ワシントンDCインターナショナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワシントンDCインターナショナル
Washington, D.C. International
競馬場 ローレルパーク競馬場
創設 1952年
距離 1マイル1/4(10ハロン
格付け G1(廃止時)
出走条件 サラブレッド3歳上
テンプレートを表示

ワシントンDCインターナショナルWashington, D.C. International)とは、1952年から1994年まで行われていたアメリカ合衆国競馬国際競走平地競走)である。

日本ではワシントンDC国際とも訳され、インビテーショナルレース(招待競走)であったことからワシントンDC国際招待などと表記される場合もあった。ステークスと表記されることがあるが、少なくとも創設時から1968年まではステークスではない[1]。以下は記事名の表記に統一して説明する。

概要[編集]

1952年、ジョン・D・シャピーロによって、アメリカ合衆国メリーランド州のローレル競馬場(現ローレルパーク競馬場)に設立された競走である。当時のアメリカ合衆国における唯一の国際招待競走であり、単に「インターナショナル」といえばこの競走を意味していた[† 1]。出走条件はサラブレッド3歳以上の12ハロン(約2414メートル)で行われ、アメリカ国内はもとよりヨーロッパ日本冷戦当時にはソビエト連邦からも強豪が集まった競走である。

世界から出走馬を招待する為、第1回が開催された1952年にはスターティングゲートの使用が一般化していたアメリカの競馬場でありながら、この競走のみ、ゲートを使用せずにスターターの振り下ろす旗によって発走していた。その後、1959年にバリヤー式発馬機よる発走に変更され、1962年になって、漸くスターティングゲートの使用に踏み切った。

創設された年にイギリス馬ウィルウィン英語版が勝利したこともあり、1954年にはエリザベス2世アリ・ハーン英語版ウィンストン・チャーチルギー・ド・ロートシルト男爵、ポール・メロンといった有名な馬主から競走馬が送り込まれるようになった[3]

1980年代にはニューヨーク州アケダクト競馬場ベルモントパーク競馬場で行われるターフクラシック(当時)[† 2]カナダオンタリオ州ウッドバイン競馬場で行われるロスマンズインターナショナルステークス(当時)と本競走の全てで優勝した競走馬には100万ドルのボーナスが支払われた。1983年オールアロングが全競走を制覇し、ボーナスを獲得している。

ヨーロッパとアメリカにおける秋の重要な競走となったが、1984年に後発の競馬の祭典ブリーダーズカップが創設されたことで相対的に衰微した。同年12月にローレル競馬場を買い取ったフランク・J・ドゥフランシスは、観客動員や売上が落ちる中、1987年から本競走がメインとなる「インターナショナルターフフェスティバル」を創設する[† 3]。翌1988年にはバドワイザーをスポンサーとし、競走名をバドワイザーインターナショナルに改称した[† 4][5]

1993年にはブリーダーズカップの前哨戦となるよう2週間前に行なうこととし、本競走はワシントンDCインターナショナルマイルとなり、その名のとおり施行距離もマイルに変わった[† 5]1994年には、競走名を創設時に、施行距離を10ハロンに戻される[7]。このころにはメリーランドの競馬関係者に時代遅れの遺物と見なされており[† 6]、翌年には中止が決定された[3]

歴史[編集]

  • 1952年 - 出走条件3歳以上の芝12ハロン(約2400メートル)で施行される国際招待競走として創設。
  • 1958年 - 1位入線のテューダーエラが2着に降着、セーラーズガイドが繰り上がり優勝。
  • 1959年1960年 - ボールドイーグルが連覇。
  • 1961年-1963年 - ケルソが3年連続で2着に入る。
  • 1964年 - ケルソが当時のアメリカ芝12ハロンレコードで優勝。
  • 1973年 - グレード制開始に伴い、G1競走となる。
  • 1986年 - 施行距離を芝10ハロン(約2012メートル)に短縮。
  • 1988年 - バドワイザー社がスポンサーになり、バドワイザーインターナショナルに改名。
  • 1993年 - 施行距離が芝8ハロン(約1608メートル)に短縮し、ワシントンDCインターナショナルマイルの名で実施。
  • 1994年 - 施行距離が芝10ハロンに戻され、ワシントンDCインターナショナルの名で実施。
  • 1995年 - 競走の中止が決定される。

歴代優勝馬[編集]

回数 施行日 調教国・優勝馬 性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師
第1回 1952年月日 イギリスの旗Wilwyn 牡4 2:30 4/5 M.Mercer J.Waugh
第2回 1953年月日 フランスの旗Worden 牡4 2:36 0/5 C.Smirke G.Bridgland
第3回 1954年月日 アメリカ合衆国の旗Fisherman 牡3 2:47 4/5 E.Arcaro S.Veitch
第4回 1955年月日 ベネズエラの旗El Chama 牡4 2:36 1/5 R.Bustamente J.Labelle
第5回 1956年月日 フランスの旗Master Boing 牡3 2:39 0/5 G.Chancelier G.Pelet
第6回 1957年月日 アメリカ合衆国の旗Mahan 牡6 2:34 3/5 S.Boulmetis H.Trotsek
第7回 1958年月日 オーストラリアの旗Sailor's Guide 牡6 2:33 1/5 H.Grant J.B.Bond
第8回 1959年11月11日 アメリカ合衆国の旗Bald Eagle 牡4 2:28 0/5 M.Ycaza W.Stephens
第9回 1960年11月11日 アメリカ合衆国の旗Bald Eagle 牡5 2:33 0/5 M.Ycaza W.Stephens
第10回 1961年11月11日 アメリカ合衆国の旗T.V.Lark 牡4 2:26 1/5 J.Longden P.Parker
第11回 1962年11月12日 フランスの旗Match 牡4 2:28 1/5 Y.Saint-Martin F.Mathet
第12回 1963年11月11日 アメリカ合衆国の旗Mongo 牡4 2:27 2/5 W.Chambers F.A.Bonsal
第13回 1964年11月11日 アメリカ合衆国の旗Kelso 騸7 2:23 4/5 I.Valenzuela C.Hanford
第14回 1965年11月11日 フランスの旗Diatome 牡3 2:28 2/5 J.Deforge G.Watson
第15回 1966年11月11日 フランスの旗Behistoun 牡3 2:28 4/5 J.Deforge J.Lieux
第16回 1967年11月11日 アメリカ合衆国の旗Fort Marcy 騸3 2:27 0/5 M.Ycaza E.Burch
第17回 1968年11月11日 アイルランドの旗Sir Ivor 牡3 2:28 4/5 L.Piggott V.O'Brien
第18回 1969年11月11日 イギリスの旗Karabas 牡4 2:27 0/5 L.Piggott B.van Cutsem
第19回 1970年11月11日 アメリカ合衆国の旗Fort Marcy 騸6 2:42 4/5 J.Velasquez E.Burch
第20回 1971年10月25日 アメリカ合衆国の旗Run the Gantlet 牡3 2:50 3/5 R.Woodhouse E.Burch
第21回 1972年11月11日 アメリカ合衆国の旗Droll Role 牡4 2:38 4/5 B.Baeza H.Luro
第22回 1973年11月10日 フランスの旗Dahlia 牝3 2:31 4/5 W.Pyers M.Zilber
第23回 1974年11月9日 フランスの旗Admetus 騸4 2:29 3/5 M.Philipperon J.Cunnington Jr.
第24回 1975年11月8日 フランスの旗Nobiliary 牝3 2:31 1/5 S.Hawley M.Zilber
第25回 1976年11月6日 フランスの旗Youth 牡3 2:46 1/5 S.Hawley M.Zilber
第26回 1977年11月5日 アメリカ合衆国の旗Johnny D. 騸3 2:42 1/5 S.Cauthen M.Kay
第27回 1978年11月4日 アメリカ合衆国の旗Mac Diarmida 牡3 2:27 0/5 J.Cruguet S.Schulhofer
第28回 1979年11月10日 アメリカ合衆国の旗Bowl Game 騸5 2:51 0/5 J.Velasquez J.Gaver Jr.
第29回 1980年11月8日 フランスの旗Argument 牡3 2:30 1/5 L.Piggott M.Zilber
第30回 1981年11月7日 アメリカ合衆国の旗Providential 牡4 2:31 1/5 A.Lequeux C.Whittingham
第31回 1982年11月6日 フランスの旗April Run 牝4 2:31 0/5 C.Asmussen F.Boutin
第32回 1983年11月12日 フランスの旗All Along 牝4 2:35 0/5 W.Swinburn P.Biancone
第33回 1984年10月20日 フランスの旗Seattle Song 牡3 2:27 1/5 C.Asmussen F.Boutin
第34回 1985年11月16日 アメリカ合衆国の旗Vanlandingham 牡4 2:35 3/5 D.MacBeth S.McGaughey
第35回 1986年11月15日 アメリカ合衆国の旗Lieutenant's Lark 牡4 2:09 0/5 R.Davis H.Tesher
第36回 1987年10月31日 フランスの旗Le Glorieux 牡3 2:02 4/5 L.Pincay Jr. R.Collet
第37回 1988年10月23日 アメリカ合衆国の旗Sunshine Forever 牡3 2:03 0/5 A.Cordero Jr. J.Veitch
第38回 1989年10月22日 アメリカ合衆国の旗Caltech 牡3 2:07 3/5 R.Douglas E.Aspurua Jr.
第39回 1990年10月21日 アメリカ合衆国の旗Fly Till Dawn 牡4 2:01 1/5 L.Pincay Jr. D.Vienna
第40回 1991年10月19日 フランスの旗Leariva 牝4 2:06 4/5 E.Prado D.Smaga
第41回 1992年10月17日 イギリスの旗Zoman 牡5 2:01 2/5 A.Munro P.Cole
第42回 1993年10月23日 アメリカ合衆国の旗Buckhar 牡5 1:38 0/5 J.Cruguet W.Freeman
第43回 1994年10月15日 アメリカ合衆国の旗Paradise Creek 牡5 1:59.63 P.Day B.Mott

日本調教馬の成績[編集]

日本からも8頭で延べ9回出走したものの、スピードシンボリの5着が最高(当時の5着賞金は5000ドル)であった。

回数 施行日 馬名 英語馬名 騎手 調教師 着順
第11回 1962年11月12日 タカマガハラ Takamagahara 野平好男 小西喜蔵 10着
第13回 1964年11月11日 リユウフオーレル Ryu Forel 宮本悳 橋本正晴 8着
第16回 1967年11月11日 スピードシンボリ Speed Symboli 野平祐二 野平省三 5着
第17回 1968年11月11日 タケシバオー Takeshiba O 保田隆芳 三井末太郎 8着
第18回 1969年11月11日 タケシバオー Takeshiba O 古山良司 三井末太郎 7着
第21回 1972年11月11日 メジロムサシ Mejiro Musashi 野平祐二 大久保末吉 7着
第24回 1975年11月8日 ツキサムホマレ Tsukisamu Homare 横山富雄 元石正雄 9着
第25回 1976年11月6日 フジノパーシア Fujino Parthia 大崎昭一 柴田寛 6着
第29回 1980年11月8日 ハシクランツ Hashi Kranz 柴田光陽 内藤繁春 8着

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ アメリカの国際競走としては、インターナショナルスペシャルが行なわれた後、本競走より前に1947年からエンパイアシティゴールドカップが創設されていたが、外国馬をうまく集められず短命に終わった[2]
  2. ^ 現在はベルモントパークでジョーハーシュ・ターフクラシック招待の名で行なわれているが、オールアロングが優勝した1983年まではアケダクトで行なわれていた。
  3. ^ 創設時は同地域の2歳重賞ローレルフューチュリティ英語版セリマステークス英語版を芝に変え同日に行なわれた[4]
  4. ^ ターフフェスティバルもオールアロングステークス英語版と芝6ハロンの短距離重賞ローレルダッシュを加え、5つの重賞を土日の2日間で行なうこととなる。
  5. ^ ターフに対しては、ローレルターフカップ英語版を施行することで対応した。なお、2つの2歳馬重賞については一週前に移動し、ターフフェスティバルは4競走に縮小している[6]
  6. ^ 本競走当日の観客動員や売上が、同じ競馬場で行なわれるメリーランドミリオン英語版を下回っている[7]

出典[編集]

参考文献[編集]

ウェブサイト
出版物