日本音楽財団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

公益財団法人日本音楽財団(にっぽんおんがくざいだん)は、音楽文化の普及と振興を目的として設立された。主な事業は、所有する楽器演奏家に貸与する「楽器貸与事業」である。所有楽器の資産額合計は、約94億4500万円と計上されている(2006年3月)。運営は、日本財団笹川陽平会長)が全面支援を行っている。元文化庁文化部芸術文化課所管、2012年4月1日に公益財団法人化。

概要[編集]

所有楽器[編集]

  • ストラディヴァリウス
    • 「パガニーニ・クヮルテット」(4挺のセット)
    • 「ドラゴネッティ」(1700年製ヴァイオリン)
    • 「ロード・ニューランズ」(1702年製ヴァイオリン)
    • 「ハギンス」(1708年製ヴァイオリン)
    • 「エングルマン」(1709年製ヴァイオリン)
    • 「カンポセリーチェ」(1710年製ヴァイオリン)
    • ドルフィン」(1714年製ヴァイオリン)
    • 「ヨアヒム」(1715年製ヴァイオリン)
    • 「ブース」(1716年製ヴァイオリン)
    • 「サセルノ」(1717年製ヴァイオリン)
    • 「ジュピター」(1722年製ヴァイオリン)
    • 「ウィルヘルミ」(1725年製ヴァイオリン)
    • 「ムンツ」(1736年製ヴァイオリン)
    • 「ロード・アイレスフォード」(1696年製チェロ)
    • 「フォイアマン」(1730年製チェロ)
  • グァルネリウス・デル・ジェス
    • 「ムンツ」(1736年製ヴァイオリン)
    • 「イザイ」(1740年製ヴァイオリン)

外部リンク[編集]