ラフィット・ピンカイ・ジュニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラフィット・ピンカイ・ジュニア
基本情報
国籍 パナマの旗 パナマ
出身地 パナマシティ
生年月日 1946年12月29日(67歳)
騎手情報
初免許年 1966年
免許区分 平地競走
騎手引退日 2003年
通算勝利 48486戦9530勝
テンプレートを表示

ラフィット・ピンカイ・ジュニアLaffit Alejandro Pincay, Jr.1946年12月29日 - )はパナマ生まれ、主にアメリカ合衆国で騎乗した騎手である。

略歴[編集]

パナマパナマシティ生まれ。パナマで騎手となり、1966年ホースマンのフレッド・W・フーパーと騎手エージェントカミーロ・マリンアメリカ合衆国での騎乗契約を結び渡米した。アメリカ合衆国ではアーリントンパーク競馬場で騎乗を始め、1970年にはジョージ・ウルフ記念騎手賞を受賞、エクリプス賞最優秀騎手賞は4回受賞し、アメリカ年間最多賞金獲得騎手[1]には7回獲得している。1975年にはアメリカ競馬殿堂入りを果たしている。

1999年12月10日ハリウッドパーク競馬場においてアイリッシュニップで通算8834勝を記録し、ウィリー・シューメーカーが保持していた世界記録を更新すると、2003年4月の引退までに9530勝という金字塔を打ち立てたが、現在はラッセル・ベイズホルヘ・リカルドの二人に更新されている。

1984年にはスウェイルでケンタッキーダービーを勝利、ベルモントステークス1982年~1984年に3連覇を達成、他にはハリウッドゴールドカップ9勝、サンタアニタダービー7勝、ブリーダーズカップ7勝などを挙げている。

1987年には日本ワールドスーパージョッキーズシリーズでも騎乗していた実績がある。

引退後の2004年にはハリウッドパーク競馬場が「ラフィット・ピンカイ・ジュニア賞」の設立を発表した。ハリウッドゴールドカップ当日に、過去9勝したピンカイを記念した賞で、トロフィー彫刻家ニーナ・カイゼルによるデザインで、競馬産業に貢献した人物に贈られる。

2006年には「ラフィット~オール・アバウト・ウイニング」というピンカイの半生を描いた記録映画が公開され、ナレーションケビン・コスナーが担当した。

騎乗馬[編集]

脚注[編集]

  1. ^ リーディングジョッキーは一般的に年間の勝利数であるが、こちらは獲得賞金によるランキングである。