パヤータイ駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パヤータイ駅
BTSPYTSign.jpg
パヤータイ - Phaya Thai
所在地 タイ王国の旗 タイ王国バンコク都ラーチャテーウィー区
所属事業者 タイ国有鉄道(SRT)
エアポート・レール・リンク(ART)
バンコク・スカイトレイン(BTS)

パヤータイ駅(パヤータイえき)は、バンコク都ラーチャテーウィー区にあるタイ国有鉄道(SRT)、エアポート・レール・リンク(ART)及びバンコク・スカイトレイン(BTS)のである。

乗り入れ路線[編集]

タイ国鉄東本線、エアポート・レール・リンク、バンコク・スカイトレイン スクムウィット線の3路線が乗り入れ、接続駅となっている。スクムウィット線の駅には「N2」、当駅を起点とするエアポート・レール・リンクの駅には「8」の駅番号が付与されている。

タイ国有鉄道東本線[編集]

パヤータイ停車場
พญาไท
Phaya Thai
ウルポン (1.03km)
所在地 タイ王国の旗 タイ王国
バンコク都
ラーチャテーウィー区
駅番号 3103
所属事業者 タイ国有鉄道
等級 停車場
所属路線 東本線
キロ程 3.67km(バンコク駅起点)
電報略号 ญท.
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1908年1月24日
乗換 バンコク・スカイトレイン
エアポート・レール・リンク

概要[編集]

パヤータイ駅は、タイ国鉄による正式分類上では「駅」より格下の「停車場」である。このためパヤータイ停車場が正式名称となる。旅客線としては東本線が乗り入れており、ホームが設置されている。このほか、当駅の西方で北本線の駅に短絡する貨物線が乗り入れており、デルタ線となっている。

当駅を含めた周辺区間は複線で敷設されたが、エアポート・レール・リンクの建設に際しては、マッカサン駅の西方で本線から短絡線が分岐するように改められ、並行していた二線のうち一線分がフアマーク駅まで撤去され、撤去により空いた用地を利用してエアポート・レール・リンクの高架橋が建設されている。そのため、当駅の旅客線は単線で、上り列車と下り列車が同一ホームに発着している。

歴史[編集]

1908年1月24日、当駅付近を含むタイ国鉄東本線第1期区間バンコク(クルンテープ駅) - チャチューンサオ間が開通。1936年には、当駅の東方のマッカサン駅と、西方の北本線チットラッダー王室駅との間を短絡する貨物線が開通し[1]、当駅付近では東線の本線と短絡線が並行して敷設されていた。

  • 1908年1月24日 【開業】クルンテープ駅 - チャチューンサオ駅 (60.99km)

駅構造[編集]

単式ホーム1面2線の地上駅である。エアポート・レール・リンクの建設前は相対式ホーム2面2線であったが、建設に伴い縮小され、貨物線側のホームは撤去されている。上屋は無くホーム上に待合室がある[2]

エアポート・レール・リンク[編集]

パヤータイ駅
Bangkok Skytrain P1100287.JPG
พญาไท
Phaya Thai
所在地 タイ王国の旗 タイ王国
バンコク都
ラーチャテーウィー区
駅番号  8 
所属路線 エアポート・レール・リンク
キロ程 28.6km(スワンナプーム駅起点)
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
開業年月日 2010年8月23日
乗換 タイ国有鉄道東本線
バンコク・スカイトレイン

概要[編集]

2010年8月23日に正式開業。バンコク市内からスワンナプーム国際空港へ向かう始発駅である。開業当初は各駅停車の SA City Line のみが発着していたが、2011年6月1日より当駅発着のSA Expressが追加された[3]

SA ExpressとSA City Lineは改札入口直後で分岐し、SA Express利用者は改札直後に待合スペースが設けられている。尚、改札には係員が常時待機して誤入場をチェックしている。

バンコク・スカイトレインの駅との間には二階に連絡通路が整備されており、雨天時等の連絡に配慮されている。この連絡通路は開業時にはなく、開業後に建設された。

歴史[編集]

  • 2010年8月23日 【開業】スワンナプーム駅 - パヤータイ駅 (28.6km)
  • 2011年6月1日 【列車種別追加】当駅発着のSA Expressが運用開始。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する高架駅である。スカイトレインの高架橋のさらに上をエアポートリンクの高架橋が直交して乗り越すオーバークロス構造になっている。当駅からチャオプラヤ川以東まで延伸される計画があるため、終端部はホームの少し先に設置されている。

駅階層[編集]

4階
相対式ホーム
1番線 ラーチャプラーロップスワンナプーム方面
2番線 降車専用
相対式ホーム
3階 自動券売機自動改札口
2階 コンコース (国鉄・BTS高架鉄道との連絡通路)
1階 出入口 駐車場

バンコク・スカイトレイン[編集]

パヤータイ駅
BTS PhrayaThai.JPG
พญาไท
Phaya Thai
所在地 タイ王国の旗 タイ王国
バンコク都
ラーチャテーウィー区
駅番号  N2 
所属事業者 バンコク・スカイトレイン
所属路線 スクムウィット線
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1999年12月5日
乗換 タイ国有鉄道東本線
エアポート・レール・リンク

概要[編集]

パヤータイ通り(北へ行くとパホンヨーティン通りに繋がる)の直上にある、相対式ホーム2面2線の高架駅である。2014年より可動式ホーム柵(ホームドア)の使用を開始した。


駅階層[編集]

3階
相対式ホーム(可動式ホーム柵有り)
1番線・上りスクムウィット線 ラーチャテーウィーサイアムオンヌットベーリング方面
2番線・下りスクムウィット線 アヌサーワリーチャイサモーラプームアーリーサパーンクワーイモーチット方面
相対式ホーム(可動式ホーム柵有り)
2階 コンコース 自動券売機自動改札口
1階 出入口 パヤータイ通り

駅周辺[編集]

パヤータイ通り

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』 p.147
  2. ^ 『タイ国鉄4000キロの旅』 p.518 - 519
  3. ^ SARL Express Line to open new route Phaya Thai-Suvarnbhumi, plus a free single trip (May 6, 2011)(エアポート・レール・リンクウェブサイト、英語)

参考文献[編集]

  • 柿崎一郎 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』 (京都大学学術出版会、2010年)ISBN 978-4-87698-848-8
  • 渡邉乙弘 『タイ国鉄4000キロの旅』 (文芸社、2013年)ISBN 978-4-286-13041-5

関連項目[編集]