ベル郡 (テキサス州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テキサス州ベル郡
Belton Courthouse (1).jpg
ベルトン市にあるベル郡庁舎
ベル郡の位置を示したテキサス州の地図
郡のテキサス州内の位置
テキサス州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1850年
郡庁所在地 ベルトン
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

2,818 km2 (1,088 mi2)
2,745 km2 (1,060 mi2)
73 km2 (28 mi2), 2.59%
人口
 - (2010年)
 - 密度

310,235人
113人/km2 (292.7人/mi2)
標準時 中部: UTC-6/-5
ウェブサイト www.bellcountytx.com

ベル郡: Bell County)は、アメリカ合衆国テキサス州の中央部に位置するである。2010年国勢調査での人口は310,235人であり、2000年の237,974人から30.4%増加した[1]郡庁所在地ベルトン市(人口18,216人[2])であり[3]、同郡で人口最大の都市はキリーン市(人口127,921人[4])である。テキサス州の人口重心が郡内のホランドの町にある[5]。ベル郡は1850年に設立され、郡名は第3代テキサス州知事ピーター・ハンスボロ・ベルに因んで名付けられた。

ベル郡は、キリーンテンプルフォート・フッド大都市圏に属している。

年譜[編集]

  • 1834年-1835年、テネシー州ナッシュビルからスターリング・C・ロバートソンの率いた一団が、リトルリバーに入りロバートソン・コロニーを築いた[6]
  • 1836年、ランナウェイ・スクレイプによって、コロニーの開拓者がいなくなった[7]。再度入植されたが、エルムウッド・クリーク・ブラッド・スクレイプの後に再度いなくなった。テキサス・レンジャーのジョージ・イーラスがリトルリバーに砦を築いた[8]
  • 1843年-1844年、開拓者がコロニーに戻った[6]
  • 1845年、ベルトンにテキサス共和国がベイラー女性カレッジを設立した。後にメアリー・ハーディン=ベイラー大学になった[9]
  • 1850年、ベル郡が設立され、第3代テキサス州知事ピーター・ハンスボロ・ベルに因んで名付けられた。当時の人口は白人が600人と黒人奴隷が60人だった[6]
  • 1851年、ベルトンが郡庁所在地になった[10]
  • 1859年、この地域では最後のインディアン襲撃があった[6]
  • 1860年、ベル郡とミラム郡の郡境が再測量された。ベル郡の領域が現在の形になった[6]
ベル郡庁舎前の南軍兵士の像
  • 1861年、郡民の投票でアメリカ合衆国からの脱退を承認した[6]
  • 1862年-1865年、北軍の同調者と南軍の脱走者が「キャンプ・セイフティ」に隠れた[6]
  • 1867年、中央テキサスでは最初の女性運動であるベルトン女性コモンウェルスがマーサ・マクワーターによって結成された。この組織は虐待される女性を匿った[6]
  • 1865年-1877年、郡内のレコンストラクションは問題が多く、連邦軍がベルトンの町に入った。汚職、無法、人種差別が当たり前だった。クー・クラックス・クランの地方版もあった[6]
  • 1875年、テキサス州初の女性知事ミリアム・A・ファーガソンが郡内で生れた[6]
  • 1881年、ガルフ・コロラド・アンド・サンタフェ鉄道が郡内を初めて通り、テンプルにその本社が置かれた[6]
  • 1884年、現在ある郡庁舎が建設された。このルネッサンス復古調建物は建築家のジャスパー・N・プレストンと息子達が設計した[11]
  • 1905年、ベルトン・アンド・テンプル都市間電鉄が建設された[6]
  • 1920年代、クー・クラックス・クランが復活した[6]
  • 1925年、ミリアム・A・ファーガソンが州知事に就任した[12]
  • 1926年、テンプル・ジュニアカレッジ(後のテンプル・カレッジ)が開学した[13]
  • 1933年、ミリアム・A・ファーガソンが2回目の州知事に就任した[12]
  • 1942年、軍事訓練基地としてフッド砦が開設された[6]
  • 1956年、キリーン教育委員会が地元高校で人種差別撤廃を票決した[14]
  • 1965年、キリーン市でセントラル・テキサス・カレッジが設立された[14]
  • 1980年、キリーン市が郡内最大の都市になった[14]
  • 1991年、10月16日、ルビーの虐殺が起こった。ジョージ・ジョー・ヘナード・ジュニアが23人を殺し、20人を負傷させた後に自殺した。当時としては最大の大量銃撃事件だった。ヘナードは銃撃を始める前に「これはベル郡が私にさせたことだ。これは返礼の日だ」と叫んだ[15]
  • 1995年、ルビーの虐殺を受けて、ジョージ・W・ブッシュ知事が隠蔽武器に対する許可を求める新法に署名した
  • 2009年11月5日、フォート・フッド銃撃事件が起こった。ニダル・マリク・ハサン少佐が13人を殺し、30人を負傷させた

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は1,088平方マイル (2,817.9 km2)であり、このうち陸地1,060平方マイル (2,745.4 km2)、水域は28平方マイル (72.5 km2)で水域率は2.59%である[16]

主要高規格道路[編集]

隣接する郡[編集]

人口動態[編集]

人口推移
年度 人口
1860 4,799
1870 9,771 103.6%
1880 20,518 110.0%
1890 33,377 62.7%
1900 45,535 36.4%
1910 49,186 8.0%
1920 46,412 −5.6%
1930 50,030 7.8%
1940 44,863 −10.3%
1950 73,824 64.6%
1960 94,097 27.5%
1970 124,483 32.3%
1980 157,889 26.8%
1990 191,088 21.0%
2000 237,974 24.5%
2010 310,235 30.4%
U.S. Decennial Census[17]
Texas Almanac: 1850-2010[18]

以下は2010年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 310,235人
  • 世帯数: 114,035 世帯
  • 家族数: 80,449 家族
  • 人口密度: 87人/km2(295.2人/mi2
  • 住居数: 125,470軒
  • 住居密度: 34軒/km2(88軒/mi2

人種別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 28.9%
  • 18-24歳: 13.4%
  • 25-44歳: 31.9%
  • 45-64歳: 17.0%
  • 65歳以上: 8.8%
  • 年齢の中央値: 29歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 100.8
    • 18歳以上: 99.3

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 40.1%
  • 結婚・同居している夫婦: 56.6%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 12.3%
  • 非家族世帯: 27.5%
  • 単身世帯: 22.3%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 6.5%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.68人
    • 家族: 3.14人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 36,872米ドル
    • 家族: 41,455米ドル
    • 性別
      • 男性: 28,031米ドル
      • 女性: 22,364米ドル
  • 人口1人あたり収入: 17,219米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 12.1%
    • 対家族数: 9.7%
    • 18歳未満: 16.3%
    • 65歳以上: 9.8%

都市と町[編集]

ベル郡展示場、ベルトン市の南、州間高速道路35号線近くにある
  • リトルリバー・アカデミー
  • モーガンズポイントリゾート
  • ノーランビル
  • ロジャーズ
  • サラド
  • テンプル
  • トロイ

未編入の町[編集]

  • ディンドン
  • ハイデンハイマー
  • ペンドルトン
  • プレーリーデル

教育[編集]

ベル郡の公共教育は下記の独立教育学区が管轄している。

  • アカデミー独立教育学区
  • バートレットt独立教育学区(部分)
  • ベルトン独立教育学区
  • ブルースビル・エディ独立教育学区(部分)
  • コッペラスコーブ独立教育学区(部分)
  • フロレンス独立教育学区(部分)
  • ゲイツビル独立教育学区(部分)
  • ホランド独立教育学区(部分)
  • キリーン独立教育学区(部分)
  • ランパサス独立教育学区(部分)
  • ムーディ独立教育学区(部分)
  • ロジャーズ独立教育学区(部分)
  • ローズバッド・ロット独立教育学区(部分)
  • テンプル独立教育学区
  • トロイ独立教育学区
  • サラド独立教育学区

脚注[編集]

  1. ^ Quickfacts.census.gov - Bell County - accessed 2011-12-06.
  2. ^ Quickfacts.census.gov - Belton, Texas - accessed 2011-12-06.
  3. ^ Find a County, National Association of Counties, http://www.naco.org/Counties/Pages/FindACounty.aspx 2011年6月7日閲覧。 
  4. ^ Quickfacts.census.gov - Killeen, Texas - accessed 2011-12-06.
  5. ^ http://www.census.gov/geo/www/cenpop/statecenters.txt
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n Connor, Seymour V; Odintz, Mark. “Bell County, Texas”. Handbook of Texas Online. Texas State Historical Association. 2010年11月30日閲覧。
  7. ^ Covington, Carolyn Callaway. “Runaway Scrape”. Handbook of Texas Online. Texas State Historical Association. 2010年11月30日閲覧。
  8. ^ Cutrer, Thomas W. “George Bernard Erath”. Handbook of Texas Online. Texas State Historical Association. 2010年11月30日閲覧。
  9. ^ Brackney, William H (2009). Congregation and Campus: Baptists in Higher Education. Mercer University Press. p. 147. ISBN 978-0-88146-130-5. 
  10. ^ Belton, Texas”. Texas Escapes. Texas Escapes - Blueprints For Travel, LLC. 2010年11月30日閲覧。
  11. ^ Bell County Courthouse”. Texas Escapes. Texas Escapes - Blueprints For Travel, LLC. 2010年11月30日閲覧。
  12. ^ a b Huddleston, John. “Miriam Ferguson”. Handbook of Texas Online. Texas State Historical Association. 2010年11月30日閲覧。
  13. ^ Hellman, Paul T (2004). Historical Gazetteer of the United States. Routledge. p. 1088. ISBN 978-0-415-93948-5. 
  14. ^ a b c Leffler, John. “Killeen, Texas”. Handbook of Texas Online. Texas State Historical Association. 2010年11月30日閲覧。
  15. ^ Time Magazine, Oct, 28 1991
  16. ^ Census 2000 U.S. Gazetteer Files: Counties”. United States Census. 2011年2月13日閲覧。
  17. ^ U.S. Decennial Census
  18. ^ Texas Almanac: County Population History 1850-2010

外部リンク[編集]

座標: 北緯31度02分 西経97度29分 / 北緯31.04度 西経97.48度 / 31.04; -97.48