W31 (核弾頭)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
W31
タイプ 核弾頭
開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配備先 アメリカ陸軍
アメリカ海兵隊
開発・生産
開発期間 -1958年
生産期間 1958年-1961年
配備期間 1958年-1989年
生産数 4,500発
要目
核出力 1、2、12、20、40kt
弾頭 核分裂弾頭(インプロージョン方式)
直径 28-30インチ
長さ 39インチ
重量 900-945ポンド
テンプレートを表示

W31アメリカ合衆国が開発した核弾頭。アメリカ陸軍の各種ミサイルの弾頭として配備された。

1958年から1961年にかけて生産された。インプロージョン方式の強化型(ブースト)核分裂弾頭であり、核物質には高濃縮ウランを用い、トリチウムなども併用する事により核出力を増大させている。サイズは直径28-30インチ、長さ39インチ、重量900-945ポンドであった。mod0 Y1からmod3 Y3までサブタイプがあり、核出力はサブタイプにより1、2、12、20、40ktであった。信管には触発、空中爆発、時限が用意されていた。

搭載兵器[編集]