与那国馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
与那国馬

与那国馬(よなぐにうま)は、与那国島沖縄県八重山郡与那国町)で飼育されてきた日本在来種

体高はおよそ110-120cmと小型で、ポニーに分類される。毛色は鹿毛が中心である。古くから農耕、農作物や薪の運搬、乗用などに利用されていた。1969年3月25日に与那国町の天然記念物に指定されている。

概要[編集]

与那国馬の来歴は明らかではないが、日本最西端の離島である与那国島に生息するため、他品種との交配や品種改良が行われることがなく、その系統がよく保たれてきた。

与那国馬は、与那国島で古くから、農耕、農作物や薪の運搬、乗用などに活躍してきたが、農機具や自動車の普及などによりその役割を失い、1975年には59頭にまで減少した。

同年に与那国馬保存会が設立され、保存と増殖への取り組みが始められた結果、近年では飼育数は約100 - 120頭に回復している[1][2]

現在では、島内の北牧場および東牧場などで飼育されている。農耕馬としての需要はないため、主として観光用に利用される。人なつこい性格を活かして動物療法にも利用されている。

琉球王国の時代から太平洋戦争中まで、沖縄の伝統の馬乗り競技である琉球競馬に用いられていた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本在来馬の飼養状況(pdf、社団法人日本馬事協会)によれば2012年現在で保存地区内で130頭。
  2. ^ 与那国馬ふれあい広場によれば約60頭

外部リンク[編集]