フルディア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フルディア
生息年代: Mid Cambrian
Hurdia victoria pair.jpg
artist's reconstruction
分類
: 動物界 Animalia
亜界 : 真正後生動物 w:Eumetazoa
階級なし : 左右相称動物 w:Bilateria
旧口動物 en:Protostomia
: 葉脚動物 w:Lobopodia
: ディノカリダ門 w:Dinocaridida
: ラディオドンタ w:Radiodonta 未分類
: アノマロカリス科 w:Anomalocarididae
: Hurdia
: H. victoria
学名
Hurdia victoria Walcott, 1912
和名
フルディア・ビクトリア
英名
Hurdia victoria

フルディア(フルディア・ビクトリア)とは、5億年前のカンブリア紀の間生息したアノマロカリス類絶滅種である。アノマロカリスの近縁種であり、節足動物に至る系統の祖先の一つである[1]

概要[編集]

フルディアは、カンブリア紀の海において最も巨大な生物の一つでる[2]。体長はおよそ20センチメートル(0.66フィート)に達する。頭部には一対の刺々しい爪を持ち、その爪でパイナップルの輪のような口に食料を掬い込むと考えられている。顔の正面から突き出ているスパイク状の殻は中空であり、この器官の機能は不明確である。その殻の下に柔らかい組織を持たないため、防衛のためのものではない[3]。体の側面に沿って走る側面の丸い突起物から大きなえらがつるされている。

生態学[編集]

フルディアは捕食者もしくはスカベンジャーであると考えられている。爪はアロマノカリスの爪よりも貧弱であり、より弱い生物を食していたのではないかと示唆される。フルディアはコスモポリタン・ディストリビューション(世界中のどの地域にも存在する)であり、バージェス頁岩からのみならず、アメリカ中国ヨーロッパなどからも同様に発見されている[1]

分類の歴史[編集]

フルディアは、1909年にアメリカの古生物学チャールズ・ウォルコットがバージェス頁岩のカタログを製作していた際に断片的な化石より初めて記述された[4]。しかし、彼はバラバラになった部位をそれぞれ別の生物であると誤解し、近縁種であるアノマロカリス同様、クラゲナマコとしてバラバラに誤って分類された。

1990年代後期、当時ロイヤルオンタリオ博物館学芸員であったデズモンド・H・コリンズ (en)によってフルディアの要素がつなぎあわされ、非公式な論文において彼の考えを提示した[5][6]。2009年になってようやく、3年間の苦心の研究の結果、完全な生物が復元された[1][7][8][9]。フルディアの69の標本は、Greater Phyllopod bed(葉脚類のベッド)と呼ばれる群集の0.13パーセントからなることが知られている[10]

出典[編集]

  1. ^ a b c “The Burgess Shale Anomalocaridid Hurdia and Its Significance for Early Euarthropod Evolution”. Science Magazine 323 (5921): pp. 1597-1600. (3 2009). doi:10.1126/science.1169514. 
  2. ^ 巨大な頭を持つ奇妙な捕食動物を発見”. ナショナルジオグラフィック・ニュース (2009年3月23日). 2010年12月22日閲覧。
  3. ^ “ROM collections reveal 500 million-year-old monster predator” (プレスリリース), ロイヤルオンタリオ博物館, (2009年3月20日), http://www.rom.on.ca/news/releases/public.php?mediakey=u4dk4ec8r3 
  4. ^ Probably named for Mount Hurd nearby, itself commemorating Major Hurd, a Canadian Pacific Railway engineer and explorer.
  5. ^ D. Collins, in North American Paleontological Convention, Chicago, Abstracts with Programs, S. Lidgard, P. R. Crane, Eds. (The Paleontological Society, Special Publication 6, Chicago, IL, 1992), p. 66, 11.
  6. ^ D. Collins (1999). Rotunda 32: 25. 
  7. ^ Fossil fragments reveal 500-million-year-old monster predator.
  8. ^ New animal discovered by Canadian researcher.
  9. ^ Scientists identify T-Rex of the sea
  10. ^ “TAPHONOMY OF THE GREATER PHYLLOPOD BED COMMUNITY, BURGESS SHALE”. PALAIOS (SEPM Society for Sedimentary Geology) 21 (5): pp. 451-465. (10 2006). doi:10.2110/palo.2003.P05-070R.