アメリカ合衆国サッカー連盟2部プロフェッショナルリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USSF2部リーグ
加盟国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
大陸連盟 北中米カリブ海サッカー連盟
創立 2010年
参加クラブ 16
リーグレベル 第2部
上位リーグ メジャーリーグサッカー
直接昇・降格無し
下位リーグ USL2部(3部)
直接昇・降格無し
2011年正式に再整理され、USSF2部としては1年で廃止。

アメリカ合衆国サッカー連盟・2部プロフェッショナルリーグ(アメリカがっしゅうこく・サッカーれんめい・2ぶプロフェッショナルリーグ USSF2部プロリーグ)とはアメリカ合衆国メジャーリーグサッカー(MLS)の2部組織と位置づけて、2010年に誕生したセミプロサッカーリーグである。

概要[編集]

アメリカのサッカーでは1996年にMLSが誕生したあと、実質的な2部以下のセミプロ組織としてユナイテッドサッカーリーグ(USL)というのがあった。しかし、2009年のシーズン終了後、いくつかの参加クラブがUSLの方針に合わないとして、「北米サッカーリーグ」(NASL かつてのアメリカの1部カテゴリーである北米サッカーリーグとは異なる)を立ち上げるが、アメリカ合衆国サッカー連盟(USSF)の許諾がなければ正式なプロリーグとはみなさないとして、同協会との対立にまで発展。

その後歩み寄りを見せ、暫定的にUSSF、USL、NASLの両リーグ間で調整をし、2010年に2つのリーグを形式上再統合してこのリーグが誕生した。12チームが「USLカンファレンス」と「NASLカンファレンス」2組に分かれてリーグ戦を行った。

翌2011年からNASLを2部リーグ相当、USLの1部リーグ「USL Pro」を3部相当とし、各クラブがそれぞれのリーグに所属。USSF2部プロリーグは1年で解散された。

参加チームの一覧[編集]

USLカンファレンス[編集]

NASLカンファレンス[編集]

試合方式[編集]

予選リーグは年間30試合で、同じカンファレンスに属するクラブとは4回総当り(20試合)、異なるカンファレンスとは1回総当り(6試合)に加え、カンファレンスに関係なく本拠地の近い地域の4チームと更に1試合ずつ追加で対戦を行う。

勝ち点は勝ち3・引き分け1・負け0で、それぞれのカンファレンスの1位が自動的に決勝トーナメントに進出。2位以下のチームはカンファレンスに関係なく、全12チームの勝ち点上位8位までのチームが進出する。

決勝トーナメントは8チームがたすきがけの方式(通算成績1位対8位、2位対7位、3位対6位、4位対5位)でまず1回戦を行い、以後は勝ち抜き制である。試合は2試合(ホーム・アンド・アウェートーナメント)の合計得点で競い、2試合の得点の多いチームが次のステップに進む。ただし2試合を終了しての合計が同点の場合、第2試合終了後に延長戦PK戦を行う。

年度別カンファレンス予選・年間総合優勝一覧[編集]

年度 NASLカンファレンス USLカンファレンス 予選リーグ総合1位 年間総合優勝
2010 カロライナ ロチェスター ロチェスター プエルトリコ

出典[編集]

関連項目[編集]