ラピッズ郡 (ルイジアナ州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイジアナ州ラピッズ郡
Upper view Rapides Parish courthouse, LA.jpg
アレクサンドリア市にあるラピッズ郡庁舎上部
ラピッズ郡の位置を示したルイジアナ州の地図
郡のルイジアナ州内の位置
ルイジアナ州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1807年
郡名の由来 地元の川の急流から
郡庁所在地 アレクサンドリア
最大の都市 アレクサンドリア
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

3,527 km2 (1,362 mi2)
3,425 km2 (1,323 mi2)
102 km2 (39 mi2), 2.89%
人口
 - (2010年)
 - 密度

131,613人
37人/km2 (97人/mi2)
標準時 中部: UTC-6/-5
ウェブサイト www.rppj.com

ラピッズ郡: Rapides Parish)は、アメリカ合衆国ルイジアナ州の中央部北西に位置するである。2010年国勢調査での人口は131,613人であり、2000年の126,337人から4.2%増加した[1]。陸地面積では州内最大の郡である。郡庁所在地国勢調査指定地域アレクサンドリア(人口47,723人[2])であり[3]、同郡で人口最大の町でもある。

ラピッズ郡はアレクサンドリア大都市圏に属している。郡名の "Rapides" はフランス語であり、英語の "rapids" (急流)である。

歴史[編集]

パープル・ハート記念橋、アレクサンドリアとパインビルの間のレッド川に架かる

1763年、現在のラピッズ郡となった地域は、カーレレック総督の許可を得たアパラチーインディアンが新しく住む所となった。アパラチー族は現在のフロリダ州レオン郡から、イギリスとその同盟インディアンであるクリーク族から逃げてきていた。その子孫の多くが現在のナケテシュ郡に残っている。

最初のフランス人開拓者はビンセント・ポリーであり、1764年7月にナケテシュの軍政府長官から小さな土地の特許を受けていた。1776年12月にはオーブリーとフォーコールトの許可でニコラス・エティエンヌ・マラフレー・レイサードが到着し、ラピッズの松林に船のためのタール工場を設立した。レイサードは後にラピッズ郡の初代市民指揮官に指名された。1760年代、この地域はナケテシュ郡に従属していた。

1790年代、アレクサンダー・フルトンがラピッズ郡の中にスペインの土地特許を取得し、1805年には将来のアレクサンドリアの町の区画を引いた[4]。ラピッズ郡は1807年にオーリンズ準州政府によって設立された。

北軍がアレクサンドリアを占領していた1863年4月1日、郡内の住民投票が行われ、暫定州憲法制定会議に送る代議員を選んだ。北軍のナサニエル・バンクス少将に拠れば、この選挙はアレクサンドリアで「ラピッズ郡民の要請で行われた。軍人は誰もこの件に干渉せず、関わらなかった。忠実な市民に全てが任された」とされている[5]。この投票は北軍が占領した地域によって日程が異なっていた。ニューオーリンズでは3月28日に行われた。マークスビルとグランドエコールがその後に続いた。歴史家のジョン・D・ウィンターズに拠れば、「これら選挙のどれも北軍のレッド川方面作戦を遅らせなかったし、その結果に物理的影響を与えるものではなかった」としている[6]

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は1,362平方マイル (3,5275 km2)であり、このうち陸地1,323平方マイル (3,425 km2)、水域は39平方マイル (102 km2)で水域率は2.89%である[7]

主要高規格道路[編集]

隣接する郡[編集]

国立保護地域[編集]

  • キサッチー国立の森(部分)

人口動態[編集]

年度 人口
1900 39,578
1910 44,545 12.5%
1920 59,444 33.4%
1930 65,455 10.1%
1940 73,370 12.1%
1950 90,648 23.5%
1960 111,351 22.8%
1970 118,078 6.0%
1980 135,282 14.6%
1990 131,556 −2.8%
2000 126,337 −4.0%
2010 131,613 4.2%
Rapides Parish Census Data[8]

以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 126,337人
  • 世帯数: 47,120 世帯
  • 家族数: 33,125 家族
  • 人口密度: 37人/km2(93人/mi2
  • 住居数: 52,038軒
  • 住居密度: 15軒/km2(39軒/mi2

人種別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 27.2%
  • 18-24歳: 9.5%
  • 25-44歳: 27.9%
  • 45-64歳: 22.4%
  • 65歳以上: 13.1%
  • 年齢の中央値: 36歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 91.7
    • 18歳以上: 88.0

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 34.6%
  • 結婚・同居している夫婦: 49.7%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 16.8%
  • 非家族世帯: 29.7%
  • 単身世帯: 26.70%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 10.3%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.56人
    • 家族: 3.09人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 29,856米ドル
    • 家族: 36,671米ドル
    • 性別
      • 男性: 29,775米ドル
      • 女性: 20,4836米ドル
  • 人口1人あたり収入: 16,088米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 20.5%
    • 対家族数: 16.4%
    • 18歳未満: 26.3%
    • 65歳以上: 16.3%

水域[編集]

  • カタホウラ湖

都市と町[編集]

ラピッズ郡図

都市[編集]

[編集]

  • ボール
  • ボイス
  • チェニービル
  • グレンモラ
  • レコンプト
  • ウッドワース

[編集]

  • フォレストヒル
  • マクナリー

未編入の町[編集]

  • ディビル
  • リビューズ
  • タイオガ

政府の機関[編集]

ルイジアナ州公衆安全矯正省がラピッズ郡内キャンプ・ボーリガードとパインビルに隣接する土地にJ・リーバイ・ダバディ矯正所を運営している[9][10]

教育[編集]

ラピッズ郡教育委員会が郡内公立学校を運営している。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Quickfacts.census.gov - Rapides Parish - accessed 2011-12-06.
  2. ^ Quickfacts.census.gov - Alexandria - accessed 2011-12-06.
  3. ^ Find a County, National Association of Counties, http://www.naco.org/Counties/Pages/FindACounty.aspx 2011年6月7日閲覧。 
  4. ^ Fulton, Alexander”. lahistory.org (Louisiana Historical Association). 2010年10月9日閲覧。
  5. ^ John D. Winters, The Civil War in Louisiana, Baton Rouge: Louisiana State University Press, 1963, ISBN 0-8071-0834-0, p. 333
  6. ^ Winters, p. 333
  7. ^ Census 2000 U.S. Gazetteer Files: Counties”. United States Census. 2011年2月13日閲覧。
  8. ^ United States Census Bureau. “Louisiana Population of Counties by Decennial Census: 1900 to 1990”. 2008年2月2日閲覧。
  9. ^ "Time in Prison." Louisiana Department of Public Safety & Corrections. 28/40. September 23, 2010.
  10. ^ "J. Levy Dabadie Correctional Center." Louisiana Department of Public Safety and Corrections. Retrieved on September 23, 2010.

外部リンク[編集]

地理[編集]

座標: 北緯31度12分 西経92度32分 / 北緯31.20度 西経92.54度 / 31.20; -92.54