刺激の貧困

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

刺激の貧困(しげきのひんこん、: poverty of the stimulus)は、言語学生成文法で唱えられる概念。名称は生成文法の首唱者ノーム・チョムスキー1980年に出した著書『Rules and representations』による。言語文法生得性があることを主張するための問題の提起である。

概要[編集]

  • 子供は周囲の人の言葉を聞いて言葉を覚えるが、
    • 日常的な会話は概して短く誤りを含む。情報量が少ない。
    • 子供はどのような言い方が正しいのかを知らず、明示もされない(大人は子供の言い間違いを指摘しない)。
  • 言葉を覚えるのが単なる模倣によるならば誤りも一緒に覚えるはずであるが、
    • 子供は実際には正しく話せている。
  • 生まれたときから言葉を覚えるのに何らかの仕組みがあるのではないか。

関連項目[編集]