ユニオン郡 (ルイジアナ州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイジアナ州ユニオン郡
Union Parish Courthouse IMG 3859.JPG
ファーマービルにあるユニオン郡庁舎
ユニオン郡の位置を示したルイジアナ州の地図
郡のルイジアナ州内の位置
ルイジアナ州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1839年
郡名の由来 アメリカ各州の統合
郡庁所在地 ファーマービル
最大の都市 ファーマービル
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

2,345 km2 (905 mi2)
2,273 km2 (878 mi2)
72 km2 (28 mi2), 3.06%
人口
 - (2010年)
 - 密度

22,721人
10人/km2 (26人/mi2)
標準時 中部: UTC-6/-5

ユニオン郡: Union Parish)は、アメリカ合衆国ルイジアナ州の北部に位置するである。2010年国勢調査での人口は22,721人であり、2000年の22,803人から0.4%減少した[1]郡庁所在地ファーマービル(人口3,860人[2])であり[3]、同郡で人口最大の町でもある。

ユニオン郡はモンロー大都市圏に属しており、またモンロー・バストロップ広域都市圏を構成している。

ユニオン郡記念碑[編集]

ファーマービル西のダーボン湖
ファーマービルにあるユニオン総合病院

1931年、隣接するアーカンソー州ユニオン郡との州境(郡境)に記念碑が建てられた。これは、アーカンソー州知事ジョージ・ワシントン・ドナヒー(1856年-1937年)個人の努力によるものだった。ドナヒーはルイジアナ州ユニオン郡で生まれ、州境地域で育ち、10代の時にアーカンソー州コンウェイに移転した。アーカンソー州知事としてのドナヒーは州都リトルロック州集会議事堂を建設し、州立医療施設とその農業カレッジ設立に貢献した。知事を辞任した後は、2つの州に親近感を抱き、記念碑周りの土地に公園建設を始めた。この記念碑はアール・デコ調の複雑な彫刻で知られ、1831年と1931年のそれぞれ異なる交通手段を伝え、またドナヒーがその教育プログラムを賞賛するヒューイ・P・ロング・ジュニアについて言及している。この土地は両州の州立公園局に登録されてはいない。木材会社が周りの木を切り払い、記念碑は忘れられた存在になった。1975年、ルイジアナ州下院議員ルイーズ・B・ジョンソンがこの記念碑を改修するための法案を成立させた。改修後の記念碑は2009年に公開された。

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は905平方マイル (2,345 km2)であり、このうち陸地878平方マイル (2,373 km2)、水域は28平方マイル (72 km2)で水域率は3.06%である[4]

ユニオン郡は地理的にルイジアナ州北端の中央にあり、文化、政治および教育の分野で深く結びついているリンカーン郡によく似ている。一帯が松の丘陵カントリーと呼ばれ、州北東部の平らで硬木のあるデルタ地帯とは大変異なっている。

主要高規格道路[編集]

  • US 63.svgUS 167.svg アメリカ国道63号線/アメリカ国道167号線
  • Louisiana 2.svg ルイジアナ州道2号線
  • Louisiana 15.svg ルイジアナ州道15号線
  • Louisiana 33.svg ルイジアナ州道33号線

隣接する郡[編集]

ユニオン郡はアーカンソー州ユニオン郡と隣接しており、このように隣接する州に同名の郡が隣接してあるのは稀な例である。他にはフロリダ州アラバマ州のエスカンビア郡、マサチューセッツ州ロードアイランド州のブリストル郡、メリーランド州デラウェア州のケント郡、テキサス州とルイジアナ州のサビーン郡がある。

国立保護地域[編集]

  • ダーボン国立野生生物保護区(部分)
  • ワシタ川上流国立野生生物保護区(部分)

人口動態[編集]

年度 人口 変動率
1900 18,520
1910 20,451 10.4%
1920 19,621 −4.1%
1930 20,731 5.7%
1940 20,943 1.0%
1950 19,141 −8.6%
1960 17,624 −7.9%
1970 18,447 4.7%
1980 21,167 14.7%
1990 20,690 −2.3%
2000 22,803 10.2%
2010 22,721 −0.4%
Union Parish Census Data[5]

以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 22,803人
  • 世帯数: 8,857 世帯
  • 家族数: 6,412 家族
  • 人口密度: 10人/km2(26人/mi2
  • 住居数: 10,873軒
  • 住居密度: 5軒/km2(12軒/mi2

人種別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 25.7%
  • 18-24歳: 9.1%
  • 25-44歳: 26.5%
  • 45-64歳: 23.8%
  • 65歳以上: 14.9%
  • 年齢の中央値: 37歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 94.5
    • 18歳以上: 90.9

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 31.3%
  • 結婚・同居している夫婦: 55.3%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 13.7%
  • 非家族世帯: 27.6%
  • 単身世帯: 24.9%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 11.0%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.52人
    • 家族: 3.01人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 29,061米ドル
    • 家族: 36,035米ドル
    • 性別
      • 男性: 30,494米ドル
      • 女性: 21,070米ドル
  • 人口1人あたり収入: 14,819米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 18.6%
    • 対家族数: 14.3%
    • 18歳未満: 25.6%
    • 65歳以上: 17.7%

都市と町[編集]

ユニオン郡図
  • リリー
  • マリオン
  • スペアズビル
  • スターリントン

未編入の町[編集]

  • シャイロー
  • ポイント

教育と宗教[編集]

ユニオン郡教育委員会が地元の公立学校を運営している。

脚注[編集]

  1. ^ Quickfacts.census.gov - Union Parish - accessed 2011-12-06.
  2. ^ American FactFinder - Farmerville - accessed 2011-12-06.
  3. ^ Find a County, National Association of Counties, http://www.naco.org/Counties/Pages/FindACounty.aspx 2011年6月7日閲覧。 
  4. ^ Census 2000 U.S. Gazetteer Files: Counties”. United States Census. 2011年2月13日閲覧。
  5. ^ United States Census Bureau. “Louisiana Population of Counties by Decennial Census: 1900 to 1990”. 2008年2月2日閲覧。

参考文献[編集]

Many facts concerning events in early Union Parish history come from the conveyance, probate, and lawsuit records on file in the Union Parish courthouse, as well as records of the United States Land Offices available in the National Archives. Other sources include:

1) Williams, E. Russ, Jr., Spanish Poste d’Ouachita: The Ouachita Valley in Colonial Louisiana 1783–1804, and Early American Statehood, 1804–1820, Williams Genealogical Publications, Monroe, LA, 1995.

2) Williams, E. Russ, Jr., Encyclopedia of Individuals and Founding Families of the Ouachita Valley of Louisiana From 1785 to 1850: Organized into Family Groups with Miscellaneous Materials on Historical Events, Places, and Other Important Topics, Part Oe A – K, Williams Genealogical and Historical Publications, Monroe, LA, 1996.

3) Williams, E. Russ, Jr., Encyclopedia of Individuals and Founding Families of the Ouachita Valley of Louisiana From 1785 to 1850: Organized into Family Groups with Miscellaneous Materials on Historical Events, Places, and Other Important Topics, Part Two L – O, Williams Genealogical and Historical Publications, Monroe, LA, 1997.

4) Williams, Max Harrison, Union Parish (Louisiana) Historical Records: Police Jury Minutes, 1839–1846, D’Arbonne Research and Publishing Co., Farmerville, LA, 1993.

5) Union Parish Civil Suit #124D, Lawrence Scarborough to Sarah Scarborough his wife, 15 October 1829. Lawrence gives to his wife his legal right of "pre-emption" to land on Bayou d'Loutre. Specifically, Lawrence gave to his wife

"...anticipated by law an improvement on public land situated on the loutre..."

This proves that Scarborough had settled and made improvements on a tract of land in Union Parish by 1829. However, the records of the United States Land Office indicate that the land and improvements given to Sarah Scarborough were actually on Bayou Corney, not Bayou d'Loutre. The Loutre was some eight miles (13 km) northeast of the 200エーカー (0.81 km2) of land Sarah Scarborough purchased at the Ouachita Land Office in Monroe between 1840 and 1843.

Written by Timothy Dean Hudson, 2007.

6) Luke H. Smith, Union Parish Louisiana Police Jury Minutes, Second Book, 22 July 1844 - Land Grant on 21 November 1846 at the Land office of Ouachita Parish, Louisiana. Conveyance abstracts of court records of Union Parish, Louisiana in a book entitled "Some Slaveholders and Their Slaves" 1839-1865 by Harry F. Dill and William Simpson, pgs 74, 83, 89, 100, and 107

外部リンク[編集]

座標: 北緯32度50分 西経92度23分 / 北緯32.83度 西経92.38度 / 32.83; -92.38