ラガニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラガニア
生息年代: 505.0 Ma
ROM-BurgessShale-LagganiaCambriaFossil.png
バージェス頁岩塁層から発見されたラガニアの化石(カナダはオンタリオ州ロイヤルオンタリオ博物館所蔵)
保全状況評価
絶滅(化石
地質時代
約5億0,50万年前
古生代カンブリア紀中期[ミドルカンブリアン])
分類
: 動物界 Animalia
亜界 : 真正後生動物亜界 Eumetazoa
階級なし : (未整理[1]左右相称動物 Bilateria
(未整理)旧口動物 Protostomia
上門 : 脱皮動物上門 Ecdysozoa
: (未整理)? 節足動物門 Arthropoda
(未整理)? ディノカリダ門 Dinocarida [2]
: アノマロカリス綱 Anomalocarida
: (未整理)? ラディオドンタ目 Radiodonta
: アノマロカリス科 Anomalocaridae
: ラガニア属 Laggania
学名
genus Laggania 
Walcott1911
和名
ラガニア
英名
Laggania
下位分類(

ラガニア学名Laggania)は、約5億0,50万年前(古生代カンブリア紀中期[ミドルカンブリアン])の海に生息していた動物(バージェス動物群の属す)。アノマロカリス科en)に分類される1であり、ラガニア属は L. cambria (ラガニア・カンブリア)の1のみで形成されている(2009年時の知見)。ラガーニアとも呼ばれる。

生物的特徴[編集]

ラグビーボールのような体形をしている。尾部の垂直な(ひれ)は発見されていない。

アノマロカリスとは近縁とされるが、アノマロカリスに比べてラガニアはかなり小型である。

スケール比較[編集]

バージェス動物群のスケール比較
Anomalocaris canadensis アノマロカリス・カナデンシス 
Laggania cambria (ラガニア・カンブリア) 
Opabinia regalis オパビニア・レガリス 
Wiwaxia corrugata ウィワクシア・コルガタ 
Pikaia gracilens ピカイア・グラキレンス 
Hallucigenia sparsa ハルキゲニア・スパルサ
ヒト()とバージェス動物群のスケール比較
Anomalocaris canadensis アノマロカリス・カナデンシス 
Laggania cambria (ラガニア・カンブリア) 
Opabinia regalis オパビニア・レガリス 
Wiwaxia corrugata ウィワクシア・コルガタ 
Pikaia gracilens ピカイア・グラキレンス 
Hallucigenia sparsa ハルキゲニア・スパルサ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 分類学上、未整理の分類群(タクソン)。以下同様。
  2. ^ 学説により、所属するは節足動物門ともディノカリダ門ともされる。

関連項目[編集]