二荒芳徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
二荒芳徳(左)とシーラッハ(その右、1937年)

二荒 芳徳(ふたら よしのり、1886年10月26日 - 1967年4月21日)は、愛媛県生まれの政治家官僚伯爵日本体育専門学校(現日本体育大学)校長。のち日本体育大学名誉教授。

伊予宇和島藩伊達家9代目藩主伊達宗徳の九男、伊達九郎として生まれ、二荒芳之伯爵の養子となり改名。

歴任した役職は、静岡県理事官、宮内庁書記官、式部官、東宮御所御用掛、厚生省顧問など多数。

妻は北白川宮能久親王の娘、拡子。娘婿に歴史学者の井上光貞がいる。長男の二荒芳忠は東芝EMI勤務を経てハワイアン評論家となる。芳忠の妻はハワイアン歌手のエセル中田。

略歴[編集]

  • 東京帝国大学法科大学政治学科卒業。
  • 1921年、皇太子裕仁親王の欧州訪問に随行。
  • 1922年、少年団(ボーイスカウト)日本連盟の初代理事長に就任(総長は後藤新平、副理事長は三島通陽)。
  • 1925年、貴族院議員。
  • 1931年 世界スカウト機構の委員会メンバーに就任(~1938年)。
  • 1937年 ボーイスカウト世界大会出席のためオランダへ。帰途、ドイツ視察。[1]
  • 1938年、体操学校校長就任。
  • 1941年、大日本少年団連盟の副団長に就任。
  • 1946年、日本体育専門学校(旧体操学校)退職。
  • 1949年、ボーイスカウト日本連盟顧問、総コミッショナーに就任。

著作[編集]

  • 皇太子殿下御外遊記(澤田節蔵と共著、1924年、東京日日・大阪毎日新聞社)
  • 聖徳を仰ぎて(1928年、北星堂書店)
  • わが魂をかへりみて(1929年、武田交盛館)
  • 独逸は起ちあがった(1938年、実業之日本社)
  • 日本よい國 (1938年、大日本雄辯會講談社)
  • 少年団と青年団(1939年、日本青年館)
  • 思想非常時と現代教育の革新(1939年、東学社)
  • 敢然頂角を往く
  • 胸張れよ(有馬大五郎の作曲による合唱曲の歌詞)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 寄稿「独逸は起ちあがった」文部省推薦図書時報第8輯 1938年

外部リンク[編集]