ヒューゴ・サビノビッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒューゴ・サビノビッチ
プロフィール
リングネーム ヒューゴ・サビノビッチ
El Munecazo
La Pantera Asesina
La Ferreteria
Ambulante
El Hijo de Dona Melida
El Deforme
身長 178cm[1]
体重 107kg[1]
誕生日 1959年2月15日(55歳)
出身地 エクアドルの旗 エクアドルグアヤキル
トレーナー ジョニー・リベラ
デビュー 1978年
テンプレートを表示

ヒューゴ・サビノビッチHugo Savinovich1959年2月15日 - )は、エクアドル出身の元プロレスラー。現役選手時代はプエルトリコを主戦場に活動した。

近年は実況アナウンサーのカルロス・カブレラと共に、WWEのスペイン語放送のコメンテーターを務めていた。元妻は第2代WWE女子王者ウェンディ・リヒター[2]

来歴[編集]

ビクター・リベラの実弟ジョニー・リベラのトレーニングを受け、1978年プエルトリコにてプロレスラーとしてデビュー[3]パナマドミニカなどを転戦後、1980年代よりカルロス・コロンの主宰するWWCに定着、マイクパフォーマンスのスキルを活かしてヒールマネージャーも担当し、アブドーラ・ザ・ブッチャーをはじめ数々の悪役スターをマネージメントした[1][3]

自身もカルロス・コロンと抗争を展開し、1984年7月にはWWCとの提携ルートで全日本プロレスの『グランド・チャンピオン・カーニバルIII』に初来日している(同時参加選手はスタン・ハンセンリック・マーテルディック・スレーターアレックス・スミルノフなど)。WWCではブッカーなどのフロント業務も兼任し[1]、WWC離脱後の1980年代後半にはプエルトリコでAWFなるインディー団体を運営していた[3]

1993年より、WWEのスペイン語放送 "WWE En Español" (WWE in Spanish)のカラー・コメンテーターを担当。場外乱闘の際は、実況テーブル上のパイルドライバーペディグリーで放送席が壊されるなどの被害に頻繁に遭っていた。

2011年10月19日、WWEからの退団が発表された[4]。その後は2013年6月16日、AAAPPV大会 "Triplemanía XXI" にゲスト・コメンテーターとして登場。同日は、ブルー・デーモン・ジュニアと対戦したエル・メシアスのマネージャー役も務めた。

マネージャー担当選手[編集]

 etc. [3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『全日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P80(2002年、日本スポーツ出版社
  2. ^ Sensational Sherri Martel Dead at 49.. and more.. in Today’s Blog”. JR's BBQ: June 15, 2007. 2011年1月10日閲覧。
  3. ^ a b c d Wrestler Profiles: Hugo Savinovitch”. Online World of Wrestling. 2011年1月10日閲覧。
  4. ^ WWE releases longtime Spanish color commentator Hugo Savinovich”. Examiner.com. 2011年10月19日閲覧。

外部リンク[編集]