ユリア・フィッシャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユリア・フィッシャー

ユリア・フィッシャーJulia Fischer, 1983年6月15日 - )はドイツヴァイオリニストピアニスト

来歴[編集]

スロヴァキア出身のピアニストの母と東ドイツ出身の数学者の父のもと、ミュンヘンで生まれる。4歳からヴァイオリンピアノを始め、アウクスブルクレオポルト・モーツァルト音楽院でリディア・ドゥブロフスカヤに、ミュンヘン音楽大学アナ・チュマチェンコにヴァイオリンを学ぶ。 1995年ユーディ・メニューイン国際コンクール1996年の第8回ユーロヴィジョン若手演奏家コンクールなど参加した8つの国際音楽コンクールのすべてで優勝(うち3つはピアノでの受賞)。

2006年7月には23歳の若さでフランクフルト音楽・舞台芸術大学の教授に就任した(ドイツ史上最年少記録)。

2004年にオランダのPentaTone(ペンタ・トーン)レーベルから「ロシア・ヴァイオリン協奏曲集」をリリースしてCDデビュー。2008年11月にはユニバーサル・ミュージック傘下のDecca(デッカ)レーベルへの移籍が発表されたが、以後もDeccaのみならずPentaToneからもCDのリリースは続いている。

2002年9月に初来日し、佐渡裕指揮京都市交響楽団チャイコフスキーヴァイオリン協奏曲を共演した。以後、2003年4月(ロリン・マゼール指揮バイエルン放送交響楽団の日本ツアーにソリストとして同行)と2004年4月(現田茂夫指揮大阪センチュリー交響楽団との共演およびリサイタルの開催)に来日している。2009年6月にも来日予定であった(準メルクル指揮NHK交響楽団との共演およびリサイタル開催)が、自身の妊娠により来日が中止された。

ピアニストとしても活動しており、2008年1月1日にはフランクフルトアルテオーパーにて、一晩の演奏会でサン=サーンスヴァイオリン協奏曲第3番グリーグピアノ協奏曲のソリストを務めるという離れ業を披露した(DVD化されている)。また、シューベルトの「ピアノ連弾のための幻想曲」をピアニストとして録音している。

使用楽器[編集]

以前は日本音楽財団から貸与された1716年製ストラディヴァリウス「Booth」を2000年から2004年夏まで使用していたが、2004年5月に1742年製(1750改製)ジョバンニ・バッティスタ・グァダニーニを購入、2012年には現代ヴァイオリン製作者フィリップ・アウグスティン(Philipp Augustin)の2011製を購入し、現在はそれらを使用している。

ディスコグラフィー[編集]

CD[編集]

DVD[編集]

外部リンク[編集]