ミネルバ共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミネルバ共和国(-きょうわこく)とは、アメリカ合衆国マイケル・オリバーが、太平洋に浮かぶミネルバリーフen)で作ろうとしたミクロネーション

ミネルバ共和国
Republic of Minerva
ミネルバの国旗
国旗
国の標語:Land of the Rising Atoll
英語 : 環礁出ずる国)
国歌ミネルバ共和国国歌
ミネルバの位置
公用語 英語
首都 不明
最大の都市 不明
政府
元首等 モリス・C・デイヴィス
ミネルバ共和国大統領 モリス・C・デイヴィス
面積
総計 16.3km2???位
水面積率 極僅か
人口
総計(xxxx年 1人(???位
人口密度 xxx人/km2
GDP(自国通貨表示)
合計(xxxx年 xxx,xxxミネルバ・ドル
GDP(MER
合計(xxxx年 xxx,xxxドル(???位
GDP(PPP
合計(xxxx年 xxx,xxxドル(???位
1人あたり xxxドル
建国
状態の確立 1972年1月19日
通貨 ミネルバ・ドル???
時間帯 UTC 不明(DST:不明)
ISO 3166-1 不明
ccTLD 不明
国際電話番号 不明

概要[編集]

ミネルバはもともと、1852年にアメリカ人捕鯨漁師達が発見した。太平洋戦争中にアメリカ軍がこの環礁を占拠する1942年頃までは特にここを領有するものはいなかった。

1971年にオーストラリアからの砂を積載した船がやってきて埋め立てをおこない、1972年1月19日に独立を宣言した。2月にはモリス・C・デイヴィス(Morris C. Davis)が大統領として選出されたとされる。だが、周辺のトンガフィジーナウル西サモアクック諸島とオーストラリア、ニュージーランドはこれについて協議をおこない、その結果トンガ人が過去からこの環礁を漁業従事中に立ち寄っていたとして、トンガが領有権を主張することとなった。その後トンガによって島のミネルバ共和国の旗が降ろされ島は正式にトンガ領となった。しばらくしモリス・C・デイヴィスはオリバーから「解雇」され混乱のうちに建国計画は挫折した。

1982年には再びモリス・C・デイヴィス率いるアメリカ人グループがミネルバ環礁を占拠する事件が起きたが、ほどなくトンガの部隊によって強制排除されている。

その後もミネルバ再建を試みるグループは複数存在するようである。そのうちの一つは、米国・サウスカロライナ州チャールストン市に本拠を置く人物が2003年10月に設立した団体で、この人物は団体のウェブサイトで“カルビン公(Prince Calvin)”とだけ名乗っており、同“公爵”はミネルバを“公国(principality)”に格上げしたいとの意向であるが、他の団体員の方は従来どおりの“共和国”としての存続を主張している。しかし、このような団体が実際にミネルバリーフを占拠するなどの事態は今のところ起こっていない。

2005年11月、フィジーはミネルバリーフの領有権に関連する訴状を国際海底機構(ISBA)に提出した。これに対してトンガは反訴請求を提出し、ミネルバ“公国”のグループも同様に反訴請求を提出している。

硬貨[編集]


外部リンク[編集]

座標: 南緯23度23分 西経178度58分 / 南緯23.383度 西経178.967度 / -23.383; -178.967