ヴァイオリン協奏曲第5番 (モーツァルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調K.219は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲したと確認されている最後のヴァイオリン協奏曲[1]


概要[編集]

モーツァルトがこの曲の後に作曲したヴァイオリンと管弦楽のための協奏的作品は、下記のアダージョの他にはロンド変ロ長調ロンドハ長調のみである。

1775年12月20日ザルツブルクで完成した。『トルコ風』のあだ名を持ち、堂々とした曲想と、当時の流行であるトルコ趣味とを合わせた作品であり、他の4曲と比べ技術的にも内容も充実しているので、現在でも人気が高い。3楽章構成。演奏時間は約30分とモーツァルトのヴァイオリン協奏曲中最長。自筆譜は現在、ワシントンDCアメリカ議会図書館に所蔵されている。

楽器編成[編集]

ヴァイオリン独奏、オーボエ2、ホルン2、弦五部

構成[編集]

第1楽章 Allegro aperto - Adagio - Allegro Aperto

イ長調、4/4拍子、協奏風ソナタ形式。発想標語の通り、外に発散する力強い楽章。冒頭のトゥッティで主題が弦楽器のトレモロを伴って登場し一通り終わった後、独奏ヴァイオリンが現れる。主題の単純な繰り返しではなく、緩い歌謡風の導入を設けており、楽器の機能を生かしている。途中カデンツァが挟まれるが、モーツァルト自身のものは残されていない。各ヴァイオリニストが競って自作を残している。マックス・ロスタルヨーゼフ・ヨアヒムなどの重音のものが有名。カデンツァを終えると独奏ヴァイオリンは沈黙し、オーケストラが力強く終わる。9分ー10分

第2楽章 Adagio

ホ長調、2/4拍子。ソナタ形式。柔らかな中間楽章。途中でカデンツァが差し挟まれるが、モーツァルト自身のものはない。1776年の終りには別稿として、ヴァイオリンと管弦楽のためのアダージョK.261が作曲された。父レオポルトが「ブルネッティ用のアダージョ」と手紙の中で記しており、この楽章がザルツブルク宮廷楽団のヴァイオリン奏者であるアントニオ・ブルネッティに合わなかったため代わりに作曲したとされている[2]。なお拍子は本来の2楽章とは異なり4/4拍子に変更されている。10分ー11分

第3楽章 Rondeau
Tempo di Minuetto - Allrgro - Tempo di Minuetto

イ長調、3/4h拍子。フランス風の古い表記の通り、典雅なロンド。途中トルコ風の行進曲部分(イ短調、2/4)がオーボエで提示しており、特徴を出している。この部分では弦楽器によるコル・レーニョが用いられており、ティンパニのような効果を挙げている。カデンツァを経て型通りにロンドを再現した後次第に力を弱めていき、最後は静かに終結する。8分ー9分

脚注[編集]

  1. ^ 第6番第7番は自筆譜が残っておらず、偽作の可能性が高い。
  2. ^ アルフレート・アインシュタインは「彼(ブルネッティ)にとって気取りすぎていたため」と述べている。

外部リンク[編集]