バーネット郡 (テキサス州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テキサス州バーネット郡
Burnet courthouse 2010.jpg
バーネット市にあるバーネット郡庁舎
バーネット郡の位置を示したテキサス州の地図
郡のテキサス州内の位置
テキサス州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1852年2月5日
郡名の由来 デイビッド・ガバヌーア・バーネット
郡庁所在地 バーネット
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

2,644 km2 (1,021 mi2)
2,580 km2 (996 mi2)
65 km2 (25 mi2), 2.44
人口
 - (2010年)
 - 密度

42,750人
13人/km2 (34人/mi2)
標準時 中部: UTC-6/-5
ウェブサイト www.burnetcountytexas.org

バーネット郡: Burnet County)は、アメリカ合衆国テキサス州の中央部、エドワーズ高原に位置するである。2010年国勢調査での人口は42,750人であり、2000年の34,147人から25.2%増加した[1]郡庁所在地バーネット市(人口5,987人[2])であり[3]、同郡で人口最大の都市はマーブルフォールズ市(人口6,077人[4])である。バーネット郡は1852年に設立され、郡名はテキサス共和国初代暫定大統領のデイビッド・ガバヌーア・バーネットに因んで名付けられた。

バーネット郡はその全体でマーブルフォールズ小都市圏を構成し、またオースティンラウンドロック・マーブルフォールズ広域都市圏にも属している[5]

年譜[編集]

バーネット郡庁舎前の退役兵記念碑
バーネット郡のテキサス・ヒルカントリーをうねりながら進むハイウェイ、奥はロングホーン・キャバーン州立公園
  • 紀元前4500年、バーネット郡となった地域に人類が住んでいた。後にはトンカワ族、リパン・アパッチ族コマンチ族が入ってきた[6]
  • 1820年代-1830年代、スティーブン・オースティンとグリーン・デウィットが測量を行い、インディアンと戦いながら探検した[6]
  • 1849年、アメリカ合衆国がクローガン砦を設立した[7]
  • 1848年、地域での最初の入植者が入った。[8]
  • 1851年、ライマン・ライトの指導下に20家族のモルモン教徒がハミルトン・クリーク沿いにコロニーを造り、後にモーマンミルと呼ばれた[9]
  • 1852年、テキサス州第4議会がベル郡トラヴィス郡ウィルソン郡の一部を合わせてバーネット郡を設立した[6]
  • 1853年、ハミルトンに最初の郵便局が開設されt[6]
  • 1860年、郡内には235人の奴隷がいた[6]

南北戦争後、元奴隷の中には土地を離れる者がいたが、多くは留まった。そのうちの一団がオートミールの東部の土地に入った。1870年、郡の黒人人口は358人に増加し、全体人口の増加と同じような増加率だった。しかし、1880年には248人に減少し、新しく白人が入ってきたので、1890年以降、黒人比率は3%足らずになった。農園や牧場で働く者もいたが、20世紀への変わり目にはマーブルフォールズに移動して町で働いた。

  • 1882年-1903年、鉄道が、バーネット、グラニットマウンテン、マーブルフォールズ、ランパサスを通った。レイクビクターとバートマンが出荷点になった。鉄道が雇用を創出したので、他の町は人口が減った[6]
  • 20世紀の世界恐慌時代、郡内の農夫は財政的な苦境に陥ったが、政府の公共事業で職を見つけた。コロラド川下流公社がブキャナンダムやロイ・B・インクス・ダムの建設に多くの者を雇用した[6]

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は1,021平方マイル (2,644.4 km2)であり、このうち陸地996平方マイル (2,579.6 km2)、水域は25平方マイル (64.7 km2)で水域率は2.44%である[10]

主要高規格道路[編集]

隣接する郡[編集]

国立保護地域[編集]

  • バルコーンズ・キャニオンランド国立野生生物保護区(部分)

人口動態[編集]

人口推移
年度 人口 変動率
1860 2,487
1870 3,688 48.3%
1880 6,855 85.9%
1890 10,747 56.8%
1900 10,528 −2.0%
1910 10,755 2.2%
1920 9,499 −11.7%
1930 10,355 9.0%
1940 10,771 4.0%
1950 10,356 −3.9%
1960 9,265 −10.5%
1970 11,420 23.3%
1980 17,803 55.9%
1990 22,677 27.4%
2000 34,147 50.6%
2010 42,750 25.2%
U.S. Decennial Census[11]
Texas Almanac: 1850-2010[12]

以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 34,147人
  • 世帯数: 13,133 世帯
  • 家族数: 9,665 家族
  • 人口密度: 13人/km2(34人/mi2
  • 住居数: 15,933軒
  • 住居密度: 6軒/km2(16軒/mi2

人種別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 24.5%
  • 18-24歳: 7.0%
  • 25-44歳: 26.0%
  • 45-64歳: 24.5%
  • 65歳以上: 17.9%
  • 年齢の中央値: 40歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 93.8
    • 18歳以上: 91.3

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 30.1%
  • 結婚・同居している夫婦: 61.5%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 8.6%
  • 非家族世帯: 26.4%
  • 単身世帯: 22.5%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 10.8%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.53人
    • 家族: 2.94人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 37,921米ドル
    • 家族: 43,871米ドル
    • 性別
      • 男性: 30,255米ドル
      • 女性: 20,908米ドル
  • 人口1人あたり収入: 18,850米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 10.9%
    • 対家族数: 7.9%
    • 18歳未満: 14.5%
    • 65歳以上: 7.9%

都市と町[編集]

  • バートラム
  • バーネット - 郡庁所在地
  • コットンウッドショアーズ
  • グラニットショールズ
  • ハイランドヘイブン
  • ホースシューベイ、一部はリャノ郡内
  • マーブルフォールズ
  • メドウレイクス

未編入の町[編集]

  • ブリッグス
  • フェアランド
  • ガンディ
  • レイクビクター
  • マホメット
  • ナルナ
  • モーマンミル
  • オーカラ
  • オートミール
  • スコビー
  • シャーウッドショアーズ
  • スミスウィック
  • スパイスウッド
  • サダス
  • ワトソン

著名な出身者[編集]

  • アダム・R・"ストーブパイプ"・ジョンソン、南軍の将軍、戦中に失明、1887年にマーブルフォールズを設立
  • ジェラルド・ライダ(1923年-2005年)、建設業者、牛牧場主、バーネット郡で生まれ育った
  • ローガン・バンデビア、テキサス初期の軍人、レンジャー、牛飼い、市民指導者、1852年にバーネット郡設立を請願し、バーネットの町を郡庁所在地にする推進者になった

脚注[編集]

  1. ^ Quickfacts.census.gov - Burnet County - accessed 2011-12-06.
  2. ^ Quickfacts.census.gov - Burnet, Texas - accessed 2011-12-06.
  3. ^ Find a County, National Association of Counties, http://www.naco.org/Counties/Pages/FindACounty.aspx 2011年6月7日閲覧。 
  4. ^ Quickfacts.census.gov - Marble Falls, Texas - accessed 2011-12-06.
  5. ^ http://www.whitehouse.gov/omb/assets/bulletins/b10-02.pdf
  6. ^ a b c d e f g Smryl, Vivian Elizabeth. “Burnet County, Texas”. Handbook of Texas Online. Texas State Historical Association. 2010年11月29日閲覧。
  7. ^ Fort Croghan”. Handbook of Texas Online. Texas State Historical Association. 2010年11月29日閲覧。
  8. ^ Goble, Carole A (2009). “Fort Croghan and the First Settlers”. Burnet (Images of America). Arcadia Publishing. pp. 9–30. ISBN 978-0-7385-7121-8. 
  9. ^ Bible, Edna Marie (2006). Never Go First. Trafford Publishing. p. 18. ISBN 978-1-4120-4016-7. 
  10. ^ Census 2000 U.S. Gazetteer Files: Counties”. United States Census. 2011年2月13日閲覧。
  11. ^ U.S. Decennial Census
  12. ^ Texas Almanac: County Population History 1850-2010

外部リンク[編集]

座標: 北緯30度47分 西経98度11分 / 北緯30.78度 西経98.18度 / 30.78; -98.18