ルノードー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルノードー賞Le Prix Théophraste Renaudot ルノード賞またはルノド賞、ルノドー賞とも表記される 発音例)は、ルイ13世治下にフランスでは最古の新聞「ガゼット(La Gazette)」を発行した17世紀ジャーナリスト医師テオフラスト・ルノードー(Théophraste Renaudot)の名に因んで1926年に創設された文学賞ゴンクール賞(Le Prix Goncourt)、フェミナ賞(Prix Femina)、メディシス賞(Prix Médicis)、アンテラリエ賞(Prix Interallié)と並んで、フランスでの最も権威ある文学賞の一つ。

ゴンクール賞選定の結果を待って後に選出が行われ、同時に発表されることから、暗に「最高栄誉のゴンクール賞に対する残念賞」あるいは「反・ゴンクール賞」的意味合いもある。文学者ではなくジャーナリストの名に因むのは、記者によって選出が行われたため。

第二次大戦前にはマルセル・エイメルイ=フェルディナン・セリーヌルイ・アラゴンなどが名を連ね、近年の受賞者にはフィリップ・クローデルなどがいる。

ルノードー賞受賞作品一覧[編集]

関連事項[編集]

外部リンク[編集]