ミルドレッド・ハリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミルドレッド・ハリス
Mildred Harris
ミルドレッド・ハリスMildred Harris
ミルドレッド・ハリス(1918年から1920年ごろ)
別名義 ミルドレッド・ハリス・チャップリン
生年月日 1901年11月29日
没年月日 1944年7月20日(満42歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ワイオミング州 シャイアン
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 女優
ジャンル 映画
活動期間 1912年 - 1944年
活動内容 1912年:子役デビュー
1916年:『イントレランス
1918年チャップリンと結婚
1920年:チャップリンと離婚
1944年:死去
配偶者 チャールズ・チャップリン (1918年 - 1920年)
エヴェレット・テレンス・マクガヴァン (1924年 - 1929年)
「ビル」ウィリアム・P・フレッケンシュタイン (1934年 - 1944年)

ミルドレッド・ハリスMildred Harris, 1901年11月29日-1944年7月20日)はアメリカ合衆国子役出身の女優。11歳のときに子役として役者業をスタートさせて人気を博し、D・W・グリフィス監督の映画『イントレランス』(1916年)ではハーレムの少女として出演した。1920年代を通じて主演級の女優として活躍したが、やがてトーキー映画の時代が到来すると人気が衰退した。1930年の映画『ノー・ノー・ナネット英語版』では一時盛り返したものの、1940年代にかけては端役としていくつかの映画に出た程度で、1945年公開の映画『素晴らしき犯罪を起こして』 (Having A Wonderful Crime) が最後の出演作となった。

1918年から1920年にかけてはチャールズ・チャップリンの最初の妻として結婚生活を送ったが、やがて性格の不一致などの理由で訴訟が起こり、離婚という結果に終わった。ハリスはチャップリンと離婚後、二度再婚した。

生涯[編集]

ミルドレッド・ハリスは1901年11月29日、ワイオミング州シャイアンで生まれる。11歳になった1912年、ハリスはフランシス・フォードトーマス・H・インスに見いだされ、短編映画『郵便電報』 (The Post Telegrapher) でデビューした。ハリスは同世代の男性子役ポール・ウィリス英語版の相手役をしばしば務め、1914年にはオズ・フィルム・マニュファクティング・カンパニー英語版と契約して『オズの魔法のマント英語版』にフルッフの役で、『オズのかかし陛下英語版』にボタン・ブライトの役で出演。15歳になった1916年にはパラマウント映画の所属となり[1]、グリフィスの大作『イントレランス』にハーレムの少女役として出演する。パラマウント時代からは、のちのハリウッドの実力者であるルイス・B・メイヤーの影響下に入った[2]

1920年代に入ると、ハリスは子役から脱皮して主演を張れる女優陣の一人となり、コンラッド・ネイゲル英語版ミルトン・シルズ英語版ライオネル・バリモアロッド・ラ・ロック英語版およびオーウェン英語版トム英語版のムーア兄弟といった主演級男優の相手役を数多く務めた。1928年にはフランク・キャプラ監督の『パワー・オブ・ザ・プレス英語版』にダグラス・フェアバンクス・ジュニアジョバイナ・ラルストン英語版らとともに出演した。しかし、トーキー時代が到来すると、ハリスのキャリアは衰退期に入る。ハリスはヴォードヴィルバーレスクに活動の場を求め、コメディアンのフィル・シルバース英語版とも共演。1930年にはブロードウェイ・ミュージカルを映画化した『ノー・ノー・ナネット』での演技が賞賛を浴びた。1936年には三ばか大将シリーズの一つである『ムービー・マニアック英語版』に出演し、ペディキュアを受けながらカーリー・ハワード英語版に足を裏を叩かれ驚く、神経質で厳しい若手の映画女優の役を演じた。

1940年代に入って、ハリスはセシル・B・デミル監督の世話を受け、1デミルは1942年製作の『絶海の嵐英語版』にハリスを端役として出演させた。この映画には、当時ハリスの最初の夫であるチャップリンと「結婚」していたポーレット・ゴダード[注釈 1]も出演していた。1944年にデミル作品の『軍医ワッセル大佐英語版』に端役として出演したのち、1944年7月20日に肺炎のため42歳で急死。クレジットなしのゲストとして出演した1945年公開の『素晴らしき犯罪を起こして』が遺作となった。ハリスはハリウッド・フォーエバー墓地英語版に葬られている。

私生活[編集]

チャップリンと結婚していたころのミルドレッド・ハリス

冒頭に記したように、ミルドレッド・ハリスはチャップリンの最初の妻であるが、そのなれ初めは1916年に求めることができる。この年、チャップリンはサミュエル・ゴールドウィン主宰のパーティーに呼ばれ、この場で当時16歳のハリスと出会うこととなった[1]。チャップリンはハリスの「子どものような性格」に魅入られたが、チャップリンもハリスおよびハリスの母も結婚の噂をしきりに否定していた[3]。しかし、流れはチャップリンに分が悪い方向に流れる。『担へ銃』製作中のチャップリンが「ハリスを「うっかり」はらませた」ことがわかり、スキャンダル対策もあって1918年9月23日に急遽結婚することとなった[4]。ところが、この妊娠話自体が「狂言」であり、あわてて結婚したチャップリンにとっては、別の意味で打撃となった[5]。ハリスとの結婚後のチャップリンは気分が乗らず、次作『サニーサイド』はその影響もあってか「成功とは言い切れない作品」と評された[6]。翌1919年7月7日、「本当に」妊娠したハリスは男児を出産し、ノーマン・スペンサー・チャップリンと命名されるが、重い身体障害を持って生まれ、わずか3日後の7月10日に亡くなった[7][8]。ノーマンの墓石にはハリスのアイデアで「ネズミちゃん」と刻まれた[7]

ノーマンが亡くなって10日後、チャップリンはかねて企画中の作品のための子役オーディションを開催[7]。「企画中の作品」とはチャップリン初の長編である『キッド』であり、オーディションで選ばれたのがジャッキー・クーガンである[9]。この『キッド』製作中にチャップリンとハリスの間に深い溝が刻まれる。結婚生活の初期は順調だったものの、もともとチャップリンの目線では、ハリスは「はなはだ知的興味の乏しい女」であり[8]、ハリスはハリスで仕事に没頭して自分にかまってくれないチャップリンに不満であった[10]。また、ハリスはチャップリンの悪口をマスコミを通じてしゃべり、それがチャップリンに苛立ちと制作意欲の減退を与える結果となった[11]。また、ハリスはチャップリンがアラ・ナジモヴァと不倫関係になっていると思い込んでいた[12]。1920年3月17日、ハリスは離婚申し立ての訴訟を起こし、これに『キッド』の取り扱いを巡ってチャップリンと反目していたファースト・ナショナル英語版がハリス側に乗っかり、『キッド』の撮影フィルムを差し押さえようとする策に出る[8][13]。チャップリンは薄々このたくらみに気づいていたため、わずかな側近とともにハリウッドを脱出してソルトレイクシティに移り、この地で『キッド』の編集作業を行った[8][14]。裁判は8月から始まり、チャップリン側は『キッド』に手出しをしなければ異議は唱えないと主張[15]。1920年11月19日に、ハリスに10万ドルの慰謝料と共有財産の一部が支払われる条件で離婚が成立して、チャップリンとの結婚生活は終わった[16][17]

チャップリンと離婚したハリスは、「元チャップリン夫人」という「称号」を手に入れた[18]。1924年にはエヴェレット・テレンス・マクガヴァンと再婚し、1925年にエヴェレット・テレンス・マクガヴァン・ジュニアを出産したが、1929年11月26日に再び離婚。1934年にはノースカロライナ州アシュビルフットボールプレイヤーのウィリアム・フレッケンシュタイン英語版と三度目の結婚をし[19]、三度目の結婚生活は1944年にハリスが亡くなるまで続いた。

結婚生活以外の事項では、ハリスは1930年にウォリス・シンプソンと知り合い、シンプソンとプリンス・オブ・ウェールズを引き合わせた一人となった[20]。プリンス・オブ・ウェールズはイギリス王エドワード8世として即位ののち、王位を捨ててシンプソンと結婚した。ハリス自身もプリンス・オブ・ウェールズやルイス・マウントバッテン卿らと親しく、チャップリンとの離婚訴訟の真っ最中に一緒にダンスを踊った仲でもあった[21]。ハリスはプリンス・オブ・ウェールズについて次のように語った。「皇太子はすっきりとした、すてきな人だわ。それにダンスがとてもお上手なの。あの方とのダンスすばらしかったわ」[22]。社交界との付き合いもあったハリスであったが、1922年10月3日には破産を申請している[23]

後世[編集]

ハリスはハリウッドの殿堂ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームのハリウッド大通り6307番に星を持っている。また、1992年公開のリチャード・アッテンボロー監督によるチャップリンの伝記映画『チャーリー』では、ミラ・ジョヴォヴィッチがハリスを演じた。偶然であるが、上述のようにハリスがチャップリンと出会ったのが16歳のときであるが、ジョヴォヴィッチがハリスを演じたのも16歳のときで、この時ジョヴォヴィッチは俳優のショーン・アンドリュース英語版と結婚していたが、ハリスと同じように離婚している[24]。三度の結婚歴も2012年現在、ハリスと同じである。

主な出演作品[編集]

公開年 題名 役名 備考
1912 The Post Telegrapher
The Triumph of Right 小さな娘
His Nemesis
The Frontier Child 開拓民の子ども
His Squaw
His Sense of Duty
1913 A Shadow of the Past
The Wheels of Destiny
The Way of a Mother
The Miser
The Drummer of the 8th
A Child of War
A True Believer
The Seal of Silence
Granddad ミルドレッド
Borrowed Gold
1914 Romance of Sunshine Alley
O Mimi San
The Courtship of O San
Wolves of the Underworld
The Colonel's Orderly
The Social Ghost エセル
Shadows of the Past
A Frontier Mother
The Sheriff of Bisbee
Shorty and the Fortune Teller
When America Was Young
Mildred's Doll ミルドレッド
The Magic Cloak of Oz ノーランドの「フルッフ」マーガレット王女
His Majesty, the Scarecrow of Oz ボタン・ブライト
Jimmy マリー
1915 The Lone Cowboy
The Warrens of Virginia ベティ・ウォーレン
Enoch Arden 子ども (クレジットなし)
The Little Matchmaker ミルドレッド
The Little Soldier Man ミルドレッド
The Absentee イノセンス
A Rightful Theft
The Old Batch 最初の養女
The Choir Boys
The Little Lumberjack
The Indian Trapper's Vindication ドロシー・キング - 小さな娘
1916 Hoodoo Ann ゴールディ アメリカ議会図書館収蔵
イントレランス
Intolerance
ハーレムの少女 (クレジットなし)
The Old Folks at Home マージョリー 現存
The Matrimaniac (クレジットなし), アメリカ議会図書館収蔵
The Americano 速記者 アメリカ議会図書館収蔵
1917 The Bad Boy マリー 紛失
A Love Sublime ユライディス 紛失
An Old Fashioned Young Man 紛失
Time Locks and Diamonds ロリータ・メンドーサ 紛失
Golden Rule Kate ケイトの姉・オリーブ アメリカ議会図書館収蔵
The Cold Deck アリス・レイフ 紛失
The Price of a Good Time リニー 紛失
1918 The Doctor and the Woman シドニー・ページ 紛失
Cupid by Proxy ジェーン・スチュワート 紛失
For Husbands Only トニ・ワイルド 紛失
Borrowed Clothes マリー・カーク 紛失
1919 When a Girl Loves ベス 紛失
Home ミリセント・ランキン 紛失
Forbidden 「マディー」アーヴィン 紛失
1920 Old Dad ダフネ・ブレトン 紛失
The Inferior Sex アライザ・ランダル 紛失 (ミルドレッド・ハリス・チャップリン名義)
Polly of the Storm Country ポリー 紛失 (ミルドレッド・ハリス・チャップリン名義)
The Woman in His House ヒルダ 紛失 (ミルドレッド・ハリス・チャップリン名義)
1921 Habit イレーヌ・フレッチャー 紛失
A Prince There Was キャサリン・ウッズ 紛失
Fool's Paradise ローザ・デュシーヌ アメリカ議会図書館収蔵
1922 The First Woman 少女 紛失
1923 The Fog マデライン・テドン 残存?
The Daring Years スージー・ラモット 紛失
1924 The Shadow of the East ギリアン・ロック 紛失
By Divine Right 少女 紛失
Traffic in Hearts アリス・ハミルトン 紛失
One Law for the Woman ポリー・バーネス 紛失
In Fast Company バーバラ・ベルデン 紛失
Unmarried Wives ソンヤ王女 紛失
Stepping Lively 少女エヴェリン・ペンドリー 紛失
The Desert Hawk マリー・ニコルス 紛失
1925 Easy Money ブランチ・アモリー アメリカ議会図書館収蔵
Flaming Love チタ 紛失
Beyond the Border モリー・スミス 残存
The Dressmaker from Paris ジョアン・マクレガー 紛失 (per Lost Film Files)
Super Speed クレア・ナイト アメリカ議会図書館収蔵
Private Affairs アミー・ラフキン 紛失
My Neighbor's Wife 発明家の妻 紛失
A Man of Iron クレア・ボウドイン 紛失
The Fighting Cub 紛失
The Unknown Lover ゲイル・ノーマン 紛失
Soiled ペット・ダーリング 紛失
1926 Mama Behave チャーリーの妻、ロリータ・チャーズ 残存
The Isle of Retribution レノール・ハーデンワース 紛失
The Self Starter 紛失
Dangerous Traffic ヘレン・レオナルド 残存
The Wolf Hunters 紛失
The Mystery Club ケイト・ヴァンデーヴァー 紛失 (ユニバーサル映画の記録による)
Cruise of the Jasper B アガサ・フェアヘイヴン アメリカ議会図書館収蔵
1927 The Show Girl マイジー・ウーデル アメリカ議会図書館収蔵, カリフォルニア大学フィルム・テレビ収蔵庫収蔵
One Hour of Love グェン 紛失 (ティファニーの記録による)
Husband Hunters シンシア・ケーン 紛失 (ティファニーの記録による)
Wandering Girls マクシーヌ 紛失 (コロンビア映画の記録による)
Wolves of the Air マルセリーヌ・マニング 紛失
Burning Gold 紛失
She's My Baby クレア・ダルトア 紛失
Rose of the Bowery 紛失
The Swell-Head キティ 紛失 (コロンビア映画の記録による)
Sumuru ヘレン・グラハム アメリカ議会図書館収蔵
Out of the Past ドーラ・プリンティス 紛失
The Adventurous Soul ミリアム・マーティン アメリカ議会図書館収蔵
1928 The Last Lap
Hearts of Men アリス・ウェストン
The Heart of a Follies Girl フローライン
Lingerie マリ
The Speed Classic シャリア・ヴァン・ハウテン
Melody of Love マデロン
The Power of the Press マリー・ウェストン 現存
1929 Side Street バニー 現存
Sea Fury
1930 No, No, Nanette ベティ
Melody Man マーサ
Ranch House Blues
1935 Lady Tubbs 上流階級の女性 (クレジットなし)
The quiero con locura (不明)
Never Too Late マリー・ロイド・ハートリー
1936 Movie Maniacs 女優
Great Guy ビット・ロール (クレジットなし)
1942 絶海の嵐
Reap the Wild Wind
女性ダンサー (クレジットなし)
Holiday Inn 女性 (クレジットなし)
(未確認)
1944 軍医ワッセル大佐
The Story of Dr. Wassell
オランダの看護婦 (クレジットなし)
Fun Time ティリー (クレジットなし)
Hail the Conquering Hero 海兵大佐の妻 (クレジットなし)
1945 Having a Wonderful Crime (ゲスト) (クレジットなし):遺作

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ポーレット・ゴダードはチャップリンの三番目の妻と説明されることもある一方で、チャップリンの従兄弟であるベティ・ヘドリックによればポーレット・ゴダードとは結婚しておらず、また結婚の法的な根拠も見いだせない(#大野 (2007) p.8 注)。

出典[編集]

  1. ^ a b #ロビンソン (上) p.307
  2. ^ #ロビンソン (上) p.324
  3. ^ #ロビンソン (上) pp.307-308
  4. ^ #ロビンソン (上) p.308
  5. ^ #ロビンソン (上) p.309
  6. ^ #ロビンソン (上) pp.309-312
  7. ^ a b c #ロビンソン (上) p.315
  8. ^ a b c d #大野 (2005) p.90
  9. ^ #ロビンソン (上) pp.315-319
  10. ^ #ロビンソン (上) p.309,323
  11. ^ #ロビンソン (上) p.323
  12. ^ McLellan, Diana. 2000. The Girls: Sappho Goes to Hollywood London: Robson Books. 1-86105-381-9. p.28
  13. ^ #ロビンソン (上) p.323, pp.326-327
  14. ^ #ロビンソン (上) p.327
  15. ^ #ロビンソン (上) pp.327-328
  16. ^ #ロビンソン (上) p.328
  17. ^ Charles J. Maland. 1991. Chaplin and American Culture: The Evolution of a Star Image. Princeton University Press. pp.43-44.
  18. ^ #大野 (2005) p.91
  19. ^ Mason City Globe Gazette , March 19, 1934,p. 18, Mason City Globe Gazette online on Newspaperarchive.com
  20. ^ #Mildred Harris
  21. ^ #ロビンソン (上) pp.324-325
  22. ^ #ロビンソン (上) p.325
  23. ^ #ロビンソン (上) p.443
  24. ^ Milla Jovovich”. newfaces.com. 2012年11月10日閲覧。

参考文献[編集]

サイト[編集]

印刷物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]