具志堅幸司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
具志堅 幸司 Gymnastics (artistic) pictogram.svg
Koji Gushiken 2011.jpg
具志堅幸司(2011年)
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1956年11月20日(58歳)
生誕地 大阪府大阪市大正区
 
獲得メダル
男子 体操競技
オリンピック
1984 ロサンゼルス 男子 個人総合
1984 ロサンゼルス 男子 つり輪
1984 ロサンゼルス 男子 跳馬
1984 ロサンゼルス 男子 鉄棒
1984 ロサンゼルス 男子 団体総合
テンプレートを表示

具志堅 幸司(ぐしけん こうじ、1956年11月12日 - )は、ロサンゼルスオリンピック体操金メダリスト。

財団法人日本体操協会北京オリンピック男子強化本部長を歴任するなど、日本体操界の発展に尽力している。日本体育大学教授。神奈川県教育委員会委員長。

人物[編集]

エピソード[編集]

  • 現役時代、演技に入る前に精神を集中させるため「突破突破…」という言葉を唱えており、ロサンゼルス五輪の時には視聴者の関心を集めた。
  • 現役引退後、NHK杯体操の解説を行っていた際、当時具志堅幸司のあとを継いで日本チームのエースになった水島宏一がつり輪で力技が維持できず失敗した演技で、「水島君、こんなこと言ってごめんなさいね。パワーが不足しているんですよ」と直接語りかけるような解説で後輩に対して苦言を呈する場面があった。
  • 試合前、唱えていた言葉は、「ハルチ、ウムチ、ツヅチ」。母校・大阪清風高の担任教師桑原昭吉先生が授けてくれた。インタビューには「この言葉によって道が開けると信じているんです」と答えた。
  • 平行棒の技名「グシケン」に名を残す。

著書[編集]

  • 『突破!突破!限界への挑戦-努力する才能と信じる心』講談社、1985年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]