ボビー・キンボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボビー・キンボール
}
基本情報
出生名 Robert Troy Kimball
出生 1947年3月29日(67歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 テキサス州オレンジ
ジャンル ロックAC
職業 シンガーセッション・ミュージシャン
担当楽器
キーボード
パーカッション
活動期間 1970年代 – 現在
共同作業者 TOTO, The Levee Band,
S.S. Fools, Kayak, ソロ
公式サイト www.bobbykimball.com

{{{Influences}}}

ボビー・キンボール1947年3月29日 - [1]、本名:Robert Troy Kimball ロバート・トロイ・キンボール)は、アメリカ合衆国シンガーロックバンドTOTOの歴代シンガーの中でも最もよく知られている。

若年期[編集]

キンボールはルイジアナ州ヴィントンで育ったが、ヴィントンには産科病院がなかったため、隣町のテキサス州オレンジで生まれた[1]。幼少時から歌い始め、音楽一家の中で歌うこととピアノにも手を出して青春を過ごした。1970年代を通して地元ルイジアナ州ニューオーリンズの様々なバンドボーカリストを務めた。その中には、のちにLe RouxとなるThe Levee Bandが含まれていた。1976年、S.S. Foolsに加入した。このバンドではリードボーカリストの他にキーボード奏者も務めた。同年、S.S. Foolsはバンド名と同名のアルバムをリリースしたが、最初のツアーのさなかに解散してしまった。

TOTOへの加入[編集]

1977年、キンボールはルイジアナを去り、ロサンゼルスに移り住んだ。そこで彼は5人のセッションミュージシャンに加わると共に6人でTOTOを結成した。彼はバンドへのオーディションソングとして自身で書いた"You are the Flower"[2]を提供した。その曲は彼らのデビューアルバム『TOTO(邦題:宇宙の騎士)』にも収録されている。

広く知れ渡っている風評として、本名の苗字が実はトトース(Toteaux)であり、バンド名TOTOの由来がそこから来ている、というものがある。この風評は実際はTOTOの初代ベーシストであるデヴィット・ハンゲイトによるジョークである[3]。このジョークは、一般にTOTOの由来としていつの間にか真実味を帯びてしまい、30年近く経過した現在ですら信じる者が多い結果となってしまった。なお、キンボールはれっきとした本名である。

TOTOでは4枚のスタジオ・オリジナル・アルバムに参加。1982年グラミー賞を獲得した『TOTO IV(邦題:聖なる剣)』に引き続く1984年の5つめのアルバム『Isolation(邦題:アイソレーション)』制作中にドラッグと私的な問題が他のメンバー間で衝突を引き起こし、TOTOから脱退した[4]。制作中にはメンバーだったためか、IsolationにはLionなど彼がクレジットされた楽曲も存在している。

TOTO以後[編集]

TOTOを去った後、キンボールはFar Corporation[5](後にグラミー賞を剥奪される不運な口パクユニットミリ・ヴァニリを世に送り出す)のフランク・フェーリアンの下で彼自身のキャリアを磨くためドイツに移住した。彼はセッションシンガーとしても活動し続けた。そして、様々なアーティストのバック・ボーカルとして参加。1989年1990年の短い期間、TOTO復帰を前提に『Past to Present 1977-1990(邦題:グレーテストヒッツ)』のレコーディングに参加したが、TOTOの所属レコード会社の意向で結局南アフリカ出身のシンガージャン=ミシェル・バイロンが正式メンバーとして迎えられ、キンボールが録音した楽曲は収録されなかった[4]。しかしバイロンはその後まもなく解雇された。以後1991年から1998年まではギタリストボーカリストであるスティーヴ・ルカサーがTOTOのメイン・ボーカルの役目を引き継いだ[4]。1990年後半、ライブアルバム『Classic Toto Hits』をリリースした。その後何年かにわたり、様々なTOTOのヒット曲をリリースし続けた[5]。それらの中にはフランクフルトロックオーケストラと共にレコーディングした3つのアルバムも含まれる[5]1994年、初のソロアルバムとなる『Rise Up』をリリースした[5]

TOTO復帰後[編集]

1998年、TOTO20周年を記念した作品「TOTO XX<1977-1997>」のリリースに合わせ、歴代メンバーと共にステージに立った。この作品には前述の「Past to Present 1977-1990」の為にレコーディングされた楽曲も収録されている。この20周年での共演でジョセフ・ウィリアムズとキンボールのどちらかが正式に復帰するのではないかと噂され、ファンも期待していたが、それに応えるようにTOTOの正式メンバーに復帰。TOTOは1982年の『聖なる剣』以来となるキンボールの参加アルバム『Mindfields』を製作した。TOTOは1999年から2000年までの間『Mindfields』のツアーを行った。2000年にキンボールは既にリリースされているシングル「Kristine」を収録したセカンドソロアルバム『All I Ever Needed』をリリースした[5]2002年にはカバーアルバム『Through the Looking Glass』をリリースした。2005年、新メンバーグレッグ・フィリンゲインズを迎えたTOTOは2006年2月に『Falling In Between』をリリース。『Mindfields』以来のスタジオアルバムであった。しかし2007年末、2008年前半のツアーを持って無期限の活動停止を宣言。同年6月にはスティーヴ・ルカサーが「終了した」と伝え、7月にはTOTOは解散したことが正式に発表された。キンボールは現在、後続の意欲的な若手歌手を支援するウェブサイトを主催している[6]。 2010年、元イエスのメンバーであるトニー・ケイビリー・シャーウッドらとYOSOなるバンドを結成し(バンド名は Yes + TOTO の捩り)、ライヴ活動とレコーディングを行なう。ライヴではTOTOの曲も演奏されている。

TOTOは2010年より、筋萎縮性側索硬化症(ALS、またはルー・ゲーリック病とも)に冒され闘病中のマイク・ポーカロへの応援ツアーとして一時的に再結成[7]しているが、これには3代目のジョセフが参加し、キンボールは参加しなかった。理由については「スケジュールがあわず」と回答しているが、同時に「私は離れていてもTOTOが大好きなので、今後そういう誘いがあるなら喜んで参加する」とも続けた[8]

その他の活動[編集]

キンボールはオランダのバンドKayakに2003年の彼らのツアー「Merlin - Bard of the Unseen」に加入し、アーサー王伝説をモチーフとしたこの作品でランスロットの役を詠唱した。

脚注[編集]

  1. ^ a b Bobby Kimball Encyclopedia
  2. ^ Bobby Kimball Q&A
  3. ^ Robert's Toto Homepage
  4. ^ a b c Steve Lukather interview 2004
  5. ^ a b c d e Bobby Kimball Discography
  6. ^ Bobby Kimball Official Site
  7. ^ 2014年現在は一時的の枠を超え、活動を継続している。
  8. ^ YOSOのアルバム「Elements」リリースに関するインタビューにて発言。http://www.cdjournal.com/main/cdjpush/yoso/1000000487

外部リンク[編集]