ビリー・ビーン (1964年生の外野手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビリー・ビーン
Billy Bean
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州サンタアナ
生年月日 1964年5月11日(49歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1986年 MLBドラフト4巡目
初出場 MLB / 1987年4月25日
NPB/1992年
最終出場 MLB / 1995年7月8日
NPB/1992年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ビリー・ビーン: William Daro "Billy" Bean, 1964年5月11日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身の元プロ野球選手外野手)。

オークランド・アスレチックスのゼネラルマネージャーであるビリー・ビーン (Billy Beane) とは別人。

来歴・人物[編集]

ロヨラ・メリーマウント大学在学中の1985年ニューヨーク・ヤンキースからドラフト24巡目で指名されるが入団を拒否。翌1986年デトロイト・タイガースからドラフト4巡目で指名され入団する。

プロ入り2年目の1987年4月25日に1番レフトでメジャーデビューを果たし、6打数4安打(二塁打2本)1打点と華々しいデビューを飾った。デビュー戦の4安打はメジャータイ記録だった。しかしその後は目立った成績を残せず、メジャーとAAAを行き来しながらロサンゼルス・ドジャースカリフォルニア・エンゼルスと渡り歩く。

1992年近鉄バファローズに第3の外人として入団。6月にラルフ・ブライアントがケガで登録を抹消されると、代わりに1軍に昇格した。だが成績は全く振るわず、10日後のブライアントの再登録とともに登録抹消。そのまま7試合に出場しただけでシーズン途中で解雇された[1]

帰国後はサンディエゴ・パドレスと契約し、1993年にメジャー復帰を果たした。主に代打で活躍したが[1]1995年のシーズンをもって引退。引退後は不動産業を営んでいる。

1999年同性愛者であることを告白した。結婚していたが別居し、1993年からパートナーと同居していた。しかし公には秘密を守り、パートナーが1995年に急死した時も葬儀に出なかった[1]。引退後は新たなパートナーと住み、マイアミでレストラン経営や不動産業で成功していたが、地元の新聞のインタビューでカミングアウトした[1]。ゲイを告白した元メジャー選手は、1995年に告白したグレン・バークGlenn Burke)に次いでビーンが2人目とされる[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1987 DET 26 71 66 6 17 2 0 0 19 4 1 1 0 0 5 0 0 11 1 .258 .310 .288 .598
1988 10 12 11 2 2 0 1 0 4 0 0 0 1 0 0 0 0 2 0 .182 .182 .364 .545
1989 9 14 11 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 1 3 0 .000 .214 .000 .214
LAD 51 76 71 7 14 4 0 0 18 3 0 2 0 0 4 0 1 10 0 .197 .250 .254 .504
'89計 60 90 82 7 14 4 0 0 18 3 0 2 0 0 6 0 2 13 0 .171 .244 .220 .464
1992 近鉄 7 26 24 2 5 2 0 0 7 2 0 0 0 1 1 0 0 5 0 .208 .231 .292 .522
1993 SD 88 192 177 19 46 9 0 5 70 32 2 4 2 5 6 1 2 29 4 .260 .284 .395 .680
1994 84 146 135 7 29 5 1 0 36 14 0 1 1 3 7 1 0 25 4 .215 .248 .267 .515
1995 4 8 7 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 4 0 .000 .125 .000 .125
MLB:6年 272 519 478 42 108 20 2 5 147 53 3 8 4 8 25 2 4 84 9 .226 .266 .308 .574
NPB:1年 7 26 24 2 5 2 0 0 7 2 0 0 0 1 1 0 0 5 0 .208 .231 .292 .522

背番号[編集]

  • 4 (1987年 - 1989年)
  • 40 (1989年)
  • 33 (1992年)
  • 21 (1993年 - 1994年)
  • 31 (1995年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e もう一人のビリー・ビーン『週刊ベースボール』2011年12月19日号、ベースボール・マガジン社、2011年、雑誌20442-12/19, 114頁。

外部リンク[編集]