ビリー・コブハム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビリー・コブハム
}
基本情報
出生名 William E. Cobham Jr.
出生 1944年5月16日(70歳)
パナマの旗 パナマ
ジャンル フュージョン
担当楽器 ドラム
活動期間 1968年-
レーベル アトランティック・レコード
共同作業者 ホレス・シルヴァー
ランディ・ブレッカー
マイケル・ブレッカー
マイルス・デイヴィス
マハヴィシュヌ・オーケストラ
ジョージ・デューク
公式サイト BillyCobham.com

{{{Influences}}}

ビリー・コブハムBilly Cobham1944年5月16日-)は、パナマアメリカ人ドラマー。主にジャズ/フュージョンの分野で活動しており、マイルス・デイヴィスマハヴィシュヌ・オーケストラとの仕事で知られる。

来歴[編集]

パナマで生まれ、3歳の時に家族と共にアメリカ合衆国ニューヨーク州へと移住。幼少期からドラムに親しみ、7歳の頃には現在の奏法に疑問を感じて、オープンハンド奏法に切り替えたというエピソードを持つ[1]1965年から3年間、アメリカ陸軍内のバンドでプレイした後、1968年ホレス・シルヴァーのバック・バンドに加入。同年にはジョージ・ベンソンのアルバムにも参加した。

1970年にはブレッカー・ブラザーズや、ジョン・アバークロンビーらと共に、DREAMSというグループに参加、2枚のアルバムをリリースした。また、アフロ・アメリカンのリズムを要求していたマイルス・デイヴィスに誘われて、『ビッチェズ・ブリュー』・セッションの「Feio」(後にCDに収録)や、ジョン・マクラフリンと参加した1970年のアルバム『ジャック・ジョンソン』で演奏を残している。他にもセッションマンとして1970年から、クリード・テイラーCTIレコードの作品の数々のレコーディングに関与した。

1971年から1973年にかけて、ジョン・マクラフリンのマハヴィシュヌ・オーケストラのメンバーとして活動。1973年にはマクラフリンとカルロス・サンタナとのツアーとレコーディング作品『魂の兄弟(Love, Surrender & Devotion)』、また同年に、ヤン・ハマートミー・ボーリンリーランド・スカラーを従えて、初のリーダー・アルバム『スペクトラム』を制作・発表した。

ファースト・アルバムは評判を呼び、トミー・ボーリンがディープ・パープルの加入するきっかけになったほか、1974年から1976年にかけて、アバークロンビーやブルガリア出身のピアニスト、ミルチョ・レヴィエヴらとアトランティック・レコードからリーダー作品をリリースした。熱狂的な人気を誇ったニューヨーク在住のプエルトリカンによるサルサ・ミュージックのスーパー・グループ、ファニア・オールスターズに参加して、1974年のザイール公演や翌1975年シェイ・スタジアムでのコンサートにもドラマーとして名前を連ねた。これらは映像作品として『ソウル・パワー』、「Live At Yankee Stadium」などの記録があり、また1976年には、ジョージ・デュークジョン・スコフィールドアルフォンス・ジョンソンらとライヴ・バンドBill Cobham/George Duke Bandを結成、こちらもモントルー・ジャズ・フェスティヴァルの映像、録音作品を残している。

この時期、プロデューサーとして、アイアート・モレイラの「Virgin Land」、マーク=アーモンドの「To the Heart」などのアルバム作品を手がけている。

1977年からはCBSと契約してリーダー作品をリリースし、1980年代には、バンド・メンバーとして、再びマハヴィヌシュ・オーケストラ、スタンリー・クラーク&ジョージ・デュークのClarke Duke Project、クリームのジャック・ブルースとの、Jack Bruce & Friendsや、アルフォンス・ジョンソンとともにグレイトフル・デッドボブ・ウェアとの、Bobby & the Midnightsなどのグループに参加した。なお、1998年にはグレイトフル・デッドの曲を演奏するインスト・ジャムバンド、Jazz is Deadにも再びジョンソンとともにメンバーとして加わっている。

1980年代半ばにGRPレコードからソロ作品をした後に、1990年代以降、英国・ヨーロッパの若いミュージシャンとの作品を制作、ケニー・バロンロン・カーターからなるピアノ・トリオ、アート・オブ・スリーを披露した。

2000年代には"Drums & Voice"というプロジェクトを開始。

この40年で、スタンリー・タレンタインフレディー・ハバードガボール・ザボジェームス・ブラウンポール・ウィンター・コンソート、ピーター・ガブリエルらといった多様なミュージシャンの作品に参加してきた。現在はリーダー作品制作を中心に活動している。

作品[編集]

マハヴィシュヌ・オーケストラ[編集]

  • 内に秘めた炎 - Inner Mounting Flame(1972年)
  • 火の鳥 - Birds of Fire(1973年)
  • 虚無からの飛翔 - Between Nothingness & Eternity(1973年)
  • マハヴィシュヌ - Mahavishnu(1984年)
  • ザ・ロスト・トライデント - The Lost Trident Sessions(1999年) - 1973年録音

リーダー・アルバム[編集]

  • Spectrum(1973年)
  • Shabazz - Live In Montreux(1973年)
  • Crosswinds(1974年)
  • Total Eclipse(1974年)
  • A Funky Thide of Sings(1975年)
  • Life and Times(1976年)
  • Live On Tour In Europe(1976年) - ジョージ・デュークとの連名
  • Alivemutherforya(1977年)
  • Magic(1977年)
  • Simplicity of Expression Depth Of Thought(1977年)
  • Inner Conflicts(1978年)
  • Simplicity of Expression - Depth Of Thought(1978年)
  • Stratus(1980年)
  • Warning(1985年)
  • Power Play(1986年)
  • Picture This(1987年)
  • By Design(1991年)
  • The Traveller(1993年)
  • Live at the Greek(1994年) - スタンリー・クラークラリー・カールトンとの連名
  • Nordic(1996年)
  • Off Color(1997年)
  • Ensemble New Hope Street(1997年)
  • Focused(1998年)
  • North By NorthWest(2000年)
  • Culture Mix(2002年)
  • Drum'n'voice(2002年)
  • Live on Tour in Europe(2004年)
  • Drum'n'voice 2(2006年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ リズム&ドラム・マガジン』2006年12月号

関連項目[編集]

外部リンク[編集]