ヘイリー・ウィリアムス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Hayley Williams
}
基本情報
出生名 Hayley Nichole Williams
出生 1988年12月27日(25歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ミシシッピ州メリディアン
ジャンル エモ
ポップ・パンク
パワー・ポップ
オルタナティヴ・ロック
職業 シンガーソングライター
ミュージシャン
担当楽器 ボーカルピアノギターキーボードベースドラム
活動期間 2004年-現在
レーベル アメリカ合衆国の旗フュエルド・バイ・ラーメン
アメリカ合衆国の旗アトランティック・レコード
アメリカ合衆国の旗ワーナー・ブラザーズ・レコード
日本の旗ワーナーミュージック・ジャパン
日本の旗ビッグマウス・ジャパン
共同作業者 パラモアB.o.B
公式サイト HAYLEY WILLIAMS twitter.com

ヘイリー・ニコル・ウィリアムスHayley Nichole Williams[1][2]1988年12月27日[3] - )は、アメリカ合衆国シンガーソングライターであり、ロックバンドであるパラモアリード・ヴォーカリスト。身長157cm。

生い立ち[編集]

アメリカ合衆国の南部にあるミシシッピ州の小さいのどかな町であるメリディアンで、アイルランド系スコットランド系及びドイツ系の血を引く家系で生まれた。母親は教師のクリスティ・ウィリアムスと父親はジョーイ・ウィリアムスである。エリカとマケイラの二人の妹がいる。熱心なキリスト教徒の一家であり、幼少期は主にメリディアンで育った。非常にシャイな子であったが、歌が好きであり、地元の教会やバス停でよく歌っていた。同じ時期に両親が離婚し[4]、母親に引き取られる。やがて母親が再婚し新しい父親と暮らした。義理の父親に対しては複雑な感情を持っていた。13歳のときに故郷メリディアンを離れ、テネシー州フランクリンに家族と共に移った。この頃、すでに作詞や作曲をしていた。そのかたわらフランクリンにある私立学校に通った。

2002年、学校で運命的な出会いをした。後にパラモアのメンバーになるジョシュ・ファッロとザック・ファッロ兄弟との出会いである。お互い意気投合し、地元ファンク・カバー・バンド「The Factory」を結成。そこでジェレミー・デービスが新たに加入した。

すでにウィリアムスの歌声は、世間に広く知れわたっており、それは町中で絶賛されていた。ほどなくして、2003年、14歳の時にナッシュビルアトランティック・レコードと契約した。アトランティック・レコード側は、ウィリアムスをソロとしてデビューさせようとしたが、ウィリアムスはこれを強く拒否した。あくまでバンドとしてのデビューに最後までこだわった。結局、アトランティック・レコードでは無く、ウィリアムスはフュエルド・バイ・ラーメンで曲をリリースすることにした。ともあれ、ジェレミー・デービス、ジェイソン・バイナム、ジョシュ・ファッロ及びザック・ファッロで、ロックバンドであるパラモアは結成された。

デビュー以降の経歴[編集]

2007年、ニュー・ファウンド・グローリーのミュージックビデオ「Kiss Me」に参加。

2007年、イギリスのロック専門誌『ケラング!』における読者投票で、「最もセクシーな女性歌手」部門でエヴァネッセンスエイミー・リーと1位及び2位を争った。結果2位であった。翌年の投票においては1位だった。

2008年、前の義理の父親が幼少期の私物品をネット・オークションに出品する騒ぎが起きた。これに対して強い怒りを表明した。

ウィリアムスが、ソロで、ミーガン・フォックスが出演している映画『ジェニファーズ・ボディ』のためにサウンドトラックを提供した。 とはいえ、ソロ活動については強く否定した。 2010年、ウィリアムスとラッパーB.o.Bが、「Airplanes」をリリースした。そのシングルは全英シングルチャートで1位を獲得するなど、世界中で記録的な売上を達成した。「Airplanes」パート2ではラッパーであるエミネムとも組んだ。

2010年5月、ウィリアムスのトップレス写真がtwitterを介して流出する事件が起きる。ウィリアムスによれば「ハッキングされた!」・・・しかし真相は今もって不明のままである。

2010年12月、長年にわたって共にしてきたファッロ兄弟が、バンドの運営と体制における不満により、脱退を宣言した。

2011年3月、未曾有の被害をもたらした東日本大震災において、ウィリアムスがいち早くtwitterでコメントを出した。ネット・オークションに以前使っていたギター、アクセサリー、シャツ、ズボンをはじめその他多数の衣装や楽器を出品した。[5] これらのオークションにおいて得られた収益金は全て、被災者のために赤十字社を経由する形で、義援金として寄付された。

私生活・人物[編集]

現在、ニュー・ファウンド・グローリーのギタリストであるチャド・ギルバードと付き合っている。

趣味はビデオゲーム、映画鑑賞。

注意欠陥・多動性障害である。

ディスコグラフィー[編集]

サウンドトラック[編集]

アルバム
2009 Teenagers ジェニファーズ・ボディ: Music from the Motion Picture

客演・シングル[編集]

シングル 最高順位 認定 アルバム
US AUS CAN EU GER IRE NL NZ SWI UK
2010 Airplanes
(B.o.B フィーチャリング ヘイリー・ウィリアムス)
2 2 2 2 8 2 4 1 5 1 B.o.B Presents: The Adventures of Bobby Ray
2013 Stay The Night
(Zedd フィーチャリング ヘイリー・ウィリアムス)
19 11 22 20 Clarity

その他の客演[編集]

アルバム
2006 Keep Dreaming Upside Down (October Fall フィーチャリング ヘイリー・ウィリアムス)[10] A Season in Hell
2007 Then Came To Kill (The Chariot フィーチャリング ヘイリー・ウィリアムス)[11] The Fiancée
The Church Channel (Say Anything フィーチャリング ヘイリー・ウィリアムス)[12] In Defense of the Genre
Plea (Say Anything フィーチャリング ヘイリー・ウィリアムス と ケニー ヴァソリ)[12]
2008 Fallen (Death in the Park フィーチャリング ヘイリー・ウィリアムス)[13] Death in the Park EP
2009 Tangled Up (ニュー・ファウンド・グローリー)[14] Not Without A Fight
The Few That Remain (セット・ユア・ゴールズ フィーチャリング ヘイリー・ウィリアムス)[15] This Will Be the Death of Us
2010 Airplanes (B.o.B フィーチャリング ヘイリー・ウィリアムス) B.o.B Presents: The Adventures of Bobby Ray
Airplanes (Part II)(B.o.B フィーチャリング ヘイリー・ウィリアムス & エミネム)

受賞とノミネート[編集]

カテゴリ 対象 結果
2007 ケラング・リーダーズ・ポール 2007 Sexiest Female Front Singer 本人 ノミネート
2008 ケラング・リーダーズ・ポール 2008 受賞
Los Premios MTV Latinoamérica Premio Fashionista 2008 ノミネート
2009 Los Premios MTV Latinoamérica Premio Fashionista 2009 受賞
Shockwaves NME Awards 2009 Sexiest Female 受賞
ケラング・リーダーズ・ポール 2009 受賞
2010 2010 MTV Video Music Awards Video of the Year Airplanes – B.o.B (フィーチャリング ヘイリー・ウィリアムス) ノミネート
Best Male Video ノミネート
Best Hip-Hop Video ノミネート
Best Collaboration ノミネート
2011 第37回ピープルズ・チョイス・アワード Favorite Song ノミネート
第53回グラミー賞 Best Pop Collaboration With Vocals Airplanes, Part II – B.o.B (フィーチャリング エミネム & ヘイリー・ウィリアムス) ノミネート

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Hayley's Profile”. Paramore.net. 2011年5月7日閲覧。
  2. ^ Iwasaki, Scott (2010年5月6日). “Paramore is ready for first 'official' tour”. Deseret News. http://www.deseretnews.com/article/700030226/Paramore-is-ready-for-first-official-tour.html 2011年5月7日閲覧。 
  3. ^ Simply The Best 7 Days A Week :: Celeb News :: Williams treated to surprise birthday party”. Daily Star (2009年12月28日). 2011年5月7日閲覧。
  4. ^ Hayley Williams Biography”. Last.FM. 2011年5月11日閲覧。
  5. ^ Pray for Japan , from the world. パラモア 「日本を愛してます! 」オークションで東日本大震災へ義援金”. 2011年5月7日閲覧。
  6. ^ RIAA Certifications for B.o.B”. Billboard. 2010年7月15日閲覧。
  7. ^ ARIA Charts – Top 50 Singles Chart”. Australian Recording Industry Association. 2010年6月20日閲覧。
  8. ^ http://www.cria.ca/gold/1010_g.php
  9. ^ Latest Gold & Platinum Singles: New Zealand”. Recording Industry Association of New Zealand. 2008年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年10月20日閲覧。
  10. ^ October Fall – A Season in Hell”. AbsolutePunk.net. 2011年5月11日閲覧。
  11. ^ “Chariot, The - The Fiancee - Album Review - AbsolutePunk.net”. AbsolutePunk.net. http://www.absolutepunk.net/showthread.php?t=224905 2011年5月11日閲覧。 
  12. ^ a b “Say Anything To Post New Song”. AbsolutePunk.net. http://www.absolutepunk.net/showthread.php?p=7691331#post7691331 2011年5月11日閲覧。 
  13. ^ “Death In the Park – EP by Death In The Park – Download Death In the Park – EP on iTunes”. iTunes.apple.com. http://itunes.apple.com/us/album/death-in-the-park-ep/id289709999 2011年5月11日閲覧。 
  14. ^ “New Found Glory - Not Without a Fight - Album Review - AbsolutePunk.net”. AbsolutePunk.net. http://www.absolutepunk.net/showthread.php?t=925922 2011年5月11日閲覧。 
  15. ^ “Set Your Goals - This Will Be The Death Of Us - Album Review - AbsolutePunk.net”. AbsolutePunk.net. http://www.absolutepunk.net/showthread.php?t=1162322 2011年5月11日閲覧。 

外部リンク[編集]