北米サッカーリーグ (2011-)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
北米サッカーリーグ / NASL
加盟国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カナダの旗 カナダ
大陸連盟 北中米カリブ海サッカー連盟
創立 2011年
参加クラブ 10
リーグレベル 第2部
上位リーグ メジャーリーグサッカー
直接昇・降格無し
下位リーグ USL Pro(アメリカ3部)
カナダ1部リーグ(MLS3部相当、カナダ1部)
直接昇・降格無し
2011年にUSLUSSF2部プロから分離・独立して再編成。
同リーグはUSSF2部プロ時代のNASLディビジョン所属クラブで構成

北米サッカーリーグ(英語:North American Soccer Football League、略称:NASL)は北アメリカのプロサッカーにおけるMLSに次ぐ事実上の第2部リーグとして2011年から開始されたリーグである。

設立の経緯[編集]

  • アメリカにおいて、サッカーの2部リーグはこれまでユナイテッドサッカーリーグ(USL)が存在していたが、2009年のシーズン終了後、リーグ戦のスポンサーであったナイキが同リーグ運営法人の株式を売却し、またリーグの運営方針が合わないなどとして、一部のチームがUSLから脱退し、北米サッカーリーグ(NASL、過去の同名全国1部リーグとは別)を設立することを宣言した。
  • しかし、アメリカ合衆国サッカー連盟(USSF)がNASLに加盟したチームに対して、同連盟の承認が得られなければ正式なリーグ戦とはみなさないとして意見が対立したが、その後暫定的に2部リーグを統合するように仲介を行い、2010年度は暫定的にUSSF2部プロフェッショナルリーグとして運営を行った。その後2011年に再整理が行われ、NASLが2部、USLプロフェッショナルリーグが3部と位置づけられた。
  • なお、現時点でMLSやUSLプロなどとの直接的な成績面での自動入れ替え・あるいは入れ替え戦の実施予定はない。

試合方式[編集]

2011年-2012年[編集]

  • 8チーム4回総当り(ホーム・アンド・アウェー2回ずつ)の28試合で予選リーグを開催。
  • その後上位6チームが決勝トーナメントに進出する。
    • 1回戦は3-6位の4チームが参加し、(A)3位対6位、(B)4位対5位の対戦で、3位・4位チームの本拠地による1試合決着(同点の場合、即時延長戦PK戦)を行う
    • 2回戦からレギュラーシーズン1位・2位のチームがシード出場し、準決勝では1位チームがAと、2位チームがBとそれぞれホーム・アンド・アウェートーナメント(2試合合計得点で競う。2試合終了時の同点の場合、第2試合終了後延長→PK戦)を行う。その勝者が決勝戦を準決勝と同様の仕組みで対戦する。決勝戦には旧NASLに倣って「サッカーボウル」の名がつけられた。

2013年[編集]

  • 各2回総当りの春・秋2シーズン制(シーズン毎にホーム・アンド・アウェー1回ずつ)。ただしニューヨーク・コスモスは秋期シリーズから参加のため春期は7チームでの12試合、秋期は8チームでの14試合という変則的な構成となる。
  • 春秋のシーズン優勝チーム同士で1戦勝負の年間優勝決定戦「サッカーボウル」を行う。

2014年度の参加チーム[編集]

カッコ内ホームタウンのうち、特記のないものはアメリカ国内所在
☆は2010年度のUSSF2部リーグに参加したチームをさす

2015年度より参加予定のチーム[編集]

過去の参加チーム[編集]

歴代優勝クラブ・予選1位クラブ・シーズン優勝クラブ一覧[編集]

年度 年間優勝クラブ 予選リーグ1位クラブ
2011 ミネソタ カロライナ
2012 タンパベイ サンアントニオ
年度 年間優勝クラブ 春期優勝クラブ 秋期優勝クラブ
2013 ニューヨーク アトランタ ニューヨーク

外部リンク[編集]