エドガー・プラード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エドガー・プラード
Edgar-Prado20081207.jpg
基本情報
国籍 ペルーの旗 ペルー
生年月日 1967年6月12日(47歳)
騎手情報
初免許年 1983年
テンプレートを表示

エドガー・プラードEdgar S. Prado1967年6月12日-)はペルーリマ出身の、アメリカ合衆国で活躍する騎手である。

来歴[編集]

1983年ペルーでデビュー。1986年アメリカに渡り、2007年現在はフロリダ州ハリウッドに在住しながら、東海岸を中心に騎乗している。2004年には史上19人目の5000勝を達成した、北アメリカを代表するジョッキーである。

2006年5月6日の第132回ケンタッキーダービーでは、バーバロに騎乗し2着のBluegrass Catに6馬身1/2差をつけ勝利。1946年の三冠馬アソールトの8馬身差に次ぐ圧勝劇だった。しかし2週間後のプリークネスステークスでバーバロは故障により競走中止。懸命な治療が行われたが2007年ペンシルベニア大学安楽死の処置がとられる(詳細はバーバロを参照)。

その他の大レースでは、2002年と2004年にベルモントステークスで勝利しているが、いずれもアメリカ三冠を阻止している。2002年に騎乗したサラヴァはベルモントステークス史上最大の穴馬となり、単勝は71.25倍であった。2004年もバードストーンで、三冠を狙った人気馬スマーティージョーンズの勝利を阻んでいる。その後、プラードとバードストーンは、同年8月にサラトガ競馬場で行われたトラヴァーズステークスでも1着となっている。

2005年、プラードは初めてブリーダーズカップで勝利を収めた。フォークロアブリーダーズカップ・ジュヴェナイルフィリーズに勝ち、シルヴァートレインブリーダーズカップ・スプリントに勝利している。

2006年、ニューヨーク競馬協会からマイク・ヴェネツィア記念賞を受賞し、9月24日ベルモントパーク競馬場のパドックでセレモニーが行われた。2008年2月10日ガルフストリームパーク競馬場で全米で16人目となる通算6,000勝を達成した。同年4月21日、プラードはアメリカ競馬名誉の殿堂博物館の候補となり、8月4日に正式に殿堂入りとなった。

日本での騎乗[編集]

1993年ヤングジョッキーズワールドチャンピオンシップのために来日し、日本での初騎乗を果たす。この時は5着が最高で11位に終わったが、翌1994年にも出場すると2勝を挙げて優勝を果たした。

ワールドスーパージョッキーズシリーズには2001年に初出場。2003年から2008年までは6年連続で出場している。最高成績は2008年の8位。

  • JRA通算54戦2勝(2010年現在)

主な勝鞍[編集]