ロブサン・センゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チベット(ガンデンポタン)の旗 チベットの政治家
ロブサン・センゲ
Lobsang Sangay
Lobsang Sangay, Tibetan Prime Minister.jpg
生年月日 1968年3月10日(書類上)
出生地 インドの旗 インド西ベンガル州ダージリン
出身校 デリー大学
ハーバード大学
前職 ハーバード大学上級研究員
称号 ハーバード大学法学博士
配偶者 Kesang Yangdon Shakchang

任期 2012年9月20日 -
象徴 ダライ・ラマ14世

チベット国旗 チベット亡命政府
公選第2代 主席大臣(首相)
当選回数 1回
任期 2011年8月8日 - 2012年9月20日
象徴 ダライ・ラマ14世
テンプレートを表示

ロブサン・センゲ(Lobsang Sangay)は、チベット人の法学者(専攻:国際法、立憲民主主義、紛争解決)、政治家インドダラムシャーラー(ダラムサラ)に拠点を置く中央チベット行政府(チベット亡命政府)の公選による第2代首相(正式にはシキョン政治最高指導者))(2011年〜現在)。

来歴[編集]

1968年にインド・西ベンガル州ダージリン郊外[1]のチベット人亡命社会で産まれた。誕生日は公式書類上では3月10日とされているが、これは亡命チベット人にとって記念すべき日である「チベット民族蜂起の日」を借りたものであり、正確な誕生日は本人も知らない。このことについて彼は「自分の誕生日すら知らないという事実に、私がどんな人生を送ってきたかが集約されている」と語っている[2]

ダージリンの中央チベット学校を卒業後、デリー大学で英文学と法律学を学び、卒業。1992年、チベット青年会議執行部委員。1996年、アメリカのハーヴァード大学ハーヴァード・ロー・スクールに留学し、2004年に法学博士号(Ph.D in Law)を得た。博士論文は『亡命チベット政権の民主主義と歴史(1959〜2004)』。その後、ハーバード大学ロースクールの上級研究員を務めた。

亡命政府の長として[編集]

2011年4月27日に実施されたチベット亡命政府の首相(主席大臣〈カロン・ティパ〉)選挙で、55%[1](27,051票)を得票して当選した[3]。この選挙の有権者数は83,399人、投票率59%[3](49,184人)。ただし、ネパールの首都カトマンドゥにおいては、ネパール当局の妨害により投票が実施できなかった。同年8月8日に正式に首相に就任。翌2012年3月31日には初のアジア外遊となる日本訪問を行った[4]

ロブサン・センゲはチベット亡命政府首相としては400ドル(日本円で約3万円)の月給しか受け取ってはいない。これはインド全体の平均月収の3万ルピー(日本円で約4万5000円)と比べてもきわめて低いが、本人は亡命政府首相としての職務に情熱を燃やし、収入についてはまったく問題とはしていない[5]

2012年9月20日、第15期チベット亡命政権議会は「亡命チベット人憲章」を改訂し、それまでの主席大臣(カロン・ティパ)という称号を「政治最高指導者」(シキョン。摂政とも訳される)と改めた。ロブサン・センゲはチベット亡命政府の初代の「政治最高指導者(シキョン)」となったことになる。

ロブサン・センゲ内閣[編集]

(2011年9月16日組閣)

  • 首相兼教育省大臣:ロブサン・センゲ(男性)
  • 情報・国際関係(外務)省大臣:デキ・チュヤン(北米地区選出議員・モントリオール大学病院センター建設計画コミュニティー連絡部長、女性)
  • 保安省大臣:ドンチュン・ンゴドゥップ(留任、男性)
  • 経済省大臣:ツェリン・ドゥンドゥップ(留任、男性)
  • 宗教・文化省大臣:ペマ・チュジョル(元保安大臣、男性)
  • 内務省大臣:ギャリ・ドルマ(前議会副議長、女性)
  • 保健省大臣:ツェリン・ワンチュク(チョゼ・カンサル慈善病院医師、男性)

出典[編集]

  1. ^ a b “ことば:ロブサン・センゲ氏”. 毎日jp (毎日新聞社). (2012年2月17日). http://mainichi.jp/opinion/news/20120217ddm007030178000c.html 2012年10月28日閲覧。 
  2. ^ 「News Business 自分の誕生日を知らないハーバード卒のリーダー━━ダライ・ラマの後継者、ロブサン・センゲを知っているか?【1】」http://gqjapan.jp/2011/09/30/ロブサン・センゲを知っているか?【1】/
  3. ^ a b “米在住学者のセンゲ氏当選 チベット亡命政府首相選”. 共同通信社. 47NEWS. (2011年4月27日). http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011042701000687.html 2012年10月28日閲覧。 
  4. ^ “「強烈な不満」と中国 チベット亡命政府首相訪日”. 産経新聞. (2012年4月1日). http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/china/553980/ 2012年4月2日閲覧。 
  5. ^ 相馬勝 (2011年10月10日). “ハーバード研究員から転身したチベット新首相 月給3万円”. NEWSポストセブン. 小学館. 2012年10月28日閲覧。

外部リンク[編集]