フランク・フランシスコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランク・フランシスコ
Frank Francisco
フリーエージェント
Frank Francisco on April 5, 2012.jpg
2012年4月5日
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 サントドミンゴ
生年月日 1979年9月11日(35歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
250 lb =約113.4 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1996年 アマチュア・フリーエージェントとしてボストン・レッドソックスと契約
初出場 2004年5月14日 デトロイト・タイガース
年俸 $6,500,000(2013年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

フランクリン・チャールズ・フランシスコFranklin Charles Francisco, 1979年9月11日 - )は、ドミニカ共和国サントドミンゴ出身のプロ野球選手投手)。右投右打。

経歴[編集]

1996年12月15日ボストン・レッドソックスと契約。

2002年7月31日にトレードでシカゴ・ホワイトソックスへ移籍した。

2003年7月25日にトレードでテキサス・レンジャーズへ移籍。

2004年5月14日にメジャーデビュー、8月には月間最優秀新人選手に選出された。9月13日ネットワーク・アソシエイツ・コロシアムで行われたアスレチックス戦で観客と口論となり、椅子を観客席に投げ込み、別の女性ファンの顔面に直撃し重傷を負わせた。傷害罪で逮捕され、コミッショナーからはシーズン終了まで出場停止の処分を受けた[2]

2005年4月29日トミー・ジョン手術を受けたため、2005年シーズンはメジャーで登板することなくシーズンを終えた。

2006年9月8日にメジャー復帰を果たした[3]

2007年はAAA級のオクラホマシティ・レッドホークスで開幕を迎えたが、4月23日に故障者リスト入りしたエリック・ガニエに代わりメジャー昇格を果たした[4]。自己最多の59試合に登板し、シーズンを終えた。

2008年も開幕をオクラホマシティで開幕を迎えたが、4月22日に故障者リスト入りしたダスティン・ニッパートに代わりメジャー昇格[5]8月25日にクローザーのエディ・グアダードミネソタ・ツインズへ移籍に伴い、クローザーに指名され[6]、シーズン終了までに5セーブを記録した。

レンジャーズ時代(2008年)

2009年は自己最多の25セーブを記録。

2010年は序盤に連続してセーブ失敗をしてしまったため、クローザーから降格となった。オフにはFAとなったが、球団からの年俸調停申請を受諾して残留が決まった。その後、マイク・ナポリとのトレードでトロント・ブルージェイズに移籍した[7]

2011年は肘を痛めて開幕をDLで迎える。復帰してからも投球内容が安定せず、セーブ失敗を繰り返してクローザーの座を剥奪される。前半戦終了時点での防御率は5.92だったが、後半戦に入ると劇的に好転して防御率1.37を記録し、トータルでは例年並みの成績を残した。オフにFAとなり、12月6日に2年1200万ドルでニューヨーク・メッツと契約[8]

2013年10月31日にFAとなった。

2014年4月14日にシカゴ・ホワイトソックスとマイナー契約を結んだ[9]。AAA級では6試合に登板し、防御率0.00と好投。5月10日にホワイトソックスとメジャー契約を結んだ[10]。昇格後は4試合に登板したが、防御率12.27と結果を残せず、5月22日にDFAとなり、5月25日にFAとなった。

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2004 TEX 45 0 0 0 0 5 1 0 10 .833 216 51.1 36 4 28 2 3 60 4 1 19 19 3.33 1.25
2006 8 0 0 0 0 0 1 0 2 .000 32 7.1 8 2 2 0 0 6 1 0 4 4 4.91 1.36
2007 59 0 0 0 0 1 1 0 21 .500 268 59.1 57 3 38 4 2 49 8 0 33 30 4.55 1.60
2008 58 0 0 0 0 3 5 5 12 .375 264 63.1 47 7 26 2 0 83 5 0 24 22 3.13 1.15
2009 51 0 0 0 0 2 3 25 4 .400 203 49.1 40 6 15 1 1 57 3 0 21 21 3.83 1.11
2010 56 0 0 0 0 6 4 2 15 .600 221 52.2 49 5 18 2 1 60 2 1 23 22 3.76 1.27
2011 TOR 54 0 0 0 0 1 4 17 2 .200 218 50.2 49 7 18 2 0 53 0 0 21 20 3.55 1.32
2012 NYM 48 0 0 0 0 1 3 0 1 .250 197 42.1 47 5 21 1 0 47 2 1 27 26 5.53 1.61
2013 8 0 0 0 0 1 0 1 0 1.000 26 6.1 4 0 3 0 1 6 0 0 3 3 4.26 1.11
通算:9年 387 0 0 0 0 20 22 73 67 .476 1645 382.2 337 39 169 14 8 421 27 3 175 167 3.93 1.32
  • 2013年度シーズン終了時

脚注[編集]

  1. ^ Frank Francisco Contracts, Salaries, Cap Hits, & Transactions” (英語). Spotrac.com. 2014年1月13日閲覧。
  2. ^ 友成那智村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2005』 廣済堂出版、2005年、193頁。ISBN 978-4-331-51093-3
  3. ^ Sullivan, T.R. (2006年9月8日). “Notes: Francisco excited to be back” (英語). MLB.com. 2009年11月3日閲覧。
  4. ^ Daley, Ken (2007年4月23日). “Notes: Gagne lands on 15-day” (英語). MLB.com. 2009年11月3日閲覧。
  5. ^ Sullivan, T.R. (2008年4月22日). “Francisco joins 'pen with Nippert on DL” (英語). MLB.com. 2009年11月3日閲覧。
  6. ^ Sullivan, T.R. (2008年8月25日). “Francisco to close for Texas” (英語). MLB.com. 2009年11月3日閲覧。
  7. ^ Chisholm, Gregor(2011-01-25). Blue Jays acquire Francisco for Napoli. MLB.com(英語). 2012年1月21日閲覧
  8. ^ Fordin, Spencer(2011-12-06). Free agents Rauch, Francisco sign with Mets. MLB.com(英語). 2011年12月7日閲覧
  9. ^ Doug Padilla (2014年4月14日). “White Sox pick up Frank Francisco”. ESPN New York. 2014年4月15日閲覧。
  10. ^ White Sox Purchase Contract of Frank Francisco; Designate Cleto for Assignment”. MLB.com White Sox Press Release (2014年5月10日). 2014年5月10日閲覧。

外部リンク[編集]