中村 (練馬区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本 > 東京都 > 練馬区 > 中村 (練馬区)

中村(なかむら)は、東京都練馬区町名[1]住居表示実施済み区域。現行行政地名は中村一丁目から中村三丁目。2010年10月1日現在の人口は9,019人[2]郵便番号176-0024。

地理[編集]

練馬区の南部に位置し、北で中村北、北東で豊玉北、東で豊玉中、南東の道路上の一点で豊玉南、南で中村南、西で中野区上鷺宮と接する。また、西部を中杉通りが、東部を南蔵院通りが南北に縦貫している。主に住宅地として利用される。町域内に寺院・瑠璃光山医王寺南蔵院がある。

歴史[編集]

地名の由来[編集]

新編武蔵風土記稿』によれば、かつて上鷺宮村、下鷺宮村(いずれも現在の中野区上鷺宮・鷺宮を中心とする一帯)と共に多摩郡に属した「中鷺宮村」と呼ばれていたが、それが略されて「中村」となったというのが地元の説である。しかし、上鷺宮村、下鷺宮村と隣接はしていたものの、両者の中間に位置していたわけではないので、この説には批判が呈されている[3]

沿革[編集]

施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『角川日本地名大辞典 13 東京都』角川書店、1991年9月再版。P538、P979。
  2. ^ 世帯と人口 町丁目別:平成22(2010)年10月、2010-10-12閲覧。
  3. ^ 竹内誠編『東京の地名由来辞典』東京堂出版、2006年ISBN 4490106858

関連項目[編集]

※豊玉南とは道路上の一点で接する。