五色塚古墳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
五色塚古墳
Goshikizuka-kofun 3.jpg
五色塚古墳(1985年
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
位置 北緯34度37分47.47秒
東経135度2分45.18秒
所在地 兵庫県神戸市垂水区五色山4丁目
形状 前方後円墳
規模 全長194m、高さ18m
築造年代 4世紀末~5世紀初頭
被葬者 地方豪族か?
出土品 円筒埴輪
史跡指定 大正10年(1921年)国指定
テンプレートを表示
前方部
後円部
後円部墳丘
夕暮れの後円部
五色塚古墳のステレオ空中写真(1979年) 国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

五色塚古墳(ごしきづかこふん)は、兵庫県神戸市垂水区にある、兵庫県下最大の前方後円墳。別名「千壺(せんつぼ)古墳」。築造年代は4世紀末から5世紀初頭と推定されている。国の史跡に指定されている。

概要[編集]

墳丘は前方部を南西に向けた三段構築の前方後円墳で、全長194メートル、高さは前方部で11.5メートル、後円部で18メートル、墳丘は葺石で覆われている。兵庫県で一番大きな古墳である[1]

「五色塚古墳」の呼称は、明石海峡を挟んで対岸の淡路島西南部の五色浜付近からを運んで葺かれたことに由来するという説もあったが、時間帯で変わる太陽の光によって葺かれた石が異なる色で反射することに由来するという説も出てきている。古墳は三段に築かれ、一番下の段の葺石は付近のものであるが、上二段の葺石は淡路島東側で産出するものである[1]

日本書紀』神功摂政元年春二月の条に「播磨に詣りて山陵を赤石(明石)に興つ。仍りて船を編みて淡路嶋にわたして、其の嶋の石を運びて造る」という記事があり、これが、五色塚古墳に関する伝承と云われている。瀬戸内海の海上交通の重要地点である明石海峡を望む高台に造られていることから、明石海峡とその周辺を支配した豪族の墓と考えられる[1]

(当時より空堀であったと考えられている)のなかには前方部と後円部が接するあたりの東側に1辺20メートル、高さ5メートルの方形、および後円部の東側にも高さ1.5メートルのマウンドがある。当時は石が葺かれていた。埴輪のほとんどは鰭付円筒埴輪で、4~6本に一本の割合で鰭付朝顔形埴輪が立てられおり、ほかに蓋形埴輪盾形埴輪が少数、出土している[1]。濠の中には島状の土壇が造られ、祭祀を行った場所であると考えられている[1]

また、すぐ隣には、直径60メートルの円形の「小壺(こつぼ)古墳」(国の史跡)があり、 五色塚古墳より少し古い時代に造られたと考えられている(こちらは葺石はされていない)。

復元整備[編集]

第二次大戦中は、古墳に生えている松を船材としたり、その根から油を採取しており、戦後は食糧難から開墾され荒廃していた[1]1965年(昭和40年)から1975年(昭和50年)の整備事業により、造られた当時の様子に復元されている。表面にはコブシくらいの大きさの石(葺石、ふきいし)が約223万個敷き詰められているが、前方部のものは発掘された葺石を利用し、後円部のものは新たに入れたものである。当初2,200個ほど並べられていたと思われる高さ1メートルほどの筒型の円筒埴輪が、後円部・前方部ともにレプリカを置いて再現されている。

所在地[編集]

兵庫県神戸市垂水区五色山4丁目

見学[編集]

  • 午前9時から午後5時まで、無料。
  • 定休日:月曜、年末年始。
  • 近くに、無料駐車場あり(入口から離れており、わかりづらい。)

交通アクセス[編集]

周辺情報[編集]

イベント[編集]

毎年4月にれんげ祭りが開催され多くの親子連れで賑わう。 会場は古墳の西側の広場で行われる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 神戸市教育委員会 『史跡 五色塚古墳 小壺古墳』(パンフレット) 2009年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]