プレイヤード派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プレイヤード派 (la Pléiade) は、16世紀フランス詩人たちのグループ。イタリアルネサンスの影響を受け、古代ギリシア古代ローマの文芸を規範とした創作を主張した。日本では、プレイヤッド派七星詩派などとも表記される。

フランス語の「プレイヤード」[編集]

Pléiade(s) は、本来アトラースの七人の娘を指す。ここから転じて、七詩聖のことをプレイヤードと称する。古代ギリシャのプレイヤード、中世トゥールーズのプレイヤードなども存在するが、日本で「プレイヤード(派)」と言った場合、ルネサンス期のそれを指すのが一般的である。

なお、プレアデス星団(les Pléiades、)もアトラースの七人の娘を起源にもつ語であり、七星詩派はそちらに基づいた訳称である。

ルネサンス期のプレイヤード[編集]

1553年に始動したが、実質的な出発点は1549年に公刊された宣言書『フランス語の擁護と顕揚』(邦訳、1943年)と見なされている。ジョアシャン・デュ・ベレーが執筆したものであり、当時(公用語であるラテン語に対し)俗語とされていたフランス語文学の中に、古典文芸の格調高さ、優美さを取り入れることを主張した。

ピエール・ド・ロンサールやデュ・ベレーを中心とするこの若き詩人たちの集団は、当初「ブリガード」(Brigade, 旅団の意)と称していたが、1556年に古代ギリシャのアレクサンドランの七詩聖にあやかって、プレイヤードと改称した。

プレイヤード派の七人[編集]

誰を以てプレイヤード派の七人とするかには、いささか議論がある。ロンサールは何度か7人のリストを発表したが、没した詩人に代わって別の詩人が加わるなど、時期によっても異なるためである(ただし、デュ・ベレーのように、没後もリストに残され続けた者もいる)。

以下標準的なメンバーを掲げる。太字は固定的なメンバーである。