の損益計算書の構成[編集]

ARB43の「Comparative Financial Statements」規則S-X210.5-03で開示項目が示されている。

  • 総売上高と総収入(Net sales and gross revenue)
    • 有形製品の純売上高(総売上高から割引、返品、値引きを引いたもの)
    • 公益事業等からの収入
    • レンタル収入
    • サービス収入
    • その他の収入
  • 売上原価と収入に対する費用(Costs and expenses applicable to sales and revenue)
    • 有形製品の売上原価
    • 公益事業等の費用
    • レンタル収入対応費用
    • サービス費用
    • その他の収入に対応した費用を個別に示す

上記の各項目が総売上高と総収入や売上原価と収入に対する費用の10%未満であれば1つのグループとして表示が許される。

  • その他の損益(Miscellaneous other income and Miscellaeous income deduction)
  • 持分法損益(Equity in earnings of 50% or less owned persons)[2]

米国の損益計算書の例[編集]

                      ABC Corporation
                      INCOME STATEMENT
              For the year ended DECEMBER 31 2007

                                               $         $
Revenues
GROSS PROFIT (including rental income)                 496,397
                                                      --------
Expenses: 
  ADVERTISING                                6,300
  INSURANCE                                    750
  LEGAL & PROFESSIONAL SERVICES              1,575
  RENT                                      13,000
  UTILITIES                                    491
  PRINTING, POSTAGE & STATIONERY               320
  ENTERTAINMENT                              5,550
  LICENSES                                     632
  BANK & CREDIT CARD FEES                      144
  BOOKKEEPING                                3,350
  EMPLOYEES                                 88,000
  RENTAL MORTGAGES AND FEES                 74,400
                                                       -------- 
      TOTAL EXPENSES                                   (194,512)
                                                       -------- 
 
NET INCOME                                              301,885
                                                       ========


出典[編集]

  1. ^ 2006年のAICPA発行の「Accounting Trends & Techniques」より
  2. ^ a b デロイト・トウシュ・トーマツ編 『米国財務会計基準の実務 第4版』 中央経済社 2008年3月20日第4版第1刷発行 ISBN 9784502281501

関連項目[編集]