ケルソ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケルソ
英字表記 Kelso
品種 サラブレッド
性別 せん
毛色 黒鹿毛
生誕 1957年4月4日
死没 1983年10月16日
Your Host
Maid of Flight
母の父 Count Fleet
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 Bohemia Stable
馬主 Allaire du Pont
(Mrs. Richard du Pont)
調教師 Dr. John Lee
→Carl Hanford
競走成績
生涯成績 63戦39勝
獲得賞金 1,977,896ドル
テンプレートを表示

ケルソKelso1957年4月4日 - 1983年10月16日)はアメリカ合衆国生産・調教のサラブレッドで、ニューヨークハンデキャップ三冠や5年連続年度代表馬受賞などの記録を持つ。1967年アメリカ競馬殿堂入りを果たした。「キング・ケリー(King Kelly)」という愛称でも知られる。

経歴[編集]

出生[編集]

1957年4月4日繁殖牝馬・メイドオブフライトは種牡馬・アンビオリックスと交配するために滞在していたケンタッキー州・パリ近郊のクレイボーンファームで牡馬を出産した。牡馬にはメイドオブフライトの所有者であったデュポン夫人の友人であったケルソ・エブレットにちなんでケルソと名付けられた。

誕生後、ケルソにはメリーランド州のウッドストック牧場で育成が施された。ケルソの馬体は小さく(レース出走時に体重が440キロを超えたことはなかった)、痩せこけて貧相で、均整もとれていなかった。ウッドストック牧場のスタッフはデビュー前のケルソについて「1957年に生まれ馬の中で最も期待できない」と口を揃えたとされる。ある時デュポン夫人の知り合いの獣医師が成長を促すために去勢することを提案し、デュポン夫人はその案を受け入れた。こうしてケルソはデビュー時からせん馬としてレースに出走することになった。

競走馬時代[編集]

1959年9月4日、ケルソはアトランティックシティ競馬場の未勝利戦でデビューし、優勝した。その後2戦して2回2着になり、3戦1勝の成績でこの年のシーズンを終えた。

1960年、それまでケルソの管理調教師を務めていたジョン・リーが本業の獣医師に復帰したため、ケルソはカール・ハンフォードの厩舎に移籍した。ハンフォードはしばらくの間ケルソをレースに出走させず、馬体を詳細に調べた。その結果蹄が水準よりも薄いことを発見し、知り合いのマクナボーという名の装蹄師に作らせた特注の蹄鉄をケルソに装着することにした。ケルソは6月にこの年の初戦を迎え、2着馬に10馬身の着差をつけて優勝した。続くレースでも着馬に12馬身の着差をつけ、さらにアケダクト競馬場ダート1600mのコースを1.34.2という優秀なタイムで走破したことで陣営はケルソを重賞競走に出走させることを決定した。アーリントンクラシックステークスでは8着に敗れたものの続くチョイスステークスを勝つと、ジェロームハンデキャップ、ディスカバリーハンデキャップ、ローレンスリアライゼーションステークス[1]、ホーソンゴールドカップハンデキャップ、ジョッキークラブゴールドカップステークス[2]と6連勝を達成。この年のシーズンを9戦8勝重賞6勝で終え、クラシック優勝馬を抑えてエクリプス賞の年度代表馬に選出された。

1961年、年明けから連勝を重ねたケルソは、ワシントンパークハンデキャップで敗れるまでに11連勝を記録した。またこの年メトロポリタンハンデキャップサバーバンハンデキャップブルックリンハンデキャップの3競走を制覇、ニューヨークハンデキャップ三冠を達成した。これらの活躍が認められ、2年連続でエクリプス賞の年度代表馬に選出された。

この後もケルソは毎年コンスタントに活躍し、1964年まで5年連続でエクリプス賞の年度代表馬に、4年連続で同賞の最優秀古牡馬選出された。この連続受賞記録は未だに破られていない。優勝したレースを見ると、ジョッキークラブゴールドカップステークスには1960年から1964年まで5回出走し、5連覇を達成した。また1961年から1963年にかけてウッドワードステークスの3連覇を成し遂げている。一方で、ワシントンDCインターナショナルはケルソが苦杯を舐め続けた競走であった。1961年の初出走では2着、次の年も出走するが2着、翌年もまた2着と、3年連続で惜敗に終わっていた。1964年、4度目の挑戦で念願の優勝を飾った。この時の走破時計2.23.8は、当時の芝2400mの世界レコードであった。

収得賞金の面では、1962年12月にガヴァナーズプレートステークスを勝ってアメリカ史上5頭目の収得賞金100万ドル超の競走馬となった。その後も着々と賞金を獲得し、1964年10月にジョッキークラブゴールドカップステークスを優勝したことでラウンドテーブルの記録を抜いてアメリカ史上最高額の賞金を獲得した競走馬となった。

1965年になると1960年から1964年にかけて年10回前後だったケルソの出走回数は年6回に減少し、収得賞金も年10万ドル以下に落ち込んだ。1966年、ケルソは9歳を迎えたシーズンも現役を続行したが、2月に右前脚の球節に微細なヒビが入った状態でレースに出走したところ、4着に敗退。さらにレース後、骨折の程度が悪化していることが判明し、3月に競走生活からの引退が決定した。ハンフォードらは、この故障さえ無ければその年も活躍できると期待していたという。

競走馬引退後[編集]

競走馬引退後、ケルソはウッドストック牧場で余生を過ごした。1983年10月16日に死去。26歳であった。

エピソード[編集]

ケルソはアメリカの雑誌によって「風貌は醜悪で性格は粗野」と報道されたことがあったが、関係者は人に甘える性格の持ち主であったと反論している。

主な勝鞍[編集]

表彰・評価[編集]

エクリプス賞[編集]

  • 1960-1964年 - 年度代表馬(5年連続)
  • 1960年 - 最優秀3歳牡馬
  • 1961-1964年 - 最優秀古牡馬(4年連続)

血統表[編集]

ケルソ血統ハイペリオン系 / Gainsborough 4x5=9.38% Rock Sand 5x5=6.25%)

Your Host
1947 栗毛 アメリカ
Alibhai
1938 栗毛 イギリス
Hyperion Gainsborough
Selene
Teresina Tracery
Blue Tit
Boudoir
1938 芦毛 アイルランド
Mahmoud Blenheim
Mah Mahal
Kampala Clarissimus
La Soupe

Maid of Flight
1951 青鹿毛 アメリカ
Count Fleet
1940 青鹿毛 アメリカ
Reigh Count Sunreigh
Contessina
Quickly Haste
Stephanie
Maidoduntreath
1939 青鹿毛 アメリカ
Man O' War Fair Play
Mahubah
Maid Victorian Victorian
Black Betty F-No.20

参考文献[編集]

  • 原田俊治『世界の名馬』 サラブレッド血統センター、1970年

脚注[編集]

  1. ^ ローレンスリアライゼーションステークスにおいて記録した2.40.8というタイムは、マンノウォーの記録したダート12ハロンのレコードタイムとタイ記録であった。
  2. ^ アケダクト競馬場におけるダート3200mのレコードタイムを更新。

関連項目[編集]

  • タカマガハラ - 元船橋競馬所属の日本馬。ケルソも出走した1962年のワシントンDCインターナショナルに挑んでいる。
  • リユウフオーレル - 中央競馬所属の日本馬。ケルソが制覇した1964年のワシントンDCインターナショナルに挑戦、8着に敗れている。

外部リンク[編集]