アンヘル・コルデロ・ジュニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンヘル・コルデロ・ジュニアÁngel Cordero, Jr., 1942年11月8日 - )は、プエルトリコ、サントゥルセ生まれの元騎手サラブレッド競馬史におけるトップジョッキーの一人で、アメリカ競馬殿堂入りした唯一のプエルトリコ人である。

来歴[編集]

幼年期[編集]

コルデロの父アンヘル・コルデロSr. は騎手・調教師、叔父も調教師というサラブレッドに囲まれた環境で育った。アンヘルが彼らに倣い若くしてレースを始めたのは自然なことだった。

アメリカのクラシックレース[編集]

コルデロはプエルトリコ人として初めて、アメリカのクラシック三冠競走(ケンタッキーダービープリークネスステークスベルモントステークス)の全てを勝った騎手で、現時点で唯一の記録である。

1974年、コルデロは31歳の時、同年のケンタッキーダービー[1]をキャノネードに騎乗して優勝した。1976年にはボールドフォーブス1985年にはスペンドアバックでも同競走を制し、アメリカ競馬史上僅か四人の騎手のみが達成した快挙を成し遂げた[2]

1976年、コルデロはボールドフォーブズに乗りニューヨーク州エレモントで毎年開催されるベルモントステークスに勝ち、1980年にはゲートダンサー、1984年コーデックスに騎乗し二度プリークネスステークスを制した。

他の偉業として、コルデロはブリーダーズカップを4度制し、13回サラトガ競馬場リーディングジョッキーとなった[3]

1992年、コルデロは競走中の落馬事故によって大怪我を負い、一度騎手生活を休止した。しかし1995年、コルデロは「自分のやり方で引退したい。人々に私が他の方法で去るのを覚えていて欲しくはない」と述べ、家族と友人の願いに反してコルデロはブリーダーズカップにもう一度乗るため再び鞍に跨っている。

近年[編集]

騎手を引退した後も競馬業界に長く関与し続けており、同郷のプエルトリコ人騎手ジョン・ヴェラスケスエージェントと、ヴェラスケスが騎乗契約しているトッド・プレッチャー厩舎攻馬手を勤めている。2005年10月、ハリケーン・カトリーナ被災者募金を募るためフィラデルフィアパーク競馬場のコティヨンハンデキャップ(G2) で十年ぶりにレース復帰し、インディアンヴェールに騎乗して5着に入った。

アンヘル・コルデロJr. は1988年アメリカ競馬名誉の殿堂博物館、2001年にはナッソー郡スポーツ名誉の殿堂入りを果たしている。

家族[編集]

妻のマジョリー・クレイトン・コルデロ(Majorie Clayton Cordero)は元騎手・調教師で、ニューヨークのサラブレッド競馬界の著名人であったが、2001年1月に死去している。また、コルデロは5人の子供の父である。

通算成績[編集]

年度 1960年 - 1992年
騎乗数 38,646
勝利数 7,057
勝率 18.3%

主な騎乗馬[編集]

(騎乗時の主な勝鞍)

大レースの勝鞍[編集]

レーシングアワード[編集]

顕彰[編集]

  • アメリカ競馬名誉の殿堂 (1988)
  • ナッソー郡スポーツの殿堂 (2001)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ケンタッキーダービーはケンタッキー州ルイビルで毎年開催され、アメリカ合衆国のサラブレッドレースで最も重要なレースと見なされている。
  2. ^ 他の三人はアイザック・マーフィー Isaac Murphy (1884, 1890, 1891) 、アール・サンデ Earl Sande (1923, 1925, 1930) 及びゲイリー・スティーヴンス(1988, 1995, 1997) 。最多は5勝でエディ・アーキャロ(1938, 1941, 1945, 1948, 1952) とビル・ハータック(1957, 1960, 1962, 1964, 1969) が、4勝はビル・シューメーカー(1955, 1959, 1965, 1986) が挙げている。
  3. ^ Cordero to Serve Ban - 『ニューヨーク・タイムズ』紙1988年9月24日(英語)

参考文献[編集]