ウィルソン郡 (テキサス州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テキサス州ウィルソン郡
Wilson courthouse.jpg
フロレスビル市にあるウィルソン郡庁舎、1978年5月5日にアメリカ合衆国国家歴史登録財に指定された
ウィルソン郡の位置を示したテキサス州の地図
郡のテキサス州内の位置
テキサス州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1860年
郡庁所在地 フロレスビル
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

2,095 km2 (809 mi2)
2,090 km2 (807 mi2)
5 km2 (2 mi2), 0.20%
人口
 - (2010年)
 - 密度

42,918人
16人/km2 (41人/mi2)
標準時 中部: UTC-6/-5

ウィルソン郡: Wilson County)は、アメリカ合衆国テキサス州の中央部南に位置するである。2010年国勢調査での人口は42,918人であり、2000年の32,408人から32.4%増加した[1]郡庁所在地フロレスビル市(人口6,448人[2])であり[3]、同郡で人口最大の都市でもある。郡名はテキサスの初期開拓者ジェイムズ・チャールズ・ウィルソンに因んで名付けられた。

コナリー家の3兄弟、テキサス州知事、アメリカ合衆国海軍長官財務長官を務めたジョン・コナリー、テキサス州上下院議員を務めたウェイン・コナリー、俳優で郡判事を務めたメリル・コナリーは全て郡内で生まれ育った。その他テキサス・レンジャーで有名になったフランク・ハマーもウィルソン郡の出身である。

ウィルソン郡はサンアントニオ大都市圏に属している。

歴史[編集]

インディアン[編集]

考古学調査によって[4][5]、ウィルソン郡となった地域に狩猟採集型のパレオ・インディアンが住んでいたことが示されている。その後の住人としては、トンカワ族、アラナマ族、タミク族、カランカワ族、タワコニ族、リパン・アパッチ族コマンチ族などのインディアン部族が住んでいた。

探検と郡の成立[編集]

1718年9月、マルティン・デ・アラルソンがエスプリチュ・サント湾を探検する途中でこの地域を通過した。1772年、ペドロ・デ・リベラ・イ・ビラロンも、ヌエバ・エスパーニャのフロンティア防衛を調査するための遠征で、この地域を通過した[6]

1766年から1767年、デ・ルビ侯爵がフロンティアの調査にこの地域を含め[7]、またフランシスコ・バスケス・デ・コロナドによる1798年の海岸部探検ではこの地域の近くを通った[8]

ルイス・メンチャカとアンドレス・エルナンデスに与えられたのが、この地域では最初の土地特許だった[9]。彼等は1832年から1833年頃に牧場を作った。

1840年代にイギリス系アメリカ人が入ってくるようになり、1850年から1860年には南部の農園主、その後はドイツポーランドなどの国からの移民が続いた。

1860年、ウィルソン郡はベア郡カーンズ郡の一部を合わせて設立された。サザランドスプリングス[10]が郡庁所在地に指定された。

ウィルソン郡の郡民投票で、アメリカ合衆国からの脱退を決め[7]南軍に幾つかの部隊を送った。戦時中の苦境に、3年間の干ばつで追い打ちを掛けられた。

南北戦争後、郡庁所在地はフロレスビルに移された[11]。1872年、郡庁舎が火事で焼け、1884年に新しい庁舎が建てられた[12]。アルフレッド・ガイルズが設計を行った。

州内のフェンス切り戦争は1883年から1888年のほぼ5年間続いた。郡内のヒューストンとディルワースの牧場、広さ40,000エーカー (160 km2) が焦点になった。農場主と牧場主が貴重な土地と水を巡って争い始めたので、牛飼い達は牛に草を食ませるのが難しくなり、カウボーイがフェンスを切断した。州知事ジョン・アイアランドが特別議会を招集し、戦争を終わらせるよう命じた[13]。議会はフェンス切りと牧草に火を付けることを収監を罰則とする犯罪に指定し、同時にフェンスそのものを規制した。しかし、1888年まで散発的に続いた暴力行為で法の執行が難しかった。

サンアントニオ・アンド・アランサスパス鉄道が1886年にフロレスビルまで開通した[14]。1898年、サンアントニオ・アンド・ガルフ鉄道がストックデールまで延伸された[15]

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は809平方マイル (2,094 km2)であり、このうち陸地807平方マイル (2,090 km2)、水域は2平方マイル (4 km2)で水域率は0.20%である[16]

主要高規格道路[編集]

隣接する郡[編集]

人口動態[編集]

人口推移
年度 人口
1870 2,556
1880 7,118 178.5%
1890 10,655 49.7%
1900 13,961 31.0%
1910 17,066 22.2%
1920 17,289 1.3%
1930 17,606 1.8%
1940 17,066 −3.1%
1950 14,672 −14.0%
1960 13,267 −9.6%
1970 13,041 −1.7%
1980 16,756 28.5%
1990 22,650 35.2%
2000 32,408 43.1%
2010 42,918 32.4%
U.S. Decennial Census[17]
Texas Almanac: 1850-2010[18]

以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 32,408人
  • 世帯数: 11,038 世帯
  • 家族数: 8,830 家族
  • 人口密度: 16人/km2(40人/mi2
  • 住居数: 12,110軒
  • 住居密度: 6軒/km2(15軒/mi2

人種別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 29.2%
  • 18-24歳: 7.6%
  • 25-44歳: 28.6%
  • 45-64歳: 23.2%
  • 65歳以上: 11.5%
  • 年齢の中央値: 36歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 99.7
    • 18歳以上: 97.0

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 40.0%
  • 結婚・同居している夫婦: 66.5%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 9.2%
  • 非家族世帯: 20.0%
  • 単身世帯: 17.1%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 7.8%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.89人
    • 家族: 3.26人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 40,006米ドル
    • 家族: 45,681米ドル
    • 性別
      • 男性: 31,716米ドル
      • 女性: 23,582米ドル
  • 人口1人あたり収入: 17,253米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 11.3%
    • 対家族数: 9.2%
    • 18歳未満: 12.4%
    • 65歳以上: 15.8%

都市と町[編集]

未編入の町[編集]

  • カーペンター
  • パンドラ
  • サスパムコ
  • サザランドスプリングス
  • グラスポンドコロニー
  • キカスター
  • ドセイドコロニー
  • サンディヒルズ

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Quickfacts.census.gov - Wilson County - accessed 2011-12-06.
  2. ^ Quickfacts.census.gov - Floresville, Texas - accessed 2011-12-06.
  3. ^ Find a County, National Association of Counties, http://www.naco.org/Counties/Pages/FindACounty.aspx 2011年6月7日閲覧。 
  4. ^ Native Peoples of the South Texas Plains During Early Historic Times”. Texas Beyond History. 2010年5月13日閲覧。 UT Texas at Austin
  5. ^ Artistic Expression”. Texas Beyond History. 2010年5月13日閲覧。 UT Texas at Austin
  6. ^ Blake, Robert Bruce: Pedro de Rivera y Villalón from the Handbook of Texas Online. 13 May 2010閲覧。 Texas State Historical Association
  7. ^ a b Long, Christopher: Wilson County from the Handbook of Texas Online. 13 May 2010閲覧。 Texas State Historical Association
  8. ^ Flint, Richard; Flint, Shirley Cushing (2004). The Coronado Expedition to Tierra Nueva: The 1540-1542 Route Across the Southwest. University Press of Colorado. ISBN 978-0-87081-766-3. 
  9. ^ Menchaca-Hernández Compromise”. Texas General Land Office. 2010年5月13日閲覧。 Texas General Land Office
  10. ^ Sutherland Springs, Texas”. Texas Escapes - Blueprints For Travel, LLC.. 2010年5月13日閲覧。 Texas Escapes - Blueprints For Travel, LLC.
  11. ^ Floresville, Texas”. Texas Escapes - Blueprints For Travel, LLC.. 2010年5月13日閲覧。 Texas Escapes - Blueprints For Travel, LLC.
  12. ^ Wilson County Courthouse”. Texas Escapes - Blueprints For Travel, LLC.. 2010年5月13日閲覧。 Texas Escapes - Blueprints For Travel, LLC.
  13. ^ Fence Cutting Wars, Texas Adjutant General R.N. Steagal Letter To John Ireland March 31 1884”. Texas State Library and Archives Commission. 2010年5月13日閲覧。 Texas State Library and Archives Commission
  14. ^ San Antonio and Aransas Pass Railway”. 2010年5月13日閲覧。
  15. ^ Williams, Howard C: Texas and New Orleans Railroad from the Handbook of Texas Online. 2010年5月13日閲覧。 Texas State Historical Association
  16. ^ Census 2000 U.S. Gazetteer Files: Counties”. United States Census. 2011年2月13日閲覧。
  17. ^ U.S. Decennial Census
  18. ^ Texas Almanac: County Population History 1850-2010

外部リンク[編集]

座標: 北緯29度10分 西経98度05分 / 北緯29.17度 西経98.09度 / 29.17; -98.09