ファニア・オールスターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ファニア・オールスターズFania All-Stars)は、ニュー・ヨークのラテン音楽専門レーベルであるファニア・レコード所属のスター・アーティストによるオールスター・サルサグループ。 「オールスターズ」の名から分かるように、パーマネント・バンドではなく、メンバーが固定されている訳ではないが、多くのヒット・レコードを制作し、また、米大陸以外でのコンサート活動も行い、1970年代のサルサ音楽の隆盛に大きな役割を果たした。

また、このグループ名は日本のロックグループ、サザンオールスターズの名前の由来となっている。

来歴[編集]

1968年にファニア・レコード主宰のジョニー・パチェーコによって結成。

メンバーには指揮のジョニー・パチェーコ以下、ファニア在籍のウィリー・コローンエディ・パルミエリセリア・クルースヘクター・ラボーイスマエル・ミランダレイ・バレットチャーリー・パルミエリティト・プエンテピート・エル・コンデ・ロドリゲスルベン・ブラデスチェオ・フェリシアーノラリー・ハーロウエクトル・ラボーホセ・チャオ・フェリシアノレイナルド・ホルヘアダルベルト・サンティアゴヨモ・トロルイス・カーン等がいた。

1971年にクラブ・チーターで行われたオールスターズのライブは伝説として語られる事が多く、世界中でサルサムーブメントが起こった。 日本ツアーも1972年に実現している。

ディスコグラフィ[編集]

ライヴ アルバム[編集]

  • Live at the Red Garter, Vol. 1 (Fania, 1968)
  • Live at the Red Garter, Vol. 2 (Fania, 1969)
  • Live at the Cheetah, Vol. 1 (Fania, 1972)
  • Live at the Cheetah, Vol. 2 (Fania, 1972)
  • Fania All Stars, San Juan 73 (Fania, 1973)
  • Latin-Soul-Rock (Fania, 1974)
  • Fania All-Stars (Island, 1975)
  • Live at Yankee Stadium, Vol. 1 (Fania, 1976)
  • Live at Yankee Stadium, Vol. 2 (Fania, 1976)
  • Live (Fania, 1978)
  • Habana Jam (Fania, 1979)
  • Fania All-Stars in Japan (Fania, 1976)
  • Live in Africa (Fania, 1986)
  • Live in Puerto Rico (Fania, 1995)
  • Viva Colombia (Fania, 1997)

スタジオ アルバム[編集]

  • A Tribute to Tito Rodriguez (Fania, 1976)
  • Delicate and Jumpy (Columbia, 1976)
  • Rhythm Machine (Columbia, 1977)
  • Spanish Fever (CBS, 1978)
  • Cross Over (CBS, 1979)
  • California Jam (Música Latina, 1980)
  • Commitment (FNA, 1980)
  • Latin Connection (Fania, 1981)
  • Social Change (Fania, 1981)
  • Lo que pide la gente (StyllaPhone, 1984)
  • Viva la charanga (Sterns, 1986)
  • Bamboleo (Caliente, 1988)
  • Guasasa (Fania, 1989)
  • Bravo 97 (Sony International, 1997)

映像作品[編集]

  • Our Latin Thing (Nuestra Cosa Latina)
  • Salsa (Fania, 1974)
  • In Africa (Fania, 1993)
  • Live (Fania, 1995)

外部リンク[編集]