コンコルディア郡 (ルイジアナ州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイジアナ州コンコルディア郡
コンコルディア郡の位置を示したルイジアナ州の地図
郡のルイジアナ州内の位置
ルイジアナ州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1807年
郡名の由来 恐らく特許土地の「ニューコンコルディア」から
郡庁所在地 ビデイリア
最大の都市 ビデイリア
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

1,939 km2 (749 mi2)
1,802 km2 (696 mi2)
137 km2 (53 mi2), 7.05%
人口
 - (2010年)
 - 密度

20,822人
11人/km2 (29人/mi2)
標準時 中部: UTC-6/-5

コンコルディア郡: Concordia Parish)は、アメリカ合衆国ルイジアナ州の北部に位置するである。2010年国勢調査での人口は20,822人であり、2000年の20,247人から2.8%増加した[1]郡庁所在地ビデイリア市(人口4,299人[2])であり[3]、同郡で人口最大の町でもある。コンコルディア郡はナチェズ (ミシシッピ州)小都市圏に属している。

歴史[編集]

前史時代[編集]

フログモア・マウンド遺跡、フェリデイのアメリカ国道84号線沿いにある

コンコルディア郡となった地域にはヨーロッパ人の開拓が始まる数千年前から、様々なインディアン部族が住んでいた。マークスビル文化、トロイビル文化、コールズクリーク文化およびプラークミン文化の人々が、地域全体に集落やマウンドを築いた。著名な例としては、サイプレスグローブ・マウンド、デプラト・マウンズ、フログモア・マウンド遺跡、ラマークランディング・マウンドがある。

郡の成立以降[編集]

コンコルディアという郡名はラテン語の「調和」を意味している。

南北戦争の間。コンコルディア郡は頑強に南軍を支持した。歴史家のジョン・D・ウィンターズはその著書『ルイジアナにおける南北戦争』(1863年)で、コンコルディアを「プランテーションが支配的な郡、(1862年)3月初旬に南軍に対する異常な愛国心を示した。戦中に結成された3個中隊に仕官した者はだれでも100ドルの報奨金が支給された。隣接するカタホウラ郡で結成された2個中隊のどちらかに加わった者には報奨金50ドルが支払われた。この報奨金のために5万ドルの資金を手当てする案が住民投票に掛けられ、...志願兵の家族の救済のためには4万ドルが手当てされた。」と記している[4]

北軍がこの地域を解放すると、郡内のプランテーションは黒人労働者を雇用することに関する「お役所仕事」に影響された。土地の賃借人も所有者も労働に関する規制が実行できないものであることがわかった[5]

政治[編集]

コンコルディア郡は伝統的に民主党支持だったが、2008年の大統領選挙では、民主党候補、イリノイ州バラク・オバマが3,766票、39.5%しか得られなかったのに対し、共和党候補、アリゾナ州ジョン・マケインは5,668票、59.5%を獲得した[6]。2004年の場合も2008年と同様、共和党候補の現職ジョージ・W・ブッシュが5,427票、60%を得たのに対し、民主党候補、マサチューセッツ州ジョン・ケリー上院議員は3,446票、38%に留まった。地方役員の選挙では民主党が圧倒しており、共和党は滅多に戦える領域に達していない。

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は749平方マイル (1,940 km2)であり、このうち陸地696平方マイル (1,803 km2)、水域は53平方マイル (137 km2)で水域率は7.05%である[7]

コンコルディア郡は完全に農業用沖積層低地である。ワシタ川が西側境界を流れ、レッド川が南側境界、ミシシッピ川が東側境界になっている。3つの河川には大規模な堤防が施されている。

主要高規格道路[編集]

隣接する郡[編集]

国立保護地域[編集]

  • バイユー・ココドリー国立野生生物保護区(部分)

人口動態[編集]

年度 人口 変動率
1900 13,559
1910 14,278 5.3%
1920 12,466 −12.7%
1930 12,778 2.5%
1940 14,562 14.0%
1950 14,398 −1.1%
1960 20,467 42.2%
1970 22,578 10.3%
1980 22,981 1.8%
1990 20,828 −9.4%
2000 20,247 −2.8%
2010 20,822 2.8%
Concordia Parish Census Data[8]

以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 20,247人
  • 世帯数: 7,521 世帯
  • 家族数: 5,430 家族
  • 人口密度: 11人/km2(29人/mi2
  • 住居数: 9,148軒
  • 住居密度: 5軒/km2(13軒/mi2

人種別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 27.8%
  • 18-24歳: 8.9%
  • 25-44歳: 25.6%
  • 45-64歳: 23.0%
  • 65歳以上: 14.7%
  • 年齢の中央値: 37歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 95.2
    • 18歳以上: 91.9

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 33.0%
  • 結婚・同居している夫婦: 49.0%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 19.0%
  • 非家族世帯: 27.8%
  • 単身世帯: 25.3%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 11.5%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.60人
    • 家族: 3.12人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 22,742米ドル
    • 家族: 28,629米ドル
    • 性別
      • 男性: 27,453米ドル
      • 女性: 18,678米ドル
  • 人口1人あたり収入: 11,966米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 29.1%
    • 対家族数: 24.3%
    • 18歳未満: 42.0%
    • 65歳以上: 20.6%

都市と町[編集]

コンコルディア郡図
  • クレイトン
  • フェリデイ

国勢調査指定地域[編集]

  • ウェストフェリデイ

未編入の町[編集]

  • モントレー

教育[編集]

コンコルディア郡教育委員会が地元の公立学校を運営している。

脚注[編集]

  1. ^ Quickfacts.census.gov - Concordia Parish - accessed 2011-12-06.
  2. ^ American FactFinder - Vidalia - accessed 2011-12-06.
  3. ^ Find a County, National Association of Counties, http://www.naco.org/Counties/Pages/FindACounty.aspx 2011年6月7日閲覧。 
  4. ^ John D. Winters, The Civil War in Louisiana, Baton Rouge: Louisiana State University Press, 1963, ISBN 0-8071-0834-0, pp, 74-75
  5. ^ Winters, p. 409
  6. ^ Louisiana general election returns, November 4, 2008”. sos.louisiana.gov. 2010年6月15日閲覧。
  7. ^ Census 2000 U.S. Gazetteer Files: Counties”. United States Census. 2011年2月13日閲覧。
  8. ^ United States Census Bureau. “Louisiana Population of Counties by Decennial Census: 1900 to 1990”. 2008年2月2日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯31度26分 西経91度38分 / 北緯31.44度 西経91.64度 / 31.44; -91.64