ロスロデオス空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テネリフェ・ノルテ空港
Aeropuerto de Tenerife Norte
Tenerife North Airport
Terminal tfn.jpg
新国際線ターミナル
IATA: TFNICAO: GCXO
概要
空港種別 公共
所有者 Aeropuertos Españoles y Navegación Aérea
運営者 Aena
供給都市 テネリフェ島
所在地 カナリア諸島
標高 633 m / 2,077 ft
座標 北緯28度28分58秒 西経016度20分30秒 / 北緯28.48278度 西経16.34167度 / 28.48278; -16.34167座標: 北緯28度28分58秒 西経016度20分30秒 / 北緯28.48278度 西経16.34167度 / 28.48278; -16.34167
地図s
カナリア諸島の位置
TFNの位置(カナリア諸島内)
TFN
TFN
カナリア諸島内の空港の位置
滑走路
方向 全長 表面
m ft
12/30 3,394 11,135 舗装
統計 (2011)
利用者数 4,095,103
10-11との比較 増加1.01%
発着回数 62,590
10-11との比較 減少0.3%
Source: Statistics from AENA[1]
Spanish AIP at EUROCONTROL[2]

ロス・ロデオス国際空港(スペイン語:Aeropuerto Internacional de Los Rodeos、英語:Tenerife North Airport)はカナリア諸島テネリフェ島にある空港。一般的にはテネリフェ・ノルテ空港Aeropuerto de Tenerife Norte、テネリフェ北空港)と呼ばれている。

概要[編集]

位置[編集]

テネリフェ島に2つある国際空港の1つ。サンタ・クルス・デ・テネリフェから11kmにあるサン・クリストバル・デ・ラ・ラグーナ (San Cristobal de la Laguna) という町にある。

事故[編集]

1977年3月27日、濃霧の滑走路上で2機のボーイング747型機同士が衝突し583人が死亡したテネリフェ空港ジャンボ機衝突事故が発生した空港である。この事故の後、島の南側の比較的霧が出にくい地点にレイナ・ソフィア空港(テネリフェ・スール空港)がつくられ、役割を分担している。

1980年4月25日には英国ダン・エアのボーイング727が本空港への着陸進入中に山中に墜落し、146人全員が死亡した。この事故機(機体記号G-BDAN)はかつて日本航空で「たま号」として活躍し、1966年日本航空羽田空港墜落事故で失われた日本国内航空のコンベア880(JA8030)の補償として1972年に同社の後身である東亜国内航空(日本エアシステムを経て現在は日本航空に合併)に譲渡されたJA8318である。

脚注[編集]

外部リンク[編集]