ドミニク作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドミニク作戦は、1962年にアメリカ合衆国が行った105回にも及ぶ核実験である。実施された作戦のうち、太平洋核実験場で行われたものをドミニク作戦Iネバダ核実験場で行われたものをドミニク作戦IIと呼ぶこともある。本作戦は、ソビエト連邦1958年から1961年にかけて行っていた核実験の一時停止を放棄したことに対して、アドバンテージを取るために迅速に実施された。核実験の多くは、B-52爆撃機からの空中投下により行われた。実験のうち20回では、新型兵器のテストが行われた(6回は兵器の威力のテスト、そして数回は現存兵器の信頼性確認テストが実施された)。また宇宙空間に近い高高度核爆発のテストでは、核弾頭を打ち上げるために”PGM-17型ソー”ミサイルが使用された(これらの実験は、まとめてフィッシュボール作戦と呼ばれた) [1]

ドミニク作戦は、キューバで起きたピッグス湾事件から間もない、米ソ冷戦の緊張が最も高い時期に実施された。1961年8月30日に当時のソ連共産党書記長ニキータ・フルシチョフは、ソ連が3年間続けていた核実験の一時停止を終了し、9月1日から実験を再開すると宣言した。この再開後の実験の中には、人類史上最大の核実験であるツァーリ・ボンバも含まれていた。当時の米国大統領ジョン・F・ケネディは、これにドミニク作戦の実施を承認することで応えた。なお実験の翌年である1963年には、モスクワで米国、ソ連、及びイギリスの間で部分的核実験禁止条約が調印され、以降の大気中での核実験が禁止された(本条約の調印以降は、地下核実験が主体となって行った)。

ドミニク作戦で行われた主な実験の詳細
実験名 実施日 (GMT) 実施場所 核出力 備考
アドビ (Adobe) 1962年4月25日15:45 キリスィマスィ島 190キロトン  
アズテック (Aztec) 1962年4月27日16:01 キリスィマスィ島 410キロトン  
アーカンザス (Arkansas) 1962年5月2日18:00 キリスィマスィ島 1.09メガトン  
クエスタ (Questa) 1962年5月4日18:01 キリスィマスィ島 670キロトン  
フリゲート・バード (Frigate Bird) 1962年5月6日23:30 太平洋核実験場 600キロトン ポラリスA-2型SLBMを使用した実験。ポラリスの発射は、原子力潜水艦イーサン・アレンから行われた。
ユーコン (Yukon) 1962年5月8日18:01 キリスィマスィ島 100キロトン  
メシラ (Mesilla) 1962年5月9日17:01 キリスィマスィ島 100キロトン  
アリカレー (Arikaree) 1962年5月10日 キリスィマスィ島 不明  
マスケゴン (Muskegon) 1962年5月11日15:37 キリスィマスィ島 50キロトン  
ソードフィッシュ (Swordfish) 1962年5月11日20:02 サンディエゴの沖合740km 20キロトン以下 対潜兵器アスロックを使用した実験。発射はギアリング級駆逐艦アゲルホルム (Agerholm) から3,660mの射程で行われた。
エンシーノ (Encino) 1962年5月12日17:02 キリスィマスィ島 500キロトン  
スワニー (Swanee) 1962年5月14日15:21 キリスィマスィ島 97キロトン  
チェトコ (Chetco) 1962年5月19日15:36 キリスィマスィ島 73キロトン  
タナナ (Tanana) 1962年5月25日16:08 キリスィマスィ島 2.6キロトン 不完全核爆発
ナムベ (Nambe) 1962年5月27日17:02 キリスィマスィ島 43キロトン  
ブルーギル (Bluegill) 1962年6月3日 ジョンストン島 失敗 フィッシュボール作戦での実験。ロケット発射5分後に制御用電子機器に異常が発生したため、発射10分後に手動で爆破された。
アルマ (Alma) 1962年6月8日17:02 キリスィマスィ島 782キロトン  
トラッキー (Truckee) 1962年6月9日15:37 キリスィマスィ島 210キロトン  
エソ (Yeso) 1962年6月10日16:01 キリスィマスィ島 3メガトン  
ハーレム (Harlem) 1962年6月12日15:37 キリスィマスィ島 1.2メガトン  
リンコナダ (Rinconada) 1962年6月15日16:00 キリスィマスィ島 800キロトン  
ドルセ (Dulce) 1962年6月17日16:00 キリスィマスィ島 52キロトン  
ペティット (Petit) 1962年6月19日15:01 キリスィマスィ島 失敗  
スターフィッシュ (Starfish) 1962年6月20日 ジョンストン島 失敗 フィッシュボール作戦での実験。ロケットモーターの故障により失敗した。
オトウィ (Otowi) 21 June 1962年6月21日16:00 ネバダ核実験場 不明  
ビッグホーン (Bighorn) 1962年6月27日15:19 キリスィマスィ島 7.65メガトン  
ブルーストーン (Bluestone) 1962年6月30日15:21 キリスィマスィ島 1.27メガトン  
サクラメント (Sacramento) 1962年6月30日 ネバダ核実験場 不明  
リトル・フェラーII (Little Feller II) 1962年7月7日 ネバダ核実験場 不明  
スターフィッシュ・プライム (Starfish Prime) 1962年7月9日09:00 ジョンストン島 1.4メガトン フィッシュボール作戦での実験。高度400kmの外気圏で実施され、人工のオーロラを発生させると共に、電磁パルスによる影響でハワイ諸島停電を引き起こした。
サンセット (Sunset) 1962年7月10日16:33 キリスィマスィ島 1メガトン  
パムリコ (Pamlico) 1962年7月11日15:37 キリスィマスィ島 3.88メガトン 高効率な熱核兵器の先進的テスト。キリスィマスィ島で行われた最後の実験になった。
ジョニー・ボーイ (Johnnie Boy) 1962年7月11日 ネバダ核実験場 0.5キロトン  
メリマック (Merrimac) 1962年7月13日 ネバダ核実験場 不明  
スモール・ボーイ (Small Boy) 1962年7月14日 ネバダ核実験場 不明  
リトル・フェラーI (Little Feller I) 1962年7月17日 ネバダ核実験場 不明  
ブルーギル・プライム (Bluegill Prime) 1962年7月25日 ジョンストン島 失敗 フィッシュボール作戦での実験。ロケットモーター故障のため、ロケット点火直後に係員の手により発射台上で爆破された。この影響で発射台は破壊され、プルトニウムで汚染された。発射台の修復とプルトニウムの除去には3ヶ月間を要した。
アンドロスコギン (Androscoggin) 1962年10月2日16:17 ジョンストン島 75キロトン  
バンピング (Bumping) 1962年10月6日16:02 ジョンストン島 11.3キロトン  
ブルーギル・ダブル・プライム (Bluegill Double Prime) 1962年10月15日 ジョンストン島 失敗 フィッシュボール作戦での実験。ロケット発射から86秒後にブースターロケットの異常により制御不能になったため、(陸地が放射性物質に汚染される影響を減らすために)発射から156秒後に手動で爆破された。
チャマ (Chama) 1962年10月18日16:01 ジョンストン島 1.59メガトン  
チェックメイト (Checkmate) 1962年10月20日08:30 ジョンストン島 7キロトン フィッシュボール作戦での実験。アメリカ陸軍の新型ブースターロケット XM-33 を使用して、高度147kmで行われた。弾頭にはW-50型核弾頭が使用されたが、火球は発生しなかった。
ブルーギル・トリプル・プライム (Bluegill Triple Prime) 1962年10月26日09:59 ジョンストン島 410キロトン フィッシュボール作戦での実験。PGM-17型ソー・ミサイルと、W-50型核弾頭を組み合わせて高度50kmで行われた。爆発で火球は発生したが、電離層の大規模な崩壊は起こらなかった。
カラミティ (Calamity) 1962年10月27日15:46 ジョンストン島 800キロトン  
ホーサトニック (Housatonic) 1962年10月30日16:01 ジョンストン島 8.3メガトン  
キングフィッシュ (Kingfish) 1962年11月1日12:10 ジョンストン島 410キロトン フィッシュボール作戦での実験。PGM-17型ソー・ミサイルと、W-50型核弾頭を組み合わせて高度97kmで行われた。爆発の影響で美しいオーロラが発生したが、同時に広い範囲の電離層が崩壊したため、太平洋中部の無線通信が3時間以上に渡って混乱した。
タイトロープ (Tightrope) 1962年11月4日00:00 ジョンストン島 1~40キロトン フィッシュボール作戦での実験。MIN-14 ナイキハーキュリーズミサイルとW-31核弾頭を組み合わせて使用し、高度21kmで行われた。この実験はミサイル防衛システムの検証のために実施された。

脚注[編集]

  1. ^ Dwayne A.Day. “Space ghost”. The Space Review. 2007年5月7日閲覧。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]