ジョン・アバークロンビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・アバークロンビー
John Abercrombie Nice 2008}
John Abercrombie Nice 2008
基本情報
出生名 John Abercrombie
出生 1944年12月16日(70歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州ポートチェスター
ジャンル プログレッシヴ・ジャズ
フュージョン
ポストボップ
ジャズ
職業 ギタリストミュージシャン
レーベル ECM
公式サイト http://www.johnabercrombie.com/

ジョン・アバークロンビー(John Abercrombie、1944年12月16日 - )はアメリカ合衆国のジャズギタリスト。

略歴[編集]

1944年12月16日にニューヨーク州ポートチェスターにて生まれる。1967年にバークリー音楽大学を卒業後、本格的にプロとしてキャリアをスタートさせる。

ディスコグラフィ[編集]

ソロワークス[編集]

  • Timeless(1974年6月)
  • Characters (1977年11月)
  • Arcade (1978年12月)
  • Straight Flight (1979年3月)
  • Abercrombie Quartet (1979年11月)
  • M (1980年11月)
  • Solar (1982年1月)
  • Night (1984年4月)
  • Current Events (1985年9月)
  • All Strings Attached (1987年6月)
  • Getting There (1987年)
  • Abracadabra (1987年11月)
  • John Abercrombie/Marc Johnson/Peter Erskine (1988年4月)
  • Animato (1989年10月)
  • While We're Young (1992年6月)
  • November (1992年11月)
  • Nick Vollebreg's Jazzcafe (1994年2月)
  • Speak of the Devil (1994年)
  • Tactics (1996年7月)
  • Open Land (1999年)
  • Speak Easy(1999年)
  • Cat 'n' Mouse (2000年)
  • Three Guitars
  • Class Trip (2003年)
  • Structures (2006年3月)
  • Farewell (2006年)
  • The Third Quartet (2006年6月)

ゲスト参加[編集]

Gateway

  • Gateway (1975年)
  • Gateway 2 (1977年)
  • Homecoming (1994年)
  • In the Moment (1994年)

Henri Texier

  • Colonel Skopje (1988年)

Ralph Towner

  • Sargasso Sea (1976年)
  • Five Years Later (1981年)

Andy LaVerne

  • Nosmo King (1994年)
  • Now It Can Be Played (1995年)
  • Where We Were (1996年)
  • A Nice Idea (2006年)

Kenny Wheeler

  • Deer Wan (1977年)
  • Music for Large & Small Ensembles (1990年)
  • The Widow in the Window (1990年)
  • It Takes Two! (2006年)

Marc Copland

  • Second Look (1996年)
  • That's For Sure (2002年)
  • ...And (2002年)
  • Brand New (2004年)

Jeff Palmer

  • Ease On (1993年)
  • Island Universe (1994年)
  • Shades of the Pine (1994年)
  • Bunin the Blues (2001年)

Lonnie Smith

  • Afro Blue (1993年)
  • Purple Haze: Tribute to Jimi Hendrix (1995年)
  • Foxy Lady: Tribute to Jimi Hendrix (1996年)

Charles Lloyd

  • Voice in the Night (1999年)
  • The Water is Wide (2000年)
  • Hyperion with Higgins (2001年)
  • Lift Every Voice (2002年)

その他

  • Stark Reality Discovers Hoagy Carmichael's Music Shop (1970年)「Stark Reality」
  • Mourner's Rhapsody (1974年) with Czesław Niemen
  • New Directions (DeJohnette)|New Directions (1978年) 「Jack DeJohnette」
  • Eventyr(1980年) 「Jan Garbarek and Nana Vasconcelos」
  • Drum Strum (1982年) 「George Marsh」(1994)
  • Witchcraft (1986年) 「Don Thompson」
  • Emerald City (1987年) 「Richie Beirach」
  • Landmarks (1991年) 「Joe Lovano with Ken Werner, Marc Johnson and Bill Stewart 」
  • Double Variations (1990年) 「Tim Brady」
  • Brooklyn Blues (1991年) 「Danny Gottlieb with Jeremy Steig, Gil Golstein, Chip Jackson」
  • Electricity (1994年)「Bob Brookmeyer and the WDR Big Band」
  • Bush Crew (1995年) 「Les Arbuckle, Mike Stern, Essiet Okon Essiet, Victor Lewis」
  • Standard Transmission (1997年) 「Pat LaBarbera, Jim Vivian, Jacek Kochan」
  • The Hudson Project (2000年) 「Peter Erskine, John Patitucci & Bob Mintzer」
  • Animations (2003年) 「John Basile 」
  • As We Speak (2006年) 「Mark Egan trio with Danny Gottlieb」
  • Baseline: The Guitar Album (2007年) 「Hein Van De Geyn」
  • Topics (2007年) John Ruocco」
  • Robert Balzar Trio Tales (2008年)

外部リンク[編集]