ニシアフリカコビトワニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニシアフリカコビトワニ
Stumpfkrokodil (Osteolaemus tetraspis).JPG
ニシアフリカコビトワニ
Osteolaemus tetraspis
保全状況評価
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.2.3 (1994))
Status iucn2.3 VU.svgワシントン条約附属書I
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: ワニ目 Crocodilia
亜目 : 正鰐亜目 Eusuchia
: クロコダイル科 Crocodylidae
: コビトワニ属 Osteolaemus
Cuvier, 1807
: ニシアフリカコビトワニ
O. tetraspis
学名
Osteolaemus tetraspis
Cope, 1861
和名
ニシアフリカコガタワニ
ニシアフリカコビトワニ
英名
West African dwarf crocodile

ニシアフリカコビトワニ(西阿弗利加小人鰐、Osteolaemus tetraspis)は、動物界脊索動物門爬虫綱ワニ目クロコダイル科コビトワニ属(ニシアフリカコビトワニ属)に分類されるワニ。本種のみでコビトワニ属を形成する。特定動物。別名ニシアフリカコガタワニ

分布[編集]

  • O. t. tetraspis ニシアフリカコビトワニ

アンゴラガーナガボンカメルーンガンビアギニアコートジボワールコンゴ共和国シエラレオネセネガル中央アフリカ共和国トーゴナイジェリアブルキナファソベナンリベリア

  • O. t. osborni コンゴコビトワニ

コンゴ民主共和国固有亜種

形態[編集]

最大全長200cm。口吻は短く基部の1-1.5倍で、隆起がない。また口吻の後端が切れ上がる。頸鱗板は4列。体色は黒褐色。

後方の歯は球状で、硬い獲物を噛み砕くのに適していると考えられている。水掻きは後肢で趾の半分ほどまである。

  • O. t. osborni コンゴコビトワニ

全長150cm。口吻は基部の1-1.5倍。吻端は反りあがらない。前顎骨と上顎骨の縫合線はアルファベットの「W」字状。

  • O. t. tetraspis ニシアフリカコビトワニ

全長200cm。口吻は基部の1-1.3倍。吻端は反りあがる。前顎骨と上顎骨の縫合線はアルファベットの「V」字状。

分類[編集]

クロコダイル科の中でも原始的な形態を残した種とされる。

  • Osteolaemus tetraspis osborni (Schmidt, 1919) コンゴコビトワニ
  • Osteolaemus tetraspis tetraspis Cope, 1861 ニシアフリカコビトワニ

生態[編集]

クロコダイル科では珍しく、性質は温和でおとなしい[1]熱帯雨林内の渓流などの淡水域に生息するが、基亜種は海岸で見られることもある。陸棲傾向が強く、陸上でも飛び跳ねるように俊敏に走行することができる。

食性は動物食で、魚類カエル甲殻類貝類などを食べる。

繁殖形態は卵生。基亜種は6-8月に塚状の巣を作り、1回に約20個の卵を産む。

人間との関係[編集]

生息地では食用とされることもある。

開発による生息地の破壊、食用の乱獲などにより生息数は減少している。

ペットとして飼育される場合もあり、かつては日本でも流通していたが、現在ではほとんど流通していない[2]

画像[編集]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『小学館の学習百科図鑑5 動物の図鑑』小学館
  2. ^ [1]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『原色ワイド図鑑3 動物』 学習研究社1984年、150、201、218頁。
  • 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『レッド・データ・アニマルズ6 アフリカ』、講談社2000年、118-119、222-223頁。
  • 千石正一監修 長坂拓也編 『爬虫類・両生類800種図鑑 第3版』 ピーシーズ、2002年、156頁。
  • 『小学館の図鑑NEO 両生類はちゅう類』 小学館2004年、142頁。

外部リンク[編集]